auでんき・ソフトバンクでんきの概要と注意事項を徹底解説してみた

シェアしてもらえると嬉しいです!

ども、すまさん(sumaare99)です。

最近にわかに注目されている「電気のセット割」。電力自由化に伴い、各社が次々と参入を表明していますが、「本当にお得なのだろうか」とふと疑問に感じることがしばしばあります。

そんな疑問に答えるべく、今回はまず身近な携帯と電気のセット割についてまとめてみました。「でんきセット割=必ずお得」ではなく、逆に値上げするケースもありますのでご注意いただければと思います。

お得額をサクッと知りたい方は、以下記事も併せてご参考ください!

関連 いくらお得?auでんきとソフトバンクでんきのお得額を比較してみた

参考 ソフトバンクでんき

スポンサーリンク
広告

電力自由化とは

電力自由化

電力自由化を超簡単に説明すると、従来は電気の契約は東電や中部電力のような電力会社としかできなかったのが、KDDIやソフトバンクやローソンといった電力会社以外の会社とも契約できるようになったことを指します。

とは言え、契約が電力会社以外というだけで、実態は電力会社が電気を供給していることには変わらないので、電気の質も価格も大抵の場合は何も変わりません。電気を色んな会社が売るようになったとだけ理解しておけば十分です。

電力自由化でどんなメリットがあるのか?

消費者観点だと、これすごく気になりますよね。

メリットについては各社それぞれ特色があり、例えばauやソフトバンクは携帯と電気をセット契約すれば割引やポイントでのキャッシュバックの特典がありますし、ENEOSであればガソリン代を割引したりします。

ただし、いずれの企業にも共通しているのが、割引や還元額が小さいということです。実際、auでんきやソフトバンクでんきの割引・還元内容を知り、肩透かしをくらった方も少なくないと思います。結局、代理店のような立ち位置で売電をしたところで利幅が小さく、割引や還元に回すだけの原資がない各社の事情が伺えます。

auでんきについて

auでんき

au携帯を利用している状態で電気契約を「auでんき」にした場合、「auでんきセット割」に加入することができます。

料金プランについて

auでんきの料金プランは2種類あります。一般家庭向けと商用向けの2種類のため大変シンプルです。いずれのプランも各電力会社(東京電力・関西電力・中部電力等)の料金単価と全く同じ内容となっております。つまり、別にauでんきい切り替えても電気料金自体が安くなるわけではなく、電気料金は従来と変わらないのです。

auでんきの場合、大半の方は「でんきMプラン」に加入することになります。その場合、契約するアンペアによって基本料金が異なりますが、契約時に持参が必要な「検針表」に現在の契約アンペア数が記載されているので、恐らくそれを踏襲することになります。

つまり、我々消費者観点では電気の料金プランを意識することは殆どないです。よって、難しいことは何もないので、「でんきMプラン」に加入するんだな程度に理解しておいてください。

でんきMプラン 主に一般家庭向け
でんきLプラン 主に事務所、商店、飲食店向け

興味が有る方は料金単価表をご参考ください。

メリットは?

「auでんきセット割」加入時、電気利用料に応じてau WALLETにキャッシュバックが行われます。au WALLETとは電子マネーとご理解ください。

携帯料金の値引きがなされるのではなく、電子マネーのチャージという形で還元されます。当然ですが、この場合、au WALLETがないとチャージできないため、au WALLETプリペイドカードを持っていない方は新規作成が必要になります。チャージされた電子マネーはコンビニ等の様々な場所で利用することができます。(使えるお店

携帯料金を割引してくれれば手っ取り早いのですが、auの戦略としてau WALLETの普及を推進してau経済圏を広げたい思惑があるのでしょう。

キャッシュバック以外のメリットとしても、携帯料金と請求を合算できること、auでんき専用アプリで電気料金を管理できること、もあります。電気料金をアプリで管理できるのは地味に便利だと思います。

【au WALLT】

au wallet

【au WALLETアプリ】

au WALLETアプリ

【auでんき専用アプリ】

auでんきアプリ

月々いくらお得になるのか?

ようやく本題です。「auでんきセット割」で実質お得になる金額ですが、電気利用料金に応じて変わります。以下をご参考ください。

auでんきキャッシュバック

例えば、電気料金が3,000円/月であれば月々30円、年間360円相当がお得になります。電気料金が7,000円/月であれば月々210円、年間2,510円相当がお得なります。

このように電気料金に応じてau WALLETのキャッシュバック率が異なるので、実際の電気料金を確認して電卓を叩いて計算してみてください。

余談ですが、私の場合は電気料金が3,000円弱のため、年間300円程度しかお得ならないので、もはや「auでんきセット割」に加入するメリットは殆どありません。単身世帯は別の企業と電気の契約をした方がメリットが大きいかもしれません。

なお、関西エリアかつ電気料金が8,000円以上の場合はキャッシュバック率が12%と高めに設定されておりますが、こちらは適用から1年間のみ有効となります。2年目以降は通常のキャッシュバック率が適用となります。

料金シミュレーションについて

auでんきの還元額については以下の料金シミュレーションを利用すればシミュレーションすることができます。完成度が高くて便利です。

参考 auでんき料金シミュレーション

ちなみに私のシミュレーション結果は以下の通りとてもお寒い結果となりました…

auでんきシミュレーション

注意事項

・auでんき1契約に対して、特典対象は1回線のみ
・auでんき利用開始日から1年以内の解約は違約金2,000円が発生
・家庭内にau回線がなくなればキャッシュバック終了
・オール電化の家庭は申し込み不可

特に注意すべき事項を挙げると上記の通りです。auでんきに申し込んで、1年以内にau以外の携帯キャリアにMNPして電気契約を切り替えた場合、auでんきのお得額よりも違約金が高くなるケースもあるのでご注意ください。また、auでんきのキャッシュバックはau1回線のみなので間違えないようご注意ください。

ソフトバンクでんきについて

おうち割

ソフトバンク携帯を利用している状態で電気契約を「ソフトバンクでんき」にした場合、「おうち割 でんきセット」に加入することができます。

「おうち割」とは、スマホ、固定回線、でんきのセット割です。スマホとでんきのセットでも「おうち割」、スマホと固定回線のセットの場合は「おうち割 でんきセット」です。スマホと固定回線のセットの場合は、以前は「スマート値引き」というサービス名称でしたが、このタイミングで「おうち割 光セット」にサービス名称が変更になっています。

参考 ソフトバンクでんき

料金プランについて

auとは異なり、ソフトバンクは電気の料金プランが4つあります。「スタンダードプラン(S/M/L)」「バリュープラン」「プレミアムプラン」「FITプラン」の4種類です。auでんきが実質一択だったのに対して、ソフトバンクでんきは4つの料金プランが存在しているため、パッと見はどれに加入するのがお得なのかが判断し難いです。

プランの説明を簡単にすると、スタンダードプランが電力会社の従量電灯B相当(auでんきのでんきMプラン相当)のプランになりますただし、従量料金が従来の電力会社(東京電力・関西電力・中部電力等)の料金と若干異なる点は注意が必要です。ターゲットとしては単身・共働き夫婦で電気料金が6,500円〜8,000円の世帯向けのプランとなります。

バリュープランはソフトバンク独自プランであり、電力量料金が300kWhまで定額、300kWhを超えると割安になる単価設定となっております。以下画像がイメージです。使い方によっては逆に電気料金が割高になる場合があるので注意が必要です。ただし、300kWhを下回った場合は、未使用分に応じてTポイントでの還元(最大1,000円ポイント)やスマホのデータ量での還元(最大3GB)がなされます。いずれも未使用分の還元は最大100kWh分までとなります。ターゲットとしては家族3-4人で電気料金が8,000円〜16,000円の世帯向けのプランとなっており、毎月の電気料金が安定して1万円を超えてくる場合は、バリュープランに加入することで電気料金が安くなる効果がありそうです。

ソフトバンクでんきバリュープラン

プレミアムプランについてはコンセプトはバリュープランと同様です。400kWh以上使う場合は電気料金が安くなりますが、それ未満の場合は逆に電気料金が高くなります。16,000円以上の電気料金の世帯が目安のようです。対象者がかなり限定されるプランのため、ここでは簡単に触れる程度にしておきます。

最後にFITプランですが、こちらもソフトバンクの独自プランとなっています。再生エネルギーを活用した電力の供給を行うプランですが、詳細は後日とのことなので後日更新します。

スタンダードプラン・バリュープラン・プレミアムプランについては公式HPもご参考ください。

メリットは?

ソフトバンクでんきは携帯回線または固定回線から料金を割引します。auでんきがau WALLETへのチャージでの還元だったのに対し、ソフトバンクでんきは料金での割引となっています。

割引なので恩恵が分かり易い一方で、この割引は24ヵ月間のみ適用となり、それ以降は割引がありません。auでんきはauでんきセット割に加入している限り、ずっとau WALLETへの還元が続きます。

また、携帯回線や固定回線と電気料金を合算請求が可能、でんき代1,000円につきTポイントを5ポイント付与、のメリットもあります。ただし、でんき代でのTポイント付与には東京電力ホームページ(くらしTEPCOのマイページ)で手続きが必要なのでご注意ください。詳細は公式HPの※1をご参考ください。

さらに、「おうち割(携帯+電気+固定)」の3つのセットを組んだ場合は、「おうちレスキュー」特典が2年間適用されます。「おうちレスキュー」とは、水漏れや配管のつまりなどの「水のトラブル」、鍵の紛失をはじめとする「カギのトラブル」、ヒビ割れや破損などの「ガラスのトラブル」に出張料・作業料無料で利用することができる特典となっています。正直、あれば便利かな程度の特典でしょうか。個人的にはいらないですw

月々いくらお得になるのか?

割引額については以下をご参考ください。

対象プラン 割引額
スタンダードS/L/X 200円/月
バリュープラン
プレミアムプラン
FITでんきプラン 300円/月

スタンダードプランの場合、月々200円の割引のため2年間で4,800円が割引されます。ただし、後述しますが、電気料金が値上げになるケースがあるので必ずしもお得になるとは限りません。

バリュープランの場合、月々200円の割引のため2年間で4,800円がお得になります。加えて、バリュープランは前述した通り、300kWh以上の利用の場合は従来プランに比べて電気料金が割安になります。仮に従来プラン(東電エリア)で1万850円の電気料金の場合、バリュープランでは1万350円になるため、月々500円お得になります。もし毎月500円の電気料金がお得になると仮定すると、2年間で12,000円です。よって、割引を含めて考えると、理論上は2年間で16,800円以上がお得になる計算です。

実際はこんなに単純にはお得額を算出できませんので、料金シミュレーションで実際に算出してみてください。

ソフトバンクでんきバリュープラン

プレミアムプランについては割愛します。

料金シミュレーションについて

現在の電気利用状況次第では、ソフトバンクでんきに切り替えることで逆に電気料金が値上げになるケースがあります。そのため、ソフトバンクでんきへ申し込みを行う場合は、必ず料金シミュレーションを実施して下さい。

参考 ソフトバンクでんきの料金シミュレーション

ちなみに、私のシミュレーション結果は以下の通り、お得にならない結果でした。お得にならないということは、逆に値上げするケースですね。割引やポイント還元よりも、電気料金の値上げ分の方が大きいということです。

ソフトバンクでんき料金

色々とシミュレーションした結果、電気代が7,000円以下の場合は電気料金が値上げするケースが多く、電気料金が値上げになるため割引やポイントを考慮しても損またはプラマイゼロという結果になることが多い気がします。

つまり、ソフトバンクでんきは電気料金が目安として7,000円/月以上の世帯でないと恩恵が無いに等しいのです。無いどころか逆に値上げするケースもあります。ソフトバンクに限らず、「でんきセット割」=「必ずお得」になるわけではないので、その点ご注意ください。

注意事項

・電気利用量によっては、逆に電気料金が値上げになる
・割引期間は最大24ヵ月間
・ソフトバンクでんき1契約に対して、割引対象は通信1回線のみ
・通信回線(携帯or固定)を解約した場合は割引は終了
・バリュープランは2年契約(自動更新)で途中解約は2,500円の解約金
・プレミアムプランは2年契約(自動更新)で途中解約は5,000円の解約金
・オール電化の家庭は申し込み不可

バリュープラン、プラミアムプランは2年契約(自動更新)となるため、2年縛りになる点は要注意です。解約金が発生しない解約月は2ヵ月間あるようですが、その解約月以外でソフトバンクでんきを解約した場合は解約金が発生します。スタンダードプランは途中解約による解約金はありません。

また、バリュープラン、プレミアムプランは利用状況次第では従来プランよりも電気料金が値下げになりますが、あまり使わない場合は逆に値上げになるので、事前に利用状況を把握して料金シミュレーションをした上でプランを選択してください。スタンダードプランSについても同様です。

まとめ

携帯各社のでんきセット割ですが、思った以上に複雑な印象を受けました(特にソフトバンクでんきの料金プラン)。複雑さや制約がある割には実際は大してお得にならないので、契約時は注意が必要です。

auでんきやソフトバンクでんきに関わらず、電気料金の安い単身世帯はよく考えた上ででんきセットの契約をしてください。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA