安い?auの20GBプランのスーパーデジラを徹底解説!メリット・デメリットも!

シェアしてもらえると嬉しいです!

スーパーデジラ au

2016年9月15日から提供開始が始まった「スーパーデジラ(データ定額20/データ定額30)」ですが、どのようなサービスなのでしょうか?

「auフラットプランも20GB/30GBあるけど、それとの違いは?」「スーパーデジラはどんなサービス?」と疑問に思う人も多いはず。

ぶっちゃけ、同じデータ容量のフラットプランが開始したので、パッと見はどっちがいいのか全然分かりません(笑)

ということで本記事ではスーパーデジラについて、月額料金、いつから20GBが適用か、LTEプランの比較、フラットプランとの比較、申込み方法、注意点、スマートバリューやデータシェアとの関係、月1,000円以下で100GB使う方法、など徹底的に解説します!

スーパーデジラが気になる人は、損しないためにも最後までご参考ください。

auで新規・機種変更する場合は、auオンラインショップでの契約が超オススメです!オンラインショップを使わないと確実に損するので要注意!

auで新規契約・機種変更する場合、auオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメです!

特に、auショップでは頭金という名の手数料が取られることがあるので、オンラインショップを使わないと本当に損するので気をつけてください!

  • 頭金5,400円〜10,800円が不要
  • 手続きにかかる2~3時間がゼロ
  • プランやオプションの強制加入がない

参考  auオンラインショップ

スポンサーリンク
広告

スーパーデジラとは

ソフトバンクが2016年9月13日から提供を開始する「データ定額 20GB」「データ定額 30GB」をauが後追いで追随した新データ定額サービスです。

サービス名称は、「データ定額20」「データ定額30」となり、データ容量が20GB/30GBと大容量になっているのが特徴!

参考  スーパーデジラの報道発表

紛らわしいですが、2017年7月14日から同じ20ギガのプランとして「auフラットプラン」が提供開始になりました!

人によっては、「auフラットプラン」に加入した方が料金が安くなるので、以下の記事も後からご参考ください。

2017年にauが新料金プランとなる「auフラットプラン」の提供を開始しました。 しかし、「ピタットプラン」にせよ「フラットプラン」に...

スーパーデジラはどんな人にオススメ?

以下のような人にスーパーデジラ(データ定額20/データ定額30)はオススメ!

逆に、データが2ギガ・3ギガ・5ギガで十分な人はデータ定額20に加入すると、毎月の支払いが高くなるのでご注意ください。

スーパーデジラがオススメな人

  • 5ギガ加入で速度制限になりやすい人
  • 5ギガ加入でデータを気にしながら使っている人
  • 外でも動画をたくさん観たい人

スーパーデジラに変更する場合は、自分の毎月のデータ利用量を確認してから、必要であればデータ定額20に加入する事をオススメ!

データ量の確認は「My au」や「デジラアプリ」にて確認ができます。

すまっち
20ギガも不要なのに20ギガに加入するともったいないので、加入する前に毎月のデータ使用量を確認しよう!

スーパーデジラよりもWiMAXがオススメ!

WiMAX メリット

そもそも、20ギガのような大容量のデータが必要な人には、WiMAX(ポケットWi-Fi)が超オススメ!

僕も契約して毎日使っているのですが、賢く契約すれば、実質月額1,000円以下の料金でデータ無制限のポケットWi-Fiを持つことができて本当に最高!

ぶっちゃけ、動画をたくさん観る人は20ギガでも全然足りないので、WiMAXを契約した方がはるかにお得なのが本音です。

WiMAXのメリットをまとめるとこんな感じ!

WiMAXの6つのメリット

  • 家でも外でもWi-Fiが使える
  • データ無制限なので月100GB以上使える
  • 工事不要なのですぐに使える
  • 光回線が不要になるので年間4万円を節約
  • スマホは2ギガで十分なので年間3万円を節約
  • テザリング料金の月500円も不要

まず、WiMAXを契約すれば自宅でもギガ放題(データ無制限)なので、光回線が不要になります。

auひかりなどの光回線は月額4,000円程度なので、WiMAXを使えば年間4万円を節約

さらに、WiMAXを持てばスーパーデジラに加入する必要がなくなり、加入するデータ定額は2ギガ、3ギガで十分なので、最大年間5.4万円も節約可能!

さらにさらに、20GBプランはテザリングが500円かかりますが、それも不要になり年間6,000円の節約も可能!

《プラン見直しによる節約例》

プラン変更例毎月の節約額
20ギガ → 2ギガ-2,500円
(年間-30,000円)
20ギガ → 3ギガ-1,800円
(年間-21,600円)
30ギガ → 2ギガ-4,500円
(年間-54,000円)
30ギガ → 3ギガ-3,800円
(年間-45,600円)

すまっち
加入するデータ定額を見直すと節約ができるので、これを考慮するとWiMAXの実質月額料は1,000円以下になるということ!WiMAXの料金自体は3,000円程度だよ!

WiMAXの仕組み・注意点、月額1,000円以下でWiMAXを使う方法については、以下の記事で解説したのでこちらもぜひご参考ください!

ども、速度制限が大嫌いのすまっちです! 僕は毎月データが足りない状態で困っていたので、「Broad WiMAX」というデータ無制限のW...

WiMAXを契約するなら、WiMAXの中でほぼ一番安い「カシモWiMAX」が超オススメ!

参考  カシモWIMAX

すまっち
WiMAXを契約してから通信速度制限とは無縁になり、毎月の通信費も大幅に節約できたので本当に最高!

スーパーデジラ(データ定額20/30)の内容について

前置きが長くなりましたが、ここからはスーパーデジラの詳細について解説します。

スーパーデジラの月額料金

データ定額20、データ定額30の定額料は以下の通り。参考までに他のデータ定額の定額料も記載しておきます。

サービス名称定額料
データ定額308,000円
データ定額206,000円
データ定額55,000円
データ定額34,200円
データ定額23,500円
データ定額12,900円

※スーパーデジラに加入・変更しても違約金は発生しません
※スーパーデジラに加入・変更しても毎月割はなくなりません

データ定額20/30加入時に加入が必要な料金プランとLTE NETを含めた月額料は以下の通りになります。

「カケホ」はどれだけ通話しても全て定額であり、「スーパーカケホ」は5分までの通話が無料のプランとなります。あまり通話しない人は、スーパーカケホを選択すると月額料金が1,000円安くなります。

【データ定額20加入時の月額料】

 カケホ

スーパー
カケホ

基本料2,700円 1,700円
LTE NET 300円 
データ定額料 6,000円 
合計9,000円8,000円

【データ定額30加入時の月額料】

 カケホ

スーパー
カケホ

基本料2,700円 1,700円
LTE NET 300円 
データ定額料 8,000円 
合計11,000円10,000円

参考までに、LTEプランからプラン変更する人もいると思うので、LTEプランの月額料金も記載しておきます。

LTEプランは通話定額ではないので、通話した分だけ通話料がかかります(30秒毎に20円)。また、データ定額としてLTEフラットに加入することになるので容量は7GB。

LTEプランからスーパーデジラに変更した場合、カケホの場合は月2,000円、スーパーカケホの場合は月1,000円ほど高くなるのでご注意ください。通話もしない、データも毎月7GB程度しか使わない人はLTEプランの方が毎月安く使えます。

【LTEプラン加入時の月額料】

基本料934円
LTE NET 300円 
データ定額料 5,700円 
合計6,934円

すまっち
データも通話もあまり使わない人向けの「auピタットプラン」という料金プランも出てきたので、今となってはLTEプランに加入するメリットはほとんどありません。

LTEプランからスーパーデジラに変更した場合の料金比較

au プラン 料金

データ定額20とLTEプランの月額料金を図で表すと上のような感じ!

LTEプランから「カケホ」に変更した場合は月額2,066円の値上がり、5分までの通話料が無料になる「スーパーカケホ」の場合は、月額1,066円の値上がりになります。

LTEプランの場合は通話料は使った分だけ料金がかかるので(30秒ごとに20円)、LTEプランの月額料は通話料も+して考えてください。

すまっち
普段あまり通話をしない人であれば、スーパーカケホを選択するとカケホ選択時よりも毎月1,000円も節約できちゃいます!

スーパーデジラ(データ定額20)はいつから適用されるか?

新規契約の場合は当日からデータ定額20/データ定額30が適用されます。

ただし、機種変更と同時に加入する場合やプラン変更の場合は、データ定額20/データ定額30は翌月から適用になるのでご注意下さい。

例えば、2月にプラン変更の申し込みをした場合は、3月からデータ定額20/データ定額30が適用となります。

月途中から適用されるという虫のいい話はありません(笑)

すまっち
スーパーデジラに限らず、料金プランやデータ定額の変更は基本的に翌月から変更が適用されるよ!

スーパーデジラの3日1GB制限について

3日で6GB以上利用した場合、通信速度が制限される場合があります。

ただし、auの場合は実際に6GBを超えて利用しても、制限されることはあまりありません!

すまっち
この次から、申込み方法、注意点、スマートバリュー・au STARとの関係、フラットプランとの比較、などについて説明します!お金を損しない方法も紹介しています!

スーパーデジラ(データ定額20)の申し込み方法

機種変更での申し込み【オススメ!】

スーパーデジラは機種変更と同時に申し込むことも可能です。

機種変更する場合は、auショップ・家電量販店ではなく、au公式のauオンラインショップを利用すると損することがないのでオススメ!

auオンラインショップの5つのメリット

  • 頭金が不要(最大1万円)
  • 手続きにかかる3時間が不要
  • プランの強制加入がない
  • オプションの強制加入がない
  • 送料は無料、申込みは24時間可能

ここでは詳細な解説は割愛しますが、金銭的にも時間的にもメリットしかないのが特徴!

ネットショッピング感覚でスマホの機種変更が可能なので、機種変更はau公式のオンラインショップでする癖をつけると損せず機種変更できます!

公式  auオンラインショップ

さらに、機種変更を4万円お得にする方法を以下の記事でまとめました!こちらは必ず読んでください!知らないと損します・・・

皆さんはauで機種変更する際、どこで機種変更しますか?ほとんどの人が「auショップ」「家電量販店」と答えます。 でも実は、「auショッ...

ちなみに、以下はauショップで頭金1万円が取られた人の愚痴になります。払わなくていいお金なので、本当にもったいない・・・同情不可避。

すまっち
ネットショッピング感覚で機種変更のできるオンラインショップは最高!頭金という名の手数料をショップに支払うのは馬鹿らしいので、気をつけよう!

プラン変更での申し込み

スーパーデジラ(データ定額20/データ定額30)のプラン変更での申し込み方法は以下2通りあります。

  My auで変更

  ショップで変更

申し込み方法

01. 以下にアクセス

参考  My au

02. 画面下の「よくある手続き」の「料金プランの変更」を押す

03. 加入したいプラン・データを選択して手続きを進める

「フラットプラン」「ピラットプラン」加入中の場合、プラン変更で「スーパーデジラ」に加入できません。逆も然り。この場合、機種変更時にプランの変更が可能になります。

スーパーデジラ(データ定額20)の注意点について

スーパーデジラの注意点をまとめるとこんな感じ!

スーパーデジラの4つの注意点

  • テザリング料金が500円
  • データギフトは利用不可
  • 5ギガも使わないなら料金が割高
  • ルーターやLTEプランでは加入不可

スーパーデジラのテザリング料金

データ定額20/30加入時はテザリングが500円/月になります

しかも、ソフトバンクのテザリングは日割りされるので、加入したい時に加入すれば1日あたり33円で利用できますが、auの場合は日割りがされません。

したがって、1日使っただけでも満額の500円の利用料が発生するのでご注意ください。

参考までに、各プラン加入時のテザリング料金を記載しておきます。ちなみに、ドコモではテザリング料金は完全無料。

対象サービス月額料
LTEプラン500円
カケホ・スーパーカケホ
(スーパーデジラ)
500円
カケホ・スーパーカケホ
(スーパーデジラ除く)
0円
auピタットプラン
auフラットプラン
500円

テザリングで500円取られるのなら、なおさらポケットWi-Fiを契約した方がお得!

ども、速度制限が大嫌いのすまっちです! 僕は毎月データが足りない状態で困っていたので、「Broad WiMAX」というデータ無制限のW...

スーパーデジラとデータギフト

au データギフト

auはカケホ・スーパーカケホに加入している場合は「データギフト」というサービスがあります。

家族間でデータをプレゼントし合えるサービスなのですが、データ定額20/30加入時はデータギフトは利用できません。

家族の誰か一人がデータ定額20に加入して、残りの家族がデータ定額2に加入すれば、家族の携帯料金が安く抑えられるのですが、そんな虫のいい話はありませんでした・・・

その他の注意点

LTEプランではスーパーデジラ(データ定額20)には加入できないのでご注意下さい。

まずはカケホまたはスーパーカケホにプラン変更してからご加入下さい。

また、毎月のデータ利用量が5GB未満の人は、スーパーデジラ(データ定額20)に加入すると支払いだけが高くなり、デメリットだけになる可能性もあるのでご注意ください。

auショップで加入を勧められた場合でも、まずは毎月の自分のデータ利用量を確認した上で加入しましょう!

データ定額 20・30と他のサービスについて

スーパーデジラとスマートバリュー

スーパーデジラ加入時のスマートバリューの割引額は以下の通りです。データ定額20、データ定額30加入時で割引額が異なっています。

なお、スマートバリュー加入から3年目以降は割引額が934円に減額するのでご注意ください。

データ定額割引額
[2年間]
割引額
[3年目以降]
データ定額201,410円934円
データ定額302,000円

参考  スマートバリューの詳細

スーパーデジラとau STAR

データ定額20/データ定額30加入時、au STARロイヤルでもらえるWALLETポイントは以下の通りです。

容量20・30はそれぞれデータ定額20/データ定額30を意味します。

《スマートバリュー非適用時》

容量4年~7年~10年~13年~16年~
20GB120240360480600
30GB160320480640800

《スマートバリュー適用時(月1,410円割引)》

容量4年~7年~10年~13年~16年~
20GB80160240320400
30GB120240360480600

「そもそもau STARってなに?」という方は以下の関連記事をご参考ください。

au STARに登録していないともったいないので、ぜひとも利用しましょう!ポイントが毎月もらえたりします!

参考  割引?au長期利用者向けのau STARを徹底解説!

スーパーデジラとデータシェア

au スーパーデジラ データシェア

データシェアとはスマホとタブレットをセットで持つことで、データ容量をシェアする代わりにタブレットの月額利用料がお得になるサービスです。

スマホでスーパーデジラ(データ定額20/データ定額30)加入時、データシェアに加入することは可能!

20GBや30GBもあればデータ容量を使い切るのは大変ですが、スマホとタブレットの2台でシェアすれば無駄無くデータを使い切ることができるのでオススメ!

子ども・おじいちゃん・おばあちゃんに使わせるにはもってこいです。もちろん、一人でスマホとタブレットを二台使うのもアリ。

参考までに、データ定額20加入時のスマホとタブレットの月額料金を記載しておきます。

過去に、ドコモ・au・ソフトバンクのタブレットの料金を比較した記事も書いたので、こちらもご参考ください!

参考  いくら?ドコモ・au・SBのタブレットの維持費を徹底比較!

《データ定額20かつスーパーカケホ加入時》

 タブレットプランds(3年契約)

タブレットプランds(2年契約)

基本料
(スマホ)
1,700円 
LTE NET
(スマホ)
 300円 
データ
(スマホ)
 6,000円 
基本料
(タブ)
1,7002,500
LTE NET
(タブ)
300
2台合計10,000円10,800円

※タブレットプランは0GBのため2台で20GBを共有
※「タブレットプランds(3年契約)」は契約期間は3年間
※「タブレットプランds(2年契約)」は契約期間は2年間

すまっち
僕も毎日iPadを使っているけど、一人でタブレットを持つなら、やっぱりポケットWi-Fiがオススメ!データシェアなんていりません(笑)

最後に

ソフトバンクに続き、auも割安の大容量プランを導入してきました。

テザリング料金が高い点は許容し難いですが、それでもデータ量を気にせず使えるので素晴らしいプランだと思います!

ただ、僕もそうでしたが、動画を観る場合は20ギガでも全然足りないので、やはりポケットWi-FiのWiMAXがオススメ!

データ無制限で、しかも毎月の通信料金も安くできてメリットだらけ!

参考  カシモWIMAX

以下のポケットWi-Fi関連の記事もめちゃくちゃ読まれています!こちらもぜひ!

WiMAXってどこのプロバイダがいいのか本当に分かりづらいですよね。僕も契約する際は、禿げ上がるほど悩みました。 プロバイダ選択を間違...

すまっち
僕はデータをたくさん使うのでWiMAXを契約しましたが、月に実質900円の追加でデータ無制限の環境を手に入れてガチで最高です!
スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!