高い?iPhoneの画面割れ・故障時の修理方法と費用を解説!水没やバッテリー交換も!

シェアしてもらえると嬉しいです!

iPhone 画面割れ

iPhoneの画面割れや破損とは無縁の生活を送っていた私ですが、2015年夏にとうとう画面割れデビューを果たし、それ以降は毎年iPhoneの修理・交換をしています。

初めてiPhoneを壊した時はバックアップを取っていなくてデータが消えて、その時はむちゃくちゃ落ち込みました。

そんなほろ苦い経験を基に、今回はiPhoneの修理方法(画面割れ、電源がつかない、故障、水没など)、修理時間、修理費用をまとめたいと思います!

iPhoneの画面割れ対策には以下のような液晶保護フィルムがオススメです!まじで買っておいた方がいいです!

スポンサーリンク
広告

iPhoneが壊れた際の対応手順について

iPhoneを壊した際の対応手順は以下の通りです。本記事では2の「iPhoneを修理する」に絞って説明します。

  1. iPhoneのバックアップ取得
  2. iPhone を修理
  3. iPhoneをバックアップから復元

iPhoneの修理・交換方法

よく勘違いされている方がいますが、iPhoneの修理はドコモショップなどの携帯ショップでは基本的には受付していないのでご注意下さい。

ただし、ソフトバンクとauでは一部店舗でiPhoneの修理を受付しています。詳細は後述。

iPhoneの修理方法をまとめるとこんな感じ!一つずつ解説します。

 Apple StoreかApple正規代理店で持ち込み修理するのが無難
 配送修理時は携帯ショップで代替機を借りる
 持ち込む時間がない場合、「エクスプレス交換サービス」もアリ
 

Apple Store直営店でiPhoneを修理・交換

iPhone 修理 applestore

Apple Store直営店(札幌、仙台、渋谷、表参道、銀座、栄、心斎橋、福岡天神)のGenius Bar(店頭サポート)に持ち込むことで修理が可能です。

注意すべきは、Genius Barでの修理は事前に予約が必要な点です。予約せずにApple Storeに乗り込んだところで無駄足になるので、必ず事前に予約をしましょう。

《Genius Barの利用方法》

1. 事前にiPhoneのバックアップを取得

2. Genius Barをネットで予約

《Genius Bar予約方法》
以下のURLにアクセス → サポート製品でiPhoneを選択 → 修理と物理的な損傷 → 画面にヒビが入っている → 持ち込み修理 → 最寄りの店舗を検索してGenius Barの予約が可能

参考  Genius Barを予約

3. 予約日時にApple Storeに訪れてスタッフに声をかける

4. iPhoneの修理 or 交換

Apple正規プロバイダでiPhoneを修理・交換

Apple正規プロバイダとはAppleの認定を受けた正規の代理店です。ビックカメラ、カメラのキタムラ、クイックガレージなど全国各地に正規プロバイダが存在しているので、近くにApple Storeが無い場合は正規プロバイダに持ち込んで修理できます。

Genius Barとは異なり予約が不要なため当日に持ち込んでも対応をしてもらえます。ただし、混雑時に行くと受付〜修理が完了するまでに数時間を要するので、事前に電話で待ち時間を確認しておくと確実です。

こちらも事前にバックアップをしてから店舗に持ち込んでください。バックアップをしていないと、修理をしてもらえない可能性があります(心配な人は電話で問い合わせましょう)。

Apple正規サービスプロパイダの検索方法は以下の通りです。

《検索方法》
以下のURLにアクセス → サポート製品でiPhoneを選択 → 修理と物理的な損傷 → 画面にヒビが入っている → 持ち込み修理 → 場所の検索で任意の場所を検索

参考  Apple正規プロバイダを検索

ソフトバンクショップ・auショップで修理・交換

ソフトバンクとauの場合、「iPhone 店頭修理サービス」を利用すればソフトバンクショップまたはauショップでiPhoneの修理が受けられます。

2017年8月時点での対象の店舗は以下の通りになります。

au・ au SHINJUKU(新宿)
・ au SENDAI(仙台)
SB・ ソフトバンク表参道
・ ソフトバンクグランフロント大阪

「iPhone店頭修理サービス」の利用方法は以下をご参考ください。

参考  iPhone店頭修理サービス(SB)

参考  iPhone店頭修理サービス(au)

配送修理で修理・交換

Apple StoreやApple正規プロバイダに行かなくても、Appleに端末を配送して修理することもできます。近くにApple Store等がない人にオススメの修理方法です。

配送修理に出している間は手元にiPhoneが無くなるため(3〜6日間)、代替機の用意が必要になります。代替機が無い場合は、各携帯ショップで代替機を借りることができます。

ドコモとauの場合は貸し出しはAndroidスマホのみ、ソフトバンクはiPhoneを貸し出してくれます。

ただし、iPhoneの貸し出しは在庫状況に左右されるので、お近くのショップに事前に電話で問い合わせることをオススメします!在庫がないと無駄足になるので・・・

配送修理の申し込み方法は以下の通り。Apple IDでのサインインが完了している前提で説明します。申し込んだ後は、修理されたiPhoneが配送されるので、データを復元して修理は完了です。

※手順が異なる場合がありますのでご了承ください

01. サポートページで「iPhone」選択後に「修理と物理的な損傷」を選択

02. 「画面にヒビが入っている」を選択

03. 「配送修理」を選択

04. 配送先を確認・入力し、製品の集荷日時を選択して「続ける」を押す 

05. 修理代金を確認し、支払い方法を選択して「修理の詳細を確認する」を押す

06. 「iPhoneを探す」をオフにする

07. 「利用規約に同意する」にチェックを入れる

08.  「送信」を押す

09. 集荷日までにバックアップを行い、SIMカードを抜いてバックアップする

10.  配送業者が集荷日時にiPhoneを受け取りにくる

11. 修理完了後に、iPhoneが配送されてくる

12. データを復元する

以下は実際に配送修理に出した方の記事です。ご参考までに。

参考  iPhone6を配送修理に出してみた

エクスプレス交換サービスで交換

Apple Care+加入時に利用可能な配送による端末交換サービスです。新品のiPhoneに交換してもらえます。

参考  エクスプレス交換サービスの詳細について

エクスプレス交換サービスはちょっと分かりにくいので、簡単にまとめるとこんな感じ。

  • 故障内容によっては交換は有料
  • 申込みはAppleに電話
  • 申込み翌日に新品のiPhoneが届く
  • クレジットカードが必須

まず、修理料金ですが、自然消耗や端末側に問題がある場合は、無償交換になります。逆に、過失等の自分のミスで故障した場合は有償交換です。

有料の場合の修理料金はApple Care+加入時の修理料金が適用され、税込12,744円となります。

故障内容料金
画面割れ・液晶にヒビ有料
水没有料
電源が入らない無料
バッテリー交換無料
ボタンが機能しない無料

申込みについては以下の内容でスタッフと電話ができるので、その際にエクスプレス交換サービスを利用したい旨を相談してください。

《申込み例》
サポートページ→「修理と物理的な損傷」→「画面にヒビが入っている」→「今すぐアドバイザーと話がしたい」→「サインインして製品を選択」→「シリアル番号を入力 or 製品を選択」→電話番号を入力→自動音声で電話が掛かってくるので取る→自動音声に従ってアドバイザーと会話して申し込み

前述の配送修理とは異なり、申込み後は最短で翌日に、Appleが新品のiPhoneを自宅に届けてくれます。つまり、手元にiPhoneが無くなる期間がないというメリットがあります。

新品のiPhoneの配達があった場合に、故障したiPhoneを配達員に渡す必要があるので、事前にバックアップやSIMを抜くことを忘れないでおきましょう。

最後に、本サービス利用時にはクレジットカードが必須です。ただし、注意点があり、ざっくり説明するとこんな感じ。

申込み時にクレジットカードにそのiPhone同等の金額が請求として仮押さえされます。これは故障したiPhoneが製品保証やApple Careの対象であれば、後から請求はキャンセルされます。が、仮にiPhoneが不正に改造されていたり、壊滅的な損傷(iPhoneが粉々等)があれば、最初に仮押さえされた請求が行われます。

要は、故障したiPhoneが上記の状態であれば、新品のiPhone同等のお金を請求されるということです。基本的には特殊なケースですが、心配な方はアップルに電話した際に修理料金を予め聞いて起きましょう。

参考  エクスプレス交換サービスの修理代金・交換機代金

参考  エクスプレス交換サービス規約

Apple非正規の街の修理屋さんで修理・交換

iPhoneをApple非正規の街の修理屋で直す方法もあります。

Apple Care+や携帯各社の保証サービスに入っていない場合でもiPhoneを安く修理できるメリットがありますが、非正規であるため何が起こるか分からないので本記事では推奨しません。よって、詳細は割愛します。

ただ、実際問題として使っている人は多数いるかと思いますので気になる方は検索してみてください。以下は非正規店で修理した際にトラブルになった話です。

iPhoneの修理に掛かる時間

持ち込み修理の場合

Apple StoreやApple正規プロバイダに持ち込んで修理する場合は、混雑状況により数十分〜数時間が掛かります夜遅くに店舗に行かない限りは、基本的には当日中に修理・交換が即日完了します。

ちなみに僕の場合、有楽町ビックカメラを利用しましたが、平日の午前中にも関わらず修理が完了するまでに4,5時間ほど掛かりました。

サラリーマンの方が平日に飛び込みで持ち込み修理する場合は午後に行くことをオススメします。会社を午前半休して修理に行っても、午前中で終わる保証がないのでご注意ください。

配送修理の場合

配送修理の場合の修理に要する時間は、「通常の配送修理」と「エクスプレス交換サービス」によって所要時間が異なります。

ただし、配送修理の場合は、代替機を手配する手間や時間も掛かりますのでご注意ください。代替機の在庫がない場合は、ショップを回るハメになります。

《新しいiPhoneが届くまでの時間》

通常の配送修理配送後3〜6日
エクスプレス交換サービス申込み後1〜3日

iPhoneの修理費用

iPhoneの修理費用については、AppleCare+の加入有無によって異なります。

また、保証期間内(購入後1年またはAppleCare+加入時は購入から2年)に製品保証対象(自然故障など)と判断された場合は無償で修理できます。

過失(自分のミス)による故障は有償修理になるのでご注意ください。

Appleで修理する場合の修理費用

Apple Care+加入時の修理費用は以下の通りです。いつのまにか、画面の修理のみであればかなり安く修理できるようになっています!

画面の損傷のみ3,400円
バッテリー交換無償
その他の損傷11,800円

※金額は2017年8月時点の税抜価格

次にApple Care+未加入時の修理料金は以下の通り。

機種画面損傷のみその他の損傷
iPhone7 PLUS16,800円39,800円
iPhone 714,800円35,800円
iPhone 6s PLUS
iPhone 6 PLUS
16,800円36,800円
iPhone 6s
iPhone 6
14,800円33,800円
iPhone SE14,800円30,800円
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
14,800円30,800円
iPhone 4s22,800円

※金額は2017年8月時点の税抜価格
※バッテリー交換は自然消耗等であれば無料交

Apple正規プロバイダの修理費用

ビックカメラとクイックガレージはAppleとほぼ同等価格ですが、カメラのキタムラはAppleCare+の加入有無による値段差がないので修理内容によっては高くなるので注意が必要です(特に画面の修理のみの場合)。

プロバイダによってiPhoneの修理料金は異なるようなので、実際に各プロバイダのホームページで修理代金をご確認下さい。

参考  ビックカメラの修理代金

参考  カメラのキタムラの修理代金

参考  クイックガレージの修理代金

Apple正規プロバイダの検索方法については、「Apple正規プロバイダで修理・交換」で前述したので、そちらをご参考ください。

まとめ

まとめるとこんな感じ!iPhoneは壊れることを前提に対策しておくことをオススメします!

  • バックアップはマメに実施
  • 保証サービスへの加入を推奨
  • iPhoneは手帳型ケースなどに入れる

iPhoneが大画面化したことにより、以前よりも落下リスクが高まりました。街中で画面がバキバキの人を見かけます。

僕も昔は自分がiPhoneを故障させるとは思ってもいませんでしたが、今では毎年修理・交換に出しています。何が起こるか分からないので、iPhoneの保証サービスには必ず加入しておきましょう!

後から「しまった・・・」と後悔しないためにも、バックアップをこまめに行う、iPhoneをケースに入れる、などの対策も必須です!

以下の強化ガラス保護フィルムを利用していれば、iPhoneを落下させても液晶画面が割れるリスクが減るので、ぜひ利用してみて下さい!めっちゃ売れてます!

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!