安い!2018年の新型9.7インチiPadの価格・維持費まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク】

シェアしてもらえると嬉しいです!

待ちに待った2018年新型モデルのiPadとなる「9.7インチiPad(第6世代)」が発表されました!

ドコモ、au、ソフトバンクが2018年3月29日より予約を開始し、2018年3月31日より発売が開始されます(auのみ2018年4月以降に発売)。

今回最大の目玉は、廉価モデルで初めてApple Pencilに対応したこと。しかも、iPadの中ではかなり低価格。

僕は10.5インチiPad ProでApple pencilを使っているので分かるのですが、これがめちゃくちゃ便利!

仕事にも遊びにも勉強にも使えますし、使い心地は本物のノート・ペンそのもの!

2018年 新型 iPad

そんな新型iPad(第6世代)について、「実質負担金はいくらか?」「毎月の維持費はいくらか?」「WiFi版とキャリア版の料金の差は?」「WiFi版とキャリア版、どっちを買えばいいの?」など、特に料金面での疑問を持つ人は多いです。

ということで本記事では、2018年新型モデルの9.7インチiPad(第6世代)について、WiFi版とキャリア版の価格・維持費の比較、新型iPadを安く購入する方法、WiFi版とキャリア版どちらが買いか?、などを徹底解説します!

すまっち
iPadは3〜5年は使えるので、高く見えても長い目でみると断然お得なので、ぜひ購入しよう!便利すぎて、僕はiPad歴8年になります!

スポンサーリンク
広告

iPadはオンラインショップで買わないと1万円損する

iPad 頭金(頭金によりiPadが高くなっている例)

すまっち
この話を知らないと、1万円くらい損しちゃうのでぜひ読んでね!

新型9.7インチiPadのキャリア版を購入する場合、各社公式のオンラインショップで買わないと損する可能性があるので要注意(特にドコモ・au)!

というのも、上で貼った画像の赤線箇所を見てもらえれば分かる通り、ショップや家電量販店では、「頭金」が設定されていることが多いんです。

この頭金はショップや家電量販店が独自に設定しており、頭金とは名ばかりで実態は手数料になっています。したがって、頭金がある場合はその金額分だけiPadが高くなっています(大体5,400〜10,800円)。

この頭金の存在、知っていましたか?僕はこれを知らずに以前8,640円もの頭金を無駄に払って悲しい思いをしました・・・

しかし!

ドコモ・au・ソフトバンクの公式オンラインショップであれば、この頭金が不要なので、iPadが最大1万円程度安く購入できるんです!

ドコモオンラインショップの場合、機種変更時にかかる手数料2,160円も無料になります。また、各社とも、オンラインショップ限定のキャンペーンを実施していることが多々あります。

さらに、オンラインショップを使えば、約3時間を要する店での手続き時間がゼロ!忙しい人にもピッタリなんです。

本当にメリットしかないので、iPadを購入する場合はオンラインショップで購入するようにしましょう。

ぜひ一度、以下の公式オンラインショップにアクセスしてみてください!

ドコモオンラインショップ 

auオンラインショップ 

SoftBankオンラインショップ 

すまっち
ネットショッピング感覚で新規契約・機種変更ができるので、オンラインショップは本当に便利だよ!

新型9.7インチiPadの価格・維持費の比較

ここでは、WiFi版とキャリア版(ドコモ・au・ソフトバンク)の新型9.7インチiPadの本体価格・毎月の維持費を比較します。

この次に、キャリア版とWiFi版どちらが買いかを解説するので、そちらもご参考ください。

比較の前提

今回は以下を前提として比較します。

  • キャリア版は新規・機種変更時の価格
  • キャリア版はスマホとセットで持つ
  • WiFi版はApple Storeで購入
  • 9.7インチiPadの容量は32GB
  • 記載の金額は税込価格

なお、今回はキャリア版の詳細な料金プランについては割愛するので、「iPad契約時はどんなプランに加入するの?」と疑問を持った方は以下の関連記事もご参考ください。

ども、すまっち(@sumaare99)です! 今回はiPadやAndroidタブレットのスマホとのセット割について、ドコモ・au・ソフ...

すまっち
キャリア版を購入する場合、スマホとiPadでデータをシェアするプランに加入する前提で計算します!それがポピュラーで一番安いので!

 ドコモ版9.7インチiPadの価格・維持費

ドコモ版9.7インチiPadを購入したの実質価格は以下の通り。

2年分割払いを選択した場合、実質負担金は432円になります。

本体代金
(24回分割)
2,376円/月
(57,024円)
月々サポート-1,944円/月
(-46,656円)
実質負担金432円/月
(10,368円) 

「2台目プラス」または「シェアパック」に加入時のiPadの月額料金は2,700円なので、これに実質負担金を足した毎月の維持費は以下の通り。

毎月の維持費
(2年間)
3,132円
支払い総額
(2年間)
75,168円
毎月の維持費
(3年目以降)
2,700円
支払い総額
(3年間)
107,568円

※3年目以降は実質負担金432円が不要
※3年間の支払い総額は参考値

ポイントをまとめると、こんな感じ!

ドコモ版9.7インチiPadのポイント

  • 2年間の毎月の維持費は3,132円
  • 2年間の支払い総額は75,168円
  • 2台目プラス、シェアパック子回線での加入が安い

すまっち
上記は32GBの価格なので、128GBの維持費を知りたい場合は月486円(総額11,664円)を足してね!

 au版9.7インチiPadの価格・維持費

au版9.7インチiPadを購入したの実質価格は以下の通り。

2年分割払いを選択した場合、実質負担金は150円になります。

本体代金
(36回分割)
1,680円/月
(60,480円)
毎月割-1,080円/月
(-38,880円)
ぐっとiPadおトク割  -16,200円
実質負担金150円/月
(5,400円) 

※「ぐっとiPadおトク割」は端末を買えば全員適用

スマホとセットで持つ場合、「タブレットプランds(3年契約/L)」に加入時することになり、この場合の毎月の維持費は2,160円になります。

これに実質負担金を足した毎月の維持費と支払い総額は以下の通り。

毎月の維持費
(3年間)
2,310円
支払い総額
(3年間)
83,160円

※4年目以降は実質負担金150円は不要

ポイントをまとめると、こんな感じ!

au版9.7インチiPadのポイント

  • 3年間の毎月の維持費は2,310円
  • 3年間の支払い総額は83,160円
  • 安い代わりに3年契約
  • 加入プランはタブレットプランds(3年契約/L)

すまっち
上記は32GBの価格なので、128GBの維持費を知りたい場合は月220円(総額7,920円)を足してね!

 ソフトバンク版9.7インチiPadの価格・維持費

ソフトバンク版9.7インチiPadを購入したの実質価格は以下の通り。

ソフトバンクの場合、「タブレットずーっと割」に加入すると、割引が毎月適用されて安くなるので、それを前提に計算しています。

本体代金
(36回分割)
1,580円/月
(60,480円)
毎月割-1,280円/月
(-46,080円)
実質負担金300円/月
(10,800円) 

※「タブレットずーっと割」適用時

「タブレットずーっと割」加入時は、毎月の料金はは2,138円になります。これに実質負担金を足した毎月の維持費と支払い総額は以下の通り。

毎月の維持費
(3年間)
2,438円
支払い総額
(3年間)
87,768円

※4年目以降は実質負担金300円は不要

ポイントをまとめると、こんな感じ!

SB版9.7インチiPadのポイント

  • 3年間の毎月の維持費は2,438円
  • 3年間の支払い総額は87,768円
  • 2年契約、36回分割払いと少し分かりにくい
  • 「タブレットずーっと割」加入で安くなる

すまっち
上記は32GBの価格なので、128GBの維持費を知りたい場合は月200円(総額7,200円)を足してね!

 WiFi版9.7インチiPadの価格・維持費

AppleでWiFi版9.7インチiPadを購入した場合の価格は以下の通り。

WiFi版は料金プラン等に加入する必要がないので、発生するのは本体代のみとなります。

32GB128GB
40,824円52,704円

※税込価格

ちなみに、2017年春モデルであれば上記よりも安いので、Apple Pencilにこだわりがなければオススメ!

しかも、Amazonなので直ぐに届きます!

すまっち
安い代わりにWiFiがないと通信できないよ!

 新型9.7インチiPadの維持費の比較

2年間の支払い総額(ドコモ版、Apple WiFi版)と3年間の支払い総額(ドコモ版、au版、ソフトバンク版、Apple WiFi版)を比較ます。

まずは、ドコモ版とApple WiFi版の比較。auとソフトバンクは36回分割のため、2年間の支払額を見ても意味がないので割愛します。

9.7インチ iPad 2018 維持費

次に、3年間の支払い総額の比較。

2018 9.7インチiPad 維持費 比較

Apple WiFi版はLTE通信ができないので、頭一つ安くなっています。ドコモ、au、ソフトバンクについて価格に大した差はありません。

ドコモの3年間の支払い総額が高く見えますが、丸2年使って解約するのが最も安くなる方法なので、3年間の支払い総額は気にしなくてもOK。

WiFi版とキャリア版9.7インチiPadはどちらが買いか?

LTE機能がどの程度必要かによって判断が変わるので、以下を参考にしてどちらを購入するか検討してみてください。

重要なのが、WiFi版の場合、iPadでネットするためには以下のいずれかで通信する必要があります。

  • 自宅のWiFi
  • スマホのテザリング
  • ポケットWiFi

自宅にWiFiがある人であれば、自宅にいる際はWiFiに繋げば通信できるので、WiFi版iPadで十分だと考えられます。

外にiPadを持ち運ぶ際はどうするか考える必要はもちろんありますが。

次に、iPadを使うときだけスマホのテザリングを利用する方法もありますが、これはスマホの電池を激しく消費しますし、都度対応が必要なのでかなり面倒・・・

さらに、iPadを子供などの誰かに渡すのであれば、その子供のスマホでテザリングを使いこなす必要があるので、現実的ではありません。

加えて、au・ソフトバンクの大容量のデータ定額などでは、テザリングが月額500円に課金されることが濃厚なので、そうなると毎月500円のテザリング料金もかかってきます(2年間で12,000円)。

テザリングのせいでiPadの維持費が増えるのは避けたいのが本音・・・

最後に、ポケットWiFiを持っている場合は、そのWiFiを使って通信することができます。

僕はWiFi版iPadを持っており、ポケットWiFiも持っているので、自宅でも外でもポケットWiFiに繋いでiPadを利用しています。ガチで便利!

しかも、データ無制限のWiMAXを使えば、自宅の固定回線は不要ですし、スマホのデータ定額を小さい容量(20ギガ → 2ギガなど)に変更して節約もできるのでかなりお得。

実際に、僕は20ギガから2ギガに変更して毎月2,500円を節約し、契約したWiMAXが月額3,400円のものだったので、実質的に月900円(3,400円ー2,500円)で無制限のWiMAXを利用しています。

WiMAXはデータ上限がないのでスマホの通信速度制限とは無縁になりますし、動画も見放題、データも使い放題なので興味のある方は以下のカシモWIMAXの関連記事をご参考ください!

WiMAXってどこのプロバイダがいいのか本当に分かりづらいですよね。僕も契約する際は、禿げ上がるほど悩みました。 プロバイダ選択を間違...

ちなみに、上記の方法でスマホ(2GB)+WiMAXを契約した場合の毎月の料金はこんな感じ!

これにWiFi版9.7インチiPad(32GB)の本体価格40,824円(月々1,701円×24回)を加えるイメージ。

スマホの維持費5,500円
WiMAXの維持費3,380円
iPad分割支払金1,701円
合計10,580円

※ドコモ回線で2GB+カケホーダイライトの場合
※WiMAXは最安のカシモWiMAXの場合

まとめると・・・

iPadのWiFi版・キャリア版の選び方

  • 自宅にWiFiがあるならWiFi版
  • ポケットWiFiがあるならWiFi版
  • 自宅にWiFiがないならキャリア版

すまっち
個人的には、iPadは本当に便利なので、キャリア版のLTE付きをオススメしますが、既にWiFiがあるのであればWiFi版で十分です!

まとめ

以上、2018年 新型モデルの9.7インチiPad(第6世代)の価格・維持費の比較でした。

僕は2010年の初代iPadに始まり、2013年の初代iPad mini、2017年の10.5インチiPad Proとかれこれ8年近くもiPadを使っており、iPadにベタ惚れ状態です。

iPadはネット、動画、音楽、読書、ゲーム、勉強、ノートなど、利用用途が幅広く、本当に便利で手放せない最高のデバイス。

まだiPadを持ったことがない人は、ぜひ一度利用してみてください!感動すること間違いなし!

キャリア版iPadを買う場合は、各社公式のオンラインショップから買うと安く買えます!

公式  ドコモオンラインショップ

公式  auオンラインショップ

公式  ソフトバンクオンラインショップ

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!