大切な写真が消失?プライムフォトの注意事項をまとめてみた

シェアしてもらえると嬉しいです!

プライムフォト

本日、Amazonよりプライム会員向けの新サービスである「プライムフォト」が発表されました。今回は特に利用時の注意事項にフォーカスしてまとめてみました。

特に、プライム会員を退会する時には注意が必要で、カスタマーセンターに問い合わせをしてみたのでその回答結果もご参考ください。

スポンサーリンク
広告

プライムフォトとは

プライム会員であれば写真をクラウド上に無制限で保存できるサービスです。元々、Cloud driveと呼ばれるストレージサービスを提供しており、今回の発表によりプライム会員であればそのサービスが容量無制限で使えるようになりました。

なお、プライム会員でなくともCloud drive自体は利用でき、その場合は5GBまで無料で利用できます。

アマゾンジャパンは2016年1月21日、写真ファイルを無制限で保存できる「プライム・フォト」サービスを日本で開始した。Amazonプライム会員なら無料で利用できる。米国では2014年10月に開始しており、アジアでは日本が初となる。 引用元

プライムフォトの利用方法

アプリもしくはウェブから利用可能です。Amazonのアカウントさえあれば、ログインするだけで利用できます。ある程度は直感的に操作・利用できるUIになっているので、本記事では利用手順については割愛します。

Androidアプリのダウンロードはこちら

iPhoneアプリのダウンロードはこちら

パソコンで利用する場合はこちら

プライムフォトの注意事項

特に重要そうな注意事項について述べていきます。

プライムの解約時はデータが消失する可能性有り

プライム会員を解約した時、データがどうなるかが気になったのでカスタマーセンターにメールで問い合わせてみました。

<保存容量が5GB以下の場合>
保存容量が5GB以下の場合は元々無料のため、何も問題ありません。

<保存容量が5GB以上の場合>
プライム会員の解約後3ヵ月間は写真の閲覧やダウンロードが可能なので、3ヵ月の間に容量を5GB以下にするか有料のプランに変更する必要があります。3ヵ月後でも5GBを超過している場合は、ファイルが削除される場合があるので注意が必要です。削除する旨は利用規約にもしっかり記載されています。

つまり、プライム会員の解約後も3ヵ月間はアップロード以外は利用可能なため、のほほんと何もせずにしていると、3ヵ月経ったある日に大切な写真を問答無用に削除されてしまう危険性があるということです。

膨大な量の写真をアップロードした後にプライム会員を解約した場合、そのデータの移行作業が発生するので、その手間を考えるとゾッとします…ああ、面倒。

なお、有料プランについては以下画像をご参考ください。また、カスタマーセンターからの回答も参考までに載せておきます。

プライムフォト

↓Amazonカスタマーセンターの回答

プライム・フォトは、プライム会員の特典のひとつです。
このため、プライムをキャンセルされた場合には、Cloud Driveに保存したファイルはストレージ容量として扱われるようになります。

5GBは無料のストレージとしてご利用いただけますが、容量を超えている場合には、プライムをキャンセルされてから3か月の間は、写真の閲覧やダウンロードができます。その間にCloud Driveのストレージプランを変更いただくか、容量を超えないようファイルを削除する必要があります。

3か月を過ぎても、ストレージ容量を超過している場合、ファイルが削除されることがございますのでご注意ください。Cloud Driveのストレージプランについて詳しくは、以下のURLより、ストレージの管理ページをご覧ください。

https://www.amazon.co.jp/clouddrive/manage

その他ご不明な点がございましたら、カスタマーサービスにてできる限りのサポートをさせていただきますので、お困りの場合にはご一報いただければと存じます。

動画は無制限の対象外

写真は無制限の対象ですが、動画は無制限の対象外です。それゆえ、動画を保存した場合は無料の5GBプランの容量にカウントされてしまいますのでご注意ください。

将来的に容量無制限の廃止 or 容量縮小の可能性もゼロではない

同様のストレージサービスであるMicrosoftの「OneDrive」が昨年に無制限プランを廃止しました。一部のヘビーユーザーが75TBも利用したため、サービス内容を改悪せざるを得なかったようです。

その時のMicrosoftの対応は以下の通りです。1TBもデータの移行作業を行うとなると非常に面倒ですね…

使用容量が 1TB を超過しているユーザーは、11月2日から12か月間、アップロードしたデータにアクセスする猶予が与えられるものの、その間に使用容量を 1TB 以下に削減しない場合、それ以降はアカウントが読み込み/ダウンロード専用に設定されます。それでも最低6か月間はアクセスが可能ですが、6か月経過後はアカウントがロックされ、ユーザーからのコンタクトがなければ2017年11月にはデータが削除されることになります。引用元

一般的に、「無制限」のサービスは改悪される可能性を孕んでいます。ストレージサービスに限らず、モバイル通信のデータ容量無制限プランもアメリカや日本でもサービスが改悪されてきた事例があります。それだけ「無制限」とは企業からすると予測不能であり、企業にとって大きな損失を与える危険性があるため、最悪の場合には容赦なくサービスを改悪してくるものだと認識しておきましょう。

今回のプライムフォトについても、サービス内容を改悪できるように利用規約にしっかり明記されているのでご注意ください。上記を念頭に置いて、容量・用法を守って利用するのが望ましいです。

まとめ

プライム会員からすると、今回の特典追加は喜ばしいことです。一方で、プライム会員としてどんどん囲い込まれているのも事実であり、解約し難くなっている一面もあります。悪く言えば、今回のプライムフォトは写真という大切なデータを使って、プライム会員を縛りにきているとも言えます。携帯の契約にせよ何にせよ、過度に縛られるのは煩わしいですよね。

とは言え、こういった利用価値のある特典が増えていくことはプライム会員としては喜ばしいことなので、今回のプライムフォトもぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

Amazon関連の記事を他にも書いておりますので、よかったらご参考ください!

参考 たった1分!iPhoneでAmazonをもっと便利にする裏技

参考 【レビュー】Amazonプライム会員は本当にお得なのか?

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA