超おすすめ!ゲーム・オブ・スローンズをレビューしてみた!

シェアしてもらえると嬉しいです!

ゲームオブスローンズ

ども、すまさん(@sumaare99)です!

土曜日が雨だったのでHuluで『ゲーム・オブ・スローンズ』という海外ドラマをイッキ観してしまいました。雨の日は出不精になってしまうので、HuluやNetflixがあると退屈せずに済むなぁとしみじみ実感します。

今回紹介する『ゲーム・オブ・スローンズ』ですが、めちゃくちゃ面白そうな海外ドラマなので、Huluに加入している方はぜひとも視聴してみてください!海外では『ウォーキング・デッド』同等 or それ以上との評価があるだけに、面白かったです。

『ゲーム・オブ・スローンズ』はHuluの独占配信のため、NetflixやdTVでは視聴できないので、それらに加入している人はHuluへの乗り換えや同時加入をご検討ください!

参考 Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

無料で動画を視聴するなら、Abema TVが超オススメです!アニメ、海外ドラマ、映画、バラエティ、音楽などが無料で24時間観放題!絶対にダウンロードすることをオススメします!

参考 iPhoneでアプリをダウンロード

参考 Androidでアプリをダウンロード

スポンサーリンク
広告

目次

『ゲーム・オブ・スローンズ』の概要とあらすじ

『ゲーム・オブ・スローンズ』は1,500万部を売り上げた世界的ベストセラー小説の『氷と炎の歌』を原作とした海外ドラマです。総制作費は、なんと80億円!莫大な制作費をかけているだけあって、ハリウッド映画並のスケールです。海外ドラマにしては前代未聞です。ぱねぇっす。

凄いのは制作費だけでなく、2015年のエミー賞で12冠を獲得して賞を総なめにするほど、アメリカでの評価は高いです。12冠って半端ないです。至上最多です。

海外の評価ではおそらく『ウォーキング・デッド』を超えている気がします。実際、僕が参考にしているアメリカの海外ドラマレビューサイトでは、『ウォーキング・デッド』以上の点数が付いています。

ジャンルはファンジーで、中世を舞台にした物語です。世界観がどことなく『ロード・オブ・ザ・リング』に似ていますが、シーズン1の時点ではファンタジー色は薄いんですけどね。

話をざっくり言うと、7つの王家が権力の座(「鉄の玉座」)を巡って血で血を洗う熾烈な覇権争いを繰り広げる、といったものになっています。忠誠があれば裏切りもあり、各人の思惑や策略が複雑に交錯して話が進みます。

シーズン1では剣や鎧を纏った人間同士の血なまぐさい争いが描かれているのですが、各王家の紋章に狼やドラゴンが描かれており、実際にそれらが登場することから、シーズン2以降では人間同士以外の闘いが描かれることが予想されます。また、シーズン1の1話目冒頭から「ホワイト・ウォーカー」と呼ばれる動く死体のようなものが登場するのですが、この辺りがファンジー要素と言えます。

話のあらすじについては、こちらの動画をご覧ください(笑)物語の基本となる情報が3分で詰め込まれており、大変分かり易いです。観れば分かるのですが、『ゲーム・オブ・スローンズ』は登場人物がめちゃくちゃ多く、人物の相関が多岐に渡っているため、結構難しい内容になっています。登場する人物もどことなく似ているので、最初は名前と顔を一致させるのが難しいです(笑)なので、まずはこの動画で全体像を把握してから観ると、理解の手助けになります。

『ゲーム・オブ・スローンズ』ですが、R15に指定されているだけあって、エロとグロな要素が多分に含まれています。『スパルタカス』よりはグロさは控えめな気がしますが、それでも人間同士の争いを描いた作品になるので随所に血やバイオレンスな映像があります。

エロについても同様です。『スパルタカス』に負けないくらい、そういった演出があります。特に乳房が映りまくりです(笑)もちろん、体を重ねるシーンも多々あります。

そんな感じで、エロとグロの要素を少なからず含んだ海外ドラマになるので、苦手な人には合わないのかなと思います。当然、子どもは観てはいけません!大人な男性が夜に観るにはもってこいの作品です。

なお、『ゲーム・オブ・スローンズ』は2016年4月にアメリカでシーズン6が放映され、既にシーズン8まで製作が決まっているようです。海外ドラマにしては超大作となっています。

すまさんの勝手な評価

4.3点/5.0点(暫定)

シーズン5までの暫定の評価です。

5点 絶対観た方がいい!観ないと人生を損してる
4点 ハズレなしの安定の面白さ
3点 他人に推奨できる程度には面白い
2点 微妙
1点 観るだけ時間の無駄無駄無駄無駄ァーーッ!

シーズン1の感想

シーズン1を観た感想は、「やっべ、超おもしれえぞ。これ、シーズンが進むにつれて絶対に面白くなっぞ」です。孫悟空っぽい口調で適当なこと言ってすみませんw

正直、シーズン1の途中までは争いも少なく、ファンタジー要素が皆無のためあまり見応えもなかったのですが、途中から面白くなってきて一気に惹き込まれます。シーズン1後半の”リトルフィンガー”の裏切りあたりから、物語が一気に加速します。

『ゲーム・オブ・スローンズ』は登場人物が多く、人物の関係が多岐に渡って複雑なので、慣れるまではちょっと楽しめないかもしれません。

しかし、シーズン1後半までは仮に楽しめなくても、人物関係を頭の中で整理しながら追っていってください。シーズン2以降は絶対に更に面白くなるので、人物相関図の把握は必須です。と偉そうに言っていますが、僕も途中まで誰がどの王家で誰とどういう関係かを把握するのに苦労しましたw主従関係と血縁関係が多すぎます…

いずれにせよ、この『ゲーム・オブ・スローンズ』はシーズン1だけでは絶対に評価できないので、続編を視聴してから本記事のアップデートを図りたいと思います。シーズン2からはファンタジー要素が強くなることが想像できるので、絶対に更に面白くなると思います。

シーズン2の感想

話が進むにつれて面白さに拍車がかかります。シーズン2全体を通しても、まだファンタジー要素は控えめですが、ドラゴンの活躍があったり、最終話ではホワイトウォーカーの大群が現れて終わったりと、シーズン3はもっと面白くなるんだろうな〜と思わせるような展開でした。

シーズン2でも全体的に派手な戦争・戦闘シーンはありませんが、後半にはラニスターとスタニスの戦争があって見応えあり!

早くもシーズン3が待ち遠しいです。シーズンを追う毎に面白くなっています!

『ゲーム・オブ・スローンズ』の視聴方法

『ゲーム・オブ・スローンズ』が視聴できるのはHuluだけです。しかも独占契約なので、NetflixやdTVでは今後も視聴できないかもしれません。初回2週間は無料なので、試しに入会して視聴するのもありです!申し込みは以下から可能です。

参考 Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

主な登場人物

ゲームオブスローンズ

物語を語る上で特に重要そうな人物をピックアップしていきます。若干のネタバレを含む点はご容赦ください。登場人物は随時更新していきます!

エダード・スターク(ショーン・ビーン)

エダードスターク

スターク家。ウィンターフェル城主で愛称はネッド。ロバート王時代の「王の手」ですが、シーズン1後半で・・・

キャトリン・スターク(ミシェル・フェアリー)

キャトリン

スターク家。エダードの奥さんです。娘を助けたいあまり、ロブに黙ってジェイミーを解放してロブと衝突します。どうやらシーズン3で・・・

ロブ・スターク(リチャード・マッデン)

ロブスターク

スターク家の長男です。長男なのでスターク家の後継者です。復讐に燃え「北の王」となり、打倒ラニスター家を目指します。

サンサ・スターク(ソフィー・ターナー)

サンサ

スターク家の長女です。序盤ではジョフリーに好意を示していますが、エダードの一件で彼女の心境が一変します。シーズン2後半までジョフリーと婚約が続いた状態ですが、シーズン2後半に婚約破棄されます。

アリア・スターク(メイジー・ウィリアムズ)

アリア

スターク家の次女です。男勝りの性格で剣術の練習をしたりします。エダードの死後、タイウィンに仕え、ジャクェン・フ=ガーに窮地を救われます。

ブラン・スターク(アイザック・ヘンプステッド=ライト)

ブラン

スターク家の次男です。塔に上って見てはならないものを見てしまい、突き落とされます。三男もいますが、出番が少ないので割愛しますw

ジョン・スノウ(キャット・ハリントン)

ジョン・スノウ

エダードの落とし子(愛人との子)です。剣術の上手さはナイツ・ウォッチ随一です。

シオン・グレイジョイ(アルフィー・アレン)

シオン・グレイジョイ

グレイジョイ家。スターク家で家族同然に育ち、ロブと行動を共にします。一応、スターク家の家臣。家臣ですが、シーズン2でスターク家を裏切ります。かなり嫌な奴と化します。

タイウィン・ラニスター(チャールズ・ダンス)

ラニスター家当主です。需要がなさそうなので説明と写真は割愛しますw

ジェイミー・ラニスター(ニコライ・コスター=ワルドー)

ジェイミー・ラニスター

ラニスター家の長男です。過去に王を殺めているので、通称”キングスレイヤー”。サーセイの双子の弟ですが、サーセイと禁断の関係を持っています。

ティリオン・ラニスター(ピーター・ディンクレイジ)

ティリオン

ラニスター家の次男です。体が小さいので通称”小鬼(インプ)”。体が小さいので争いには向きませんが、頭脳明晰でトークが上手いです。シーズン1での登場回数がかなり多いのですが、実は主役なのではと疑いたくなりますw「小鬼」と呼ばれていますが、道徳的であり実は良い奴です。

ロバート・バラシオン王(マーク・アディ)

ロバート王

バラシオン家当主。7王国の王。酒ばかり飲んでるデブです。

サーセイ・バラシオン王妃(レナ・ヘディ)

サーセイ・バラシオン王妃

ラニスター家の長女ですが、ロバートに嫁いで王妃となります。双子の弟のジェイミーと禁断の関係にあります。

ジョフリー・バラシオン(ジャック・グリーンソン)

ジョフリー

バラシオン家の長男。スターク家のサンサと婚約関係にあります。権威があることをいいことに、横柄な性格をしています。やなやつ。

デナーリス・ターガリエン(エミリア・クラーク)

デナーリス

ターガリエン家の末娘です。可愛いですが、たくさん脱ぎますw父のエイリスは狂王と呼ばれロバート王の前国王でしたが、反乱にあってジェイミーに殺されます。その影響で、国を追われることになります。玉座奪回のために、兄によってドスラク王と結婚させられるハメに。通称”ドラゴンの母”。

ヴィセーリス・ターガリエン(ハリー・ロイド)

ヴィセーリス

ターガリエン家の次男でデナーリスの兄です。王であった父と兄を殺害され国を追われますが、次期玉座を狙って妹を利用します。ターガリエン家の復活のためには手段を問わない冷酷な人間です。

ジョラー・モーモント(イアン・グレン)

ジョラーモーモント

デナーリスの護衛役であり、よき理解者です。父がナイツ・ウォッチの総帥のジオー・モーモントです。

カール・ドロゴ(ジェイソン・モモア)

ドロゴ

騎馬民族ドスラクの王であり、デナーリスの夫です。

ピーター・ベイリッシュ公(エイダン・ギレン)

ピーター・ベイリッシュ公

小評議会の一人です。要は王の取り巻きのお役人。打算的な男で、常に勝ち馬に乗るタイプの人間です。通称”リトルフィンガー”

ヴァリス

ヴァリス

小評議会の一人です。情報通らしく、なぜか去勢されていますw通称”スパイダー”。

参考 ゲーム・オブ・スローンズの人物相関図

海外ドラマの観過ぎで通信速度制限にならないために

スマホやタブレットで海外ドラマを観ている人は多いと思いますが、その場合は観すぎたことによって通信速度制限に掛かってしまい、スマホがまともに使えない状態に陥ります。通信速度制限にお悩みの方は以下の記事もご参考ください!ストレスなく海外ドラマが視聴できます。

参考 通信制限なし?3696円で使い放題のポケットWiFiが超おすすめ!

 まとめ

『ゲーム・オブ・スローンズ』ですが、シーズン1よりシーズン2以降の方が評価が断然高いです。シーズン1の後半にかけて面白くなってきましたが、シーズン2以降はそれを遥かに上回る面白さということです。

確かに、ドラゴンやホワイト・ウォーカーなども出てきて、それらも戦いに参加するのであれば、ファンタジー色が強くなり面白さに拍車をかけるのも想像に難くないです。

シーズン8まで製作が決まっているので完結するまでの道のりは長いですが、『ウォーキング・デッド』並に楽しみにできる海外ドラマが一つ増え、自分の中の楽しみが一つ増えた気がします!

繰り返しになりますが、初回2週間は無料なので、試しに入会して視聴するのもありです!申し込みは以下から可能です。

参考 Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA