速度が遅い!スマホの通信制限の解除方法(au編)

シェアしてもらえると嬉しいです!

デジラアプリ

4G(LTE)のスマホでは月に使えるデータ容量がプラン毎に定められており、そのデータ容量を超過すると、通信速度が月末まで超低速(128kbps)になることは、ご存知の方も多いと思います。今回は、auで通信制限になった場合の解除方法をご紹介します。

無料で動画を視聴するなら、Abema TVが超オススメです!アニメ、海外ドラマ、映画、バラエティ、音楽などが無料で24時間観放題!絶対にダウンロードすることをオススメします!

参考 iPhoneでアプリをダウンロード

参考 Androidでアプリをダウンロード

スポンサーリンク
広告

通信制限の解除方法

通信速度制限を自分で解除する方法は全部で以下4つがあります。それぞれ順番に説明します。

  1. データチャージ
  2. データギフト
  3. データプレゼント
  4. データチャージカード

データチャージ

「データチャージ」とは、データ容量を使い切った際に、データを買い足すことを指します。なくなったデータを買い足すことで、通信速度制限が解除されます。

購入できるデータ容量は1,000円/1GB、550円/0.5GBの二つの容量から選択でき、支払い方法は「通信料金と合算して支払う」「クレジットカードで支払う」「ポイントで支払う」の三つの支払い方法が用意されています後者二つの支払い方法についてはドコモやソフトバンクでは対応していないので、au独自の決済方法と言えます。

まず、データチャージをするためには、始めに一度だけデータチャージを開始する申し込みが必要になります。データチャージを開始する申し込みがまだの方は、こちらから申し込みをしてください。

次に、データチャージを行う方法ですが、以下の二通り存在しており、それぞれのチャージ手順についてはこちらをご参考ください。

  1. デジラアプリからチャージを行う
  2. データチャージサイトからチャージを行う

オススメはデジラアプリを使ってチャージする方法なのですが、このアプリを使えば簡単にデータをチャージすることができます。まだアプリを利用していない方は、ぜひともこの機会にダウンロードしてみてください。

データチャージは通信速度制限になった場合の解除方法として、最もポピュラーな方法になるので、お金を払えば通信制限が解除できると覚えておいてください。

データチャージが出来ない場合は、本記事最後の方に原因を記載しておりますのでそちらもご参考下さい。

データギフト

データギフトはau独自のサービスとなります。家族でデータが余っている人がいた場合、余っている人から足りない人へデータをギフトできるサービスになります。

データギフトはデータチャージとは異なり、家族間でのデータの受け渡しになるので、追加で料金が発生することはありません

ただし、データギフトを使うためには諸条件があります。ざっくり言うと、「カケホプラン」または「スーパカケホプラン」等に加入している家族間のみデータギフトが利用できます。データ容量が7GBの「LTEプラン」に加入している場合は、ご利用いただけないのでご注意ください。詳細な条件についてはこちらをご参考ください。

データギフトの使い方ですが、データチャージ同様に以下二通りの方法があります。データギフトを利用する手順についてはこちらをご参考ください。

  1. デジラアプリからデータギフトを利用する
  2. データチャージサイトからデータギフトを利用する

デジラアプリを使った場合、家族に「データのおねだり」をすることができ、ちょっと面白いつくりになっています(笑)家族でauを利用している場合は、ぜひとも家族間でデータを共有し合ってみてください。

データプレゼント

データプレゼントとは、2015年12月より始まったau独自の新しいサービスです。第三者やauからプレゼントされたデータを使うことで、通信制限を解除する方法になります。また逆に、データを購入して第三者にプレゼントをすることもできます。プレゼントする方はあまり需要がなさそうですが…

ちなみに、相手の電話番号と名前があれば、auであれば誰にでもデータをプレゼントできる仕様になっています。電話番号と本名が必要なので、通信制限で困っているAKBの指原さん(さしこ)にはプレゼントできない仕組みになっています(笑)もう少し条件を緩和した「データドネーション(データ寄付)」のようなサービスがあってもよいかもしれませんね。

なお、データプレゼントは「届いたデータ」を使う分には追加で料金は発生しません。一方、「贈るデータ」については1,000円/1GBまたは550円/0.5GBのデータチャージ料金が発生します

データプレゼントの使い方については、データチャージ同様に以下二通りが存在します。データプレゼントを利用する手順はこちらをご参考ください。

  1. デジラアプリからデータプレゼントを利用する
  2. データチャージサイトからデータプレゼントを利用する

実際、私もauからデータプレゼントでデータを計0.6GB分もプレゼントされました。デジラアプリの利用とデジラアプリのダウンロードの特典として、それぞれ0.3GBずつプレゼントされた形になります。このように、auからデータがプレゼントされる可能性もあるので、デジラアプリを使ってプレゼント状況を定期的に確認してみてください。

2016年の学割の5GBプレゼントもこのデータプレゼントを利用して毎月プレゼントされるものだと想定されます。そのため、忘れずに毎月受け取るようにしてください。受け取りを忘れると5GBが貰えませんのでご注意下さい。

データプレゼント

データチャージカード

データチャージカード

データチャージカードとは、2016年3月から提供開始のカードを用いたタイプのデータチャージ方法です。考え方はitunesカードなどと同じで、データ量1.5GB(1,500円)/3GB(3,000円)/5GB(5,000円)から好きな容量のカードを購入し、カード裏面のQRコードを「デジラアプリ」で読み取るか、専用サイトでPINコードを入力することでデータがチャージできます。

購入したカードの有効期限は180日間、購入したデータの有効期限は通常同様に62日間となっています。購入後に180日以内に何もしなければ、データが消失されるのでご注意ください。

データチャージカードはauショップ、セブンイレブン、ローソン、ファミリマート、ミニストップで購入する事ができます。

データチャージ自体は携帯料金とまとめて支払ったりできるのでわざわざカードを購入する人は少ないと想定されますが、携帯料金を支払う人に気を遣う場合にはこのデータチャージカードは有用です。

例えば、学生などは親が携帯料金を支払っているのでデータチャージすると携帯料金が高くなり叱られる可能性がありますが、そんな時は自分のお小遣いでデータチャージカードを購入すれば親バレすることなくデータチャージができます。

データチャージができない、速度制限が解除できない場合の原因

データチャージができない場合や速度制限が解除できない場合は以下を疑って下さい。

  • 携帯料金を滞納(未払い)している
  • 「データチャージ」に未加入

滞納または未払い状態の請求がある場合、「auかんたん決済」が利用できません。データチャージする場合は「auかんたん決済」を利用するため、滞納(未払い)状態だと結果としてデータチャージできないことになります。この場合、滞納(未払い)状態を解消することでデータチャージができるようになります。滞納(未払い)している請求があるかどうかの確認方法は以下をご参考ください。

参考 未払い料金がないかどうかの確認方法

また、データチャージを実施するためには「データチャージ」への加入が必要です。加入していない場合は、前述の方法でまずは「データチャージ」へ加入して下さい。

「安心アクセスサービス(フィルタリングサービス)」または「web利用制限」に加入している場合は、「データチャージにお申し込みいただける加入者がいないため、申し込むことができません」のようなエラーが表示され、「データチャージ」に申し込みが出来ない可能性があります。この場合は「安心アクセスサービス(フィルタリングサービス)」または「web利用制限」を解除してから申し込みしてください。

最後に

auで通信速度制限に掛かった場合は「データチャージ」「データギフト」「データプレゼント」「データチャージカード」で対処できることを紹介してきました。

毎月1日まで我慢すれば通信制限は自動的に解除されるのですが、もし我慢できなかったり直ぐに制限を解除して高速にデータを使いたい場合は、上記の方法で通信制限を解除してみてください。

やはり、スマホは快適に通信できてこそ意義のあるものなので、データ量を上手く管理して、そもそも通信速度制限に掛からないようにすることが重要だと言えます。

以上、auで通信速度制限を解除する方法でした。

無料マンガアプリなら「マンガBANG」が超オススメです!有名マンガ含めて、面白いマンガが全巻無料!無料なので是非ダウンロードして使ってみて下さい!

参考 iPhoneでアプリをダウンロード

参考 Androidでアプリをダウンロード

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA