速度が遅い!スマホの通信制限の解除方法(ソフトバンク編)

シェアしてもらえると嬉しいです!

lkgail4G(LTE)のスマホでは月に使えるデータ容量がプラン毎に定められており、そのデータ容量を超過すると、通信速度が月末まで超低速(128kbps)になることは、ご存知の方も多いと思います。今回は、ソフトバンクで通信制限になった場合の解除方法をご紹介します。

無料で動画を視聴するなら、Abema TVが超オススメです!アニメ、海外ドラマ、映画、バラエティ、音楽などが無料で24時間観放題!絶対にダウンロードすることをオススメします!

参考 iPhoneでアプリをダウンロード

参考 Androidでアプリをダウンロード

スポンサーリンク
広告

通信制限の解除方法について

ソフトバンクで通信速度制限に掛かった場合、データを追加で購入すれば通信速度制限を解除できます。追加データの価格はどのプランでも共通の1,000円/1GBと550円/0.5GBの二つから選択できます。ホワイトプランでは元々2,500円/2GBだったのですが、キャンペーンで現在は上記二つの価格から選択できるようになっています。また、これらの追加で購入したデータは「翌請求月末(要は翌月です)」まで使えます。つまり、当月中に使い切れなかった場合は翌月に繰り越しされます。

この追加のデータですが、購入方法が二通りあるため、それぞれ説明します。

  • 制限モードでの購入
  • 快適モードでの購入

制限モードと快適モードの違いは以下の記事をご参考ください。

うっかりすると危険!スピードモード、快適モードとは?

制限モードで購入する場合

ソフトバンクの4Gスマホでは「制限モード」または「快適モード」のどちらかに加入する必要があります。

制限モードは快適モードとは異なり、追加のデータを自動購入されることがないので、制限が掛かる度に自分で追加のデータの手動購入が必要になります。購入方法は後述します。

通信速度制限が掛かる前に追加のデータを購入した場合は、予約購入扱いになります。予約購入の場合、予約状態のため当月中に通信速度制限に掛からなかった場合は予約が失効され、予約がキャンセルとなります(=料金は発生しない)。例えば、月初に間違って追加データを購入しても、即時では課金が発生しない仕組みになっています。

快適モードで購入する場合

快適モードではデータ容量を使い切った際に、追加データを自動購入して通信速度を高速のままを維持します。購入した追加データを使い切った際も、同様に追加データを自動購入して通信速度の維持を図ります。つまり、データを使いすぎると自動購入の繰り返しでパケ死する危険性があります。

ただ、実際には快適モードでは自動購入の上限回数が設定できるため、上限回数が「無制限」に設定されていない限りはパケ死することはありません。例えば、上限回数が「1回」の場合は1回分だけ自動購入されるので、1,000円のみ課金が発生します。モードの設定および上限回数の設定値についてはMySoftbankにある「ご利用状況の確認」から確認できるので、気になる方は確認してみてください。

なお、上限回数に達した場合、追加したデータを使い切り次第、通信が低速化されます。快適モードで低速化された場合、追加のデータを手動購入することで通信制限を解除できます。

追加データの購入方法・速度制限の解除方法

追加データの購入方法は以下の方法があります。

  1. MySoftbankにログインして購入
  2. お知らせメールから購入
  3. MySoftbank +アプリから購入(Androidのみ)
  4. 電話(*5550)で購入

1,2,4の手順については、こちらをご参考ください。電話については、ソフトバンク携帯から「*5550」と発信することで、自動音声で通信速度制限が解除できます。

特に注意が必要なのは、既に低速化している場合はWi-FiでないとMySoftbankにログインできないため、2,3,4のいずれかで購入する必要があります。MySoftbankはトップ画面に大量の広告を表示しているため、そのせいでページが重く低速時はトップ画面が表示されない糞な仕様になっているためです(=低速時はログイン不可)。

そのため、低速時含めて追加データを購入する場合は、2のお知らせメール経由で購入することをオススメします。2のメールに記載されているMySoftbankのURLにアクセスできない場合は、4の電話での購入を試みてください。

mail

余談ですが、以前は上記画像のURLをクリックすると即時課金される仕組みになっており、一部ネット上ではワンクリック詐欺だと批判されていました。しかし、現在では改善されてワンクリックでは購入できないようになっています。

追加データが購入できない、または速度制限が解除できない場合の原因

エラー画面が表示されて追加データが購入できない場合、以下を疑って下さい。

  • 携帯料金を滞納(未払い)している
  • 家族データシェア、データシェアプラスの子回線からの申し込み

携帯料金の滞納または未払いがある場合、その状態が解消されるまで追加データが購入できません。滞納または未払い状態の請求があるかどうかの確認方法は、以下のリンクをご参考ください。

参考 ご利用料金のお支払い状況を確認する

また、「家族データシェア」や「データシェアプラス」などのシェアサービスに加入時、子回線からは追加データを購入することができないのでご注意ください。この場合は、親回線に頼んで、追加データを購入してもらう必要があります。その他にも、制限モードと快適モードの変更についても親回線からのみ手続きが可能です。

最後に

通信制限に掛かるとスマホが使い物にならなくなるため、制限が掛からないように使用するデータ量をコントロールするか、あるいはスマ放題に加入しているのであればデータ定額パックの容量を一つ上のパックに変更する等の対応を検討してみてください。

速度制限が悩ましい!データ量を節約する5つの方法

例えば、2GBのデータ定額パック(小容量)に加入しているのであれば、5GBのデータ定額パック(標準)に変更するのも、一つの対処方法です。もし、通話をあまりしないのであれば、ホワイトプラン(7GB)に変更するという手もあります。

ソフトバンクとauでは550円/0.5GBから気軽に通信速度制限の解除ができるので、ストレスを感じるようであればご紹介した方法で速度制限を解除してみていただければと思います。低速になると、ストレスがホント溜まるので・・・

簡単ですが、ソフトバンクで通信速度制限になった場合の制限の解除方法のご紹介でした。

無料で動画を視聴するなら、Abema TVが超オススメです!アニメ、海外ドラマ、映画、バラエティ、音楽などが無料で24時間観放題!絶対にダウンロードすることをオススメします!

参考 iPhoneでアプリをダウンロード

参考 Androidでアプリをダウンロード

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA