お得?ドコモの機種変更応援プログラムプラスを徹底解説!デメリット・注意点も

シェアしてもらえると嬉しいです!

2017年9月22日より、ドコモから「機種変更応援プログラムプラス」と呼ばれる新しいプログラムが開始します。

1年後に機種変更すると最大4万ポイントがもらえるプログラムなのですが、果たしてお得なのでしょうか?

今回はそんな「機種変更応援プログラムプラス」について、プログラム概要、お得かどうか、注意点、メリット・デメリット、下取りとの比較、どんな人にオススメか、などを解説します!

ドコモで機種変更するなら、ドコモ公式のオンラインショップがお得!

新規契約・機種変更でdocomo withに加入する方は、ドコモ公式のオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメです!

僕はショップで頭金8,640円を取られ、待ち時間・手続きも合わせて2時間半もかかりました・・・オンラインショップを使わないと、本当に損します!

  • 頭金5,000円〜1万円が不要
  • 機種変更手数料2,000円が不要
  • 待ち時間は一切ナシ!

参考 ドコモオンラインショップ

参考 安い?ドコモの機種変更を10万円お得にする5つの方法を解説!

スポンサーリンク
広告

機種変更応援プログラムプラスとは

概要

「機種変更応援プログラムプラス」とは、対象機種を購入して、購入日から13ヵ月目〜25ヵ月目までに新たな機種に機種変更すると、最大40,000ポイントが還元されるプログラムです。

貰えるポイントは新しい機種に機種変更する際に、機種代金の割引に利用できます。つまり、次回機種変更時に最大40,000円相当の割引が可能となります。

このプログラムの特徴をまとめるとこんな感じ。

  最大40,000ポイントが貰える

  プログラム利用料は0円

  次回機種変更時に旧機種が回収される

  毎年最新のiPhoneに機種変更できる

特典内容

本プログラムの特典はポイントになります。このポイントは、旧機種の機種代金の一括清算や新機種の機種代金の割引に充てることが可能です。

なお、機種購入後の経過月によって、貰えるポイントが変わる点には注意が必要です。

<経過月毎の還元ポイント数>

13ヵ月14ヵ月15ヵ月16ヵ月17ヵ月
40,00038,00036,00034,00032,000
18ヵ月19ヵ月20ヵ月21ヵ月22ヵ月
 30,000 27,00023,00019,00015,000
23ヵ月 24ヵ月25ヵ月 –
 11,0009,0009,000

すまっち
後述するけど、13ヵ月目を逃すとどんどん特典が劣化するので注意が必要!

加入条件

加入条件は以下の通り。

  • Xi契約であること
  • 対象機種を購入すること

対象機種は、iPhone8/8 Plus
 

特典付与条件

特典のポイントを貰う条件は以下の通り。

  • 12ヵ月以上同一機種でプログラムを継続
  • 13ヵ月目以降に新機種に機種変更
  • 機種変更時に旧機種を正常な状態で回収

特に注意が必要なのが、新機種に機種変更する際に、旧機種がドコモに回収される点です。要は下取りなので、手元に旧機種は残りません。

こちらについては詳細を後ほど説明します。

ドコモで最大10万円お得に機種変更する方法

ドコモオンラインショップ

「機種変更応援プログラムプラス」は端末購入時(新規・機種変更)にしか加入できません。機種変更する場合ですが、ドコモ公式のオンラインショップを利用することをオススメします!

ドコモオンラインショップで機種変更すれば、簡単に1万円以上がお得になるメリットがありますし、自宅で機種変更できるのでショップでの手続き時間が2〜3時間短縮できます。

機種変更するなら、ぜひオンラインショップをご利用ください!使わないと損します!

ドコモで機種変更する方は、ドコモ公式のオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメです!

僕はショップで頭金という名の手数料8,640円を取られ、待ち時間・手続きも合わせて2時間半もかかりました・・・オンラインショップを使わないと、本当に損します!

  • 頭金5,000円〜1万円が不要
  • 機種変更手数料2,000円が不要
  • 待ち時間は一切ナシ!

参考 ドコモオンラインショップ

参考 安い?ドコモの機種変更を10万円お得にする5つの方法を解説!

機種変更応援プログラムプラスの注意点

注意点をまとめるとこんな感じ!それぞれ説明します。

  旧機種が回収される

  時間が経つにつれポイントが減額

  月々サポートの適用回数が減る

旧機種が回収される

本プログラムで特典のポイントを貰う場合、旧機種はドコモに回収されてしまうため、手元に残りません。

また、回収の際は機種が正常であることが条件のため、正常とみなされない場合はポイントが貰えない点に注意が必要です。

回収条件は以下のようなものがあります。

  • ネットワーク制限がかかっていないこと
  • 故障・水漏れ・著しい破損がないこと
  • メモリ・データが消去できること
  • 改造していないこと
  • 電源ボタン・バッテリー等があること

参考 ドコモの下取り条件

時間が経つにつれポイントが減額

ポイントを貰うためには対象機種購入後13〜25ヵ月目の間に、新機種へ機種変更する必要がありますが、時間が経つにつれどんどんポイントが減額します。

後ほど解説しますが、どうせ機種変更するなら13ヵ月目でポイントが最大に貰える状態で機種変更することをオススメします。

逆に25ヵ月目などで回収に出しても、9,000ポイントしか貰えないため、その場合は本プログラムを利用しない方がよい可能性が高いです。

というのも、その時期にオークションや街の下取り屋さんで売れば、9,000円以上の値が付く可能性が高いためです。安くドコモに回収される必要はありません。

すまっち
プログラムに加入しても、回収が必須というわけではないよ!特典を使わない選択も可能!

月々サポートの適用回数が減る

例えば、13ヵ月目に機種変更した場合、月々サポートは12回分(全24回)しか適用されません。

iPhone 8(64GB)の機種代金と月々サポートは以下の通り。

機種代金3,699円×24ヵ月
(総額88,776円)
月々サポート−2,376円×24ヵ月
(総額57,024円)
実質負担金1,323円×24ヵ月
(総額31,752円)

本来、丸々2年間機種を利用すれば、iPhone 8(64GB)の実質負担金は31,752円になります。

もし、月々サポートを12回の適用(計-28,512円)で機種変更した場合、iPhone 8の実質負担金は60,264円になり、自分で負担する金額が増えます。

要は、月々サポートの割引が満額使えないので、少しもったいないという話。

ただし、本プログラムの場合は、代わりにポイントが最大40,000円貰えるので、それを加味すると、実質負担金は下がります。

例えば、13ヵ月目に機種変更するのであれば、20,264円が実質負担金になります。

決して損というわけではありませんが、丸2年使えば実質負担金が3.1万円で機種が手元に残りますし、その機種を売れば2万円になったと仮定すると負担金は約1万円となります。

したがって、結局はお金を重視するか、新しいiPhoneにいち早く機種変更するか、どちらを重視するかによって、このプログラムの価値が変わります。

  1.  1年で機種変更でき、実質負担金は約2万円
  2.  2年間機種を利用し、実質負担金は約1万円

すまっち
ちなみに僕なら、実質負担金が少し高くてよいので、1年で機種変更をします!

機種変更応援プログラムプラスはお得か?

ドコモ 機種変更応援プログラムプラス

ここまで「機種変更応援プログラムプラス」の内容等について説明してきました。それで結局、「機種変更応援プログラムプラス」とはお得なのでしょうか?

結論から言うと、「機種代金次第では、まぁまぁ使えるプログラム」だと言えます。

例えば、iPhone 8(64GB)であれば、1年後に最新のiPhoneに機種変更できて、40,000ポイントを貰えば、旧機種の実質負担額は約2万円で済みます。

手元に残らないのに実質負担額2万円であることに対して抵抗感がある人もいるかもしれませんが、その点に関しては個々人の感覚かなと思います。

僕の場合は、2年もスマホを使うとバッテリーや処理が劣化してかなりストレスを感じるので、手元にiPhoneが残らなくても構わないので、毎年機種変更して新iPhoneが欲しいと考えます。

加入した方がよいか?

これは間違いなく、加入した方がよいです。というのも、「機種変更応援プログラムプラス」は加入するだけならデメリットが無いためです。

プログラム利用料も0円ですし、加入してプログラムを利用しない選択も可能です。なので、対象機種を購入する際は、とりあえずプログラムに加入しておくことをオススメします。

機種変更応援プログラムプラスと下取りはどちらがお得?

このプログラムがお得かどうかを考える際に、「1年後に自分で下取りに出した方がお得では?」という疑問が湧いてきます。

結論から言うと、下取りに出した方が金銭的にはお得になる可能性が高いです。さらに言えば、機種代金が高ければ高いほど、下取りの方がお得になります。

例えば、iPhone 8(64GB)をiPhone 8発売1年後の2018年10月頃に下取りに出した場合、恐らく下取り価格は4〜5万円程度になると思われます。

状態や付属品の有無、オークションなのか街の下取り屋なのか、で下取り金額は大きく変わりますが、ヤフオクのiPhone 7の価格(2017年9月時点)を参考にすると、4〜5万円が濃厚です。

そうなると、本プログラムよりも金銭的なメリットが大きくなります。

また、iPhone 8 Plusのように高額な機種の場合でも、本プログラムの場合は40,000ポイントにしかなりません。

機種が高ければ高いほど、普通に下取りしたり売った方がお得になるので、本プログラムを利用するかどうかは、その時の市場の下取り金額が4万円以上であるかどうかを確認しましょう。

参考 iPhone 7(32GB)のヤフオク落札相場

正直、オークションに出したり、街の下取り屋さんに売る場合は面倒だったり、トラブルになる可能性もあるので、そういうのが嫌な人は、本プログラムでドコモに回収させるのも一つの手です。

すまっち
機種の下取り相場が4万円以上の場合、プログラム利用の方が損する可能性があるので要注意!

機種変更応援プログラムプラスはどんな人にオススメか

機種変更応援プログラムは以下のような人にオススメです!

  毎年iPhoneを機種変更したい人

  街の下取りやオークションが面倒な人

  下取りの相場が4〜5万円以下の場合

すまっち
加入しても損することはないので、とりあえずプログラムには加入しよう!

機種変更応援プログラムプラスのメリット・デメリット

最後に、メリット・デメリットをまとめます。

<メリット>

  • 毎年最新のiPhoneにお得?に機種変更可能
  • 加入しても損することはない
  • オークションや下取りの手間が省ける

<デメリット>

  • 機種が回収される
  • 下取り価格が高額な場合は損
  • プログラムを覚えておく必要がある

すまっち
13ヵ月目に近づいたら、ドコモからメールでお知らせしてくれるようです!

まとめ

以上、「機種変更応援プログラムプラス」の解説でした!正直、iPhone 8(64GB)であれば、プログラムに加入して1年後に最新のiPhoneに機種変更しても良いと思います!

逆にiPhone Plusなどは機種が高額なので、本プログラムを利用すると損する可能性もあります。

全ては市場の下取り価格次第なので、それを確認しつつ、本プログラムをご利用いただければと思います!

ドコモで機種変更するなら、ドコモ公式のオンラインショップがお得!

ドコモで機種変更する方は、ドコモ公式のオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメです!

僕はショップで頭金8,640円を取られ、待ち時間・手続きも合わせて2時間半もかかりました・・・オンラインショップを使わないと、本当に損します!

  • 頭金5,000円〜1万円が不要
  • 機種変更手数料2,000円が不要
  • 待ち時間は一切ナシ!

参考 ドコモオンラインショップ

参考 安い?ドコモの機種変更を10万円お得にする5つの方法を解説!

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!