雑誌読み放題!dマガジンの全てを解説!評判・料金・お得な使い方など!超便利!

シェアしてもらえると嬉しいです!

dマガジン

たったの月額400円(初回31日間無料)で、180誌以上の雑誌が読み放題になる「dマガジン」をご存知でしょうか。

知らない人は本当に損していると言っても過言ではないほど、実はめちゃくちゃ便利な雑誌読み放題サービスなんですが、ドコモユーザー以外でも利用できるのにイマイチ知られていないのが実情。

そんな便利なdマガジンですが、主婦、ファッション誌・週刊誌を読む人、ビジネスマン、グルメ好きな人、には特にオススメしたいサービスです。

今回はそんな「dマガジン」について、サービス内容・料金、オススメする理由、読める雑誌、メリット・デメリット、オススメの使い方、注意点、評判・感想・口コミ、を徹底解説したいと思います!

ドコモユーザーの方には、「dカード GOLD」を超オススメします!持っていないと逆に損です!サブカードとしてでも持つことを推奨します!

「dカード GOLD」 なら以下のような特典がある最強のクレジットカードです!ゴールドカードですが、気にせずに試しに申し込みしてみてください!入会審査も最短5分で終わるので楽チン!

  • 今だけ1万円分のキャッシュバックがもらえる!
  • ドコモの利用料金の10%がポイント還元!
  • スマホ購入後3年間で最大10万円補償!
  • 最大2万円のスマホ割引券が毎年もらえる!

詳しくは以下の公式サイトをご確認ください!ドコモ利用者限定の最強のカードです!

参考  dカード GOLD

スポンサーリンク
広告

dマガジンとは

dマガジン

dマガジンとは、ドコモが提供する人気雑誌が定額で読み放題のサービスです。ドコモが提供していますが、ドコモユーザー以外でも利用することができます

以下の公式サイトを実際に見てみれば、どんなサービスか一目で分かるので試しにご覧ください!

参考  dマガジン

dマガジンをオススメする4つの理由

dマガジンはまじで最高なんですが、最高な理由はこんな感じ!最高にイケてます!

 180誌以上の雑誌の最新号が読み放題!
 月額400円(初回31日間無料)と格安!
 スマホ、パソコン、タブレットで読める!
 池上彰も大絶賛!知識と教養が身につく!

月額料が1冊の雑誌の価格よりも安いにも関わらず、180誌以上の雑誌が読み放題!しかも、スマホ、パソコン、タブレットがあればどこでも読めるのが特徴!

さらに、ファッション・グルメ・芸能関連の情報のみならず、ビジネスに使える知識と教養が身に付くので、社会人にも超オススメ!

佐藤優もdマガジンを利用して、世間のトレンドにアンテナを張って、興味や関心の裾野を広げているようです。

ちょっとしたすき間時間には、スマホでSNSやネットサーフィンをしている人も多いと思います。でも私には、どうせ同じすき間時間なら、きちんと編集・制作された雑誌を読んだほうが、多様な情報を得られるし、娯楽としてもよほど楽しい

仕事に必要のない趣味や娯楽の情報でも、そのほうが質も高いし密度も濃いですから。それが月に数百円程度の負担で済むならなおさらです。

引用元:東洋経済ONLINE

参考  dマガジン

dマガジンの料金と無料期間

dマガジンの料金についてはこんな感じ。初回31日間は無料で使えます!

月額料400円(税抜)
無料お試し期間初回31日間
加入・解約時の日割りなし
支払いの締め日月末締め

月途中に加入・解約した場合でも月額料は日割りされず400円が請求されます。また、毎月1日時点でその月の月額料が発生するので、解約は月末までに行いましょう。

dマガジンの支払い方法

ドコモユーザー、ドコモユーザー以外で支払い方法(決済方法)が異なります。

ドコモユーザー携帯料金と一緒に支払い
上記以外クレジットカード払い

紙の雑誌との価格比較

dマガジンは月にどれだけ読んでも、月額400円しかかかりません。参考までに、dマガジンでも読める雑誌の紙の価格を以下に記載しておきます。

週刊誌の場合は月に4,5冊は発刊されるので、毎週最新号を購入すると結構高くつきますが、dマガジンであれば、毎週の最新号を読んでもたったの400円と破格の価格です!

雑誌名1冊の価格
週刊ダイヤモンド685円(1ヵ月2,740円)
週刊現代460円(1ヵ月1,840円)
週刊プレイボーイ400円(1ヵ月1,600円)

すまっち
週刊誌を購入する人なら、毎月1,200円以上も節約できるよ!

dマガジンで読める雑誌一覧

dマガジンで読める人気雑誌を一部だけ紹介します。読める雑誌の詳細は以下の公式サイトをご確認ください。

参考  dマガジン

趣味、おしゃれ、デート、ビジネス、などなど色んな用途に使える雑誌がたくさんあります!

週刊誌》
週刊現代、サンデー毎日、週刊文春、週刊プレイボーイ、FRIDAY、週刊朝日、週刊女性、
週刊SPA!、週刊ポスト、FLASH、AERA、女性自身、週刊新潮
《ビジネス誌》
日経マネー、週刊エコノミスト、週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済、PRESIDENT、日経ビジネスアソシエイト、クーリエ・ジャポン、週刊アスキー
《女性ファッション誌》
  Oggi、CLASSY、with、MORE、CanCam、JJ、Ray、ViVi、GINGER、non-no、JELLY
《男性ファッション誌》
  LEON、OCEANS、GQ JAPAN、Men’s JOKER、MEN’S NON-NO、MEN’S EX
《お出かけ・グルメ》
  東京カレンダー、東京ウォーカー、散歩の達人、おとなの週末、東海ウォーカー
《ライフスタイル・趣味》
  BRUTUS、日経トレンディ、Tarzan、DIME、家電批評、anan、日経ウーマン、ファミ通、日経エンタテインメント、電撃PlayStation、ザテレビジョン

書き出すとキリがないのでこの辺にしておきますが、まだまだ読める雑誌はあります!これだけ色んなジャンルの雑誌が月額400円で読み放題なのは、本当に最高です!

dマガジンの加入・解約方法

以下より1分で加入可能です。ドコモユーザー以外でもdアカウントを作れば加入可能になります。なお、初回31日間は無料なので、ぜひ試しに利用してみてください!

参考  dマガジン

登録方法、解約方法の詳細は以下の記事をご参考ください!画像付きで手順を説明しています!

あわせて読みたい

dマガジンのメリット・デメリット

これまでの書きっぷりから、「dマガジン最高じゃね?」と思われるかもしれませんが、ここらでメリット・デメリットをまとめておきます。

まずはメリットから。

《メリット》
 破格の価格で雑誌が読み放題可能
 PC、スマホ、タブレットでどこでも読める
 好きなページの保存が可能
 アプリで最大5台、PCで1台まで接続可能
 オフライン(電波がない状態)でも読める

次にデメリット。デメリットについては、注意点として後述しますので、詳細はそちらをご確認ください。

《デメリット》
 一部のページが読み放題対象外
 スマホだと雑誌は少し読み難い
 データ容量を消費する(1冊50MB前後)
 途中で読み放題の対象から外れる雑誌がある

dマガジンのオススメな使い方

dマガジンのオススメな使い方は、「とにかく色んな雑誌を読んで情報収集すること」です!

ファッションでも、ビジネスでも、グルメでも、何でもいいので、自分の好きなもの以外の雑誌も読むことで、興味や視野がぐんと広がります!

本気で熟読する必要はなく、ザッと流し読みしてトレンドを押さえるだけでも十分!この雑誌の多読については、池上彰や佐藤優も推奨している読書方法になります。

読める雑誌の一覧は公式サイトより確認できます!デートにも、ビジネスにも色んな用途に使える雑誌がたくさんあるので超オススメ!

参考  dマガジン

dマガジンの注意点

魅力だらけのdマガジンですが、いくつか注意点があります。まとめるとこんな感じ。一つずつ簡単に解説します。

 全ページが読めるわけではない
 配信期限がある
 データ量を消費する

全ページが読めるわけではない

雑誌1冊以下の月額400円で読み放題になるdマガジンですが、実は読める雑誌について、その雑誌の全ページが読めるわけではありません。

もちろん、全ページ読める雑誌もたくさんありますが、一部ページや特集が読めないことがあります。

実際に、dマガジンの人気雑誌をいくつか紙の雑誌と比べてみました。基本的には大半のページがちゃんと読めるのですが、1/3しか読めないような雑誌も存在するのも事実です!

雑誌名実際の
ページ数
読める
ページ数
週刊ダイヤモンド10798
週刊現代213183
週刊プレイボーイ190120
Oggi179179
CLASSY27091
東京カレンダー133133

※2017年8月1日時点での最新号での比較結果

すまっち
実際に使ってみた感想としては、何ら不自由はありません!

配信期限がある

dマガジンは雑誌の最新号もバックナンバーも読めるのですが、各雑誌で配信期限が定められています。配信期限が切れると、当然読めなくなります。

ザッと見た感じ、配信期限は1ヵ月〜1年くらいになっています。読み返すには十分な期間だとは思いますが、必ずしも全てのバックナンバーが読み放題なわけではないのでご注意下さい。

データ量を消費する

dマガジンは電子書籍のため、ダウンロードすると、データ容量とストレージ容量の二つを消費します。

データ容量はダウンロードするときに4G回線(LTE回線)を利用しますので、データ容量(ギガ)を消費します。1冊あたり大体50MB程度消費しますので、可能であればWi-Fi環境でダウンロードしてから雑誌を読みましょう!

また、ダウンロードした容量は端末に保管されるので、端末の保管容量も消費します。あまりに保管容量を消費している場合は、データを削除するようにしましょう。

参考  dマガジンでダウンロードした雑誌の削除方法

dマガジンの評判・感想・口コミ

dマガジンの評判、感想、口コミを紹介します。僕自身も実際に使ってみて、かなり満足度が高いのですが、SNSなどでの評判もいいです!

口コミも挙げだすとキリがないので、興味がある方は以下よりツイッターでの口コミが確認できます!

参考  dマガジンのツイッターでの口コミ

まとめ

以上、dマガジンの徹底解説でした!もうね、使ってみて思いますが、お世辞抜きにdマガジンは最高!月額400円で雑誌読み放題の破壊力は半端ないです。

知識や教養を身に付けられるのでビジネスにも使え、デートのお店選びにも使え、ファッションの参考にもなり、流行の家電や商品をキャッチアップでき、多様な情報収集を可能にしてくれるそんな存在!

初回31日間は無料なので、興味がある方は試しに利用してみてください!社会人の方は絶対に利用することをオススメします!

参考  dマガジン

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!