使ってみた!Speed Wi-Fi HOME L01sを徹底レビュー!評判・評価・口コミも紹介

シェアしてもらえると嬉しいです!

l01s

スマホの通信速度制限ってめちゃくちゃストレスが溜まりますよね。

スマホの通信速度制限を回避するためには、動画を観る時などはWi-Fiを利用するのが一般的な対策。

そうなると、自宅に光回線を契約するか、ポケットWi-Fi(WiMAX)などを契約する必要がありますが、光回線を開通させるとなると工事・調整が必要になります。

そう、めっちゃめんどくさいんです・・・さらに、見知らぬ工事の人を家に入れることにも抵抗があります。

でも、今回紹介する「Speed Wi-Fi HOME L01s」というホームルーターをなら、端末が届いたら電源を挿すだけで簡単にWi-Fiが利用可能

しかも、申込みをした最短当日(配送の場合は最短翌日)から開通するので、すぐに使えるメリットもあります。

本記事では、そんな便利なSpeed Wi-Fi HOME L01sについて、実際に使ってみたレビュー・感想、メリット・デメリット、評価・評判・口コミ、損せずに申し込む方法、を徹底解説します!

すまっち
年間4万円も通信費を節約する方法も紹介しているので、最後まで読んでくれると嬉しいです!

スポンサーリンク
広告

Speed Wi-Fi HOME L01sのレビュー・感想

今回は以下の項目について検証してみたので、それぞれレビューします!

なお、以降は「Speed Wi-Fi HOME L01s」を「L01s」と呼びます。

Speed Wi-Fi home L01sのレビュー項目

  • 料金
  • デザイン
  • 初期設定・操作
  • 通信速度・PING
  • 通信エリア
  • 通信速度制限
  • 電波の安定性
  • ゲーム(アプリ・据え置き)
  • 動画・漫画・雑誌

なお、今回は使用したプロバイダは、僕も契約している「Broad WiMAX」になります。

Broad WiMAXの特徴については以下サイトをご参考ください!

参考  Broad WiMAXの特徴

光回線よりも月額料金・初期費用が安い

l01s 月額料金 WiMAX

月額料金は光回線よりも安く、L01sの場合は初期費用(工事費・ルーター代)が不要なのが特徴。

《L01sの月額料金》

開通月1-2ヵ月3-24ヵ月25ヵ月〜
2,726円
[日割り]
2,726円3,411円 4,011円 

※ギガ放題プラン加入時の料金

参考までに、ドコモ光の月額料金は以下の通り。

マンションタイプA4,000円
マンションタイプB4,200円
戸建タイプA5,200円
戸建タイプB5,400円

さらに、光回線の場合は工事費などの初期費用がかかりますが、WiMAXはそれがかかりません。

費用光回線WiMAX
工事費16,200
〜37,500円
0円
ルーター代約5,000円
合計21,200
〜42,500円
0円

※工事費はドコモ光、au光の例

すまっち
WiMAXであれば、工事費などの初期費用は一切かからず、月額料金も光回線よりも安いのが特徴!

デザインはシンプルでコンパクト

l01s サイズ(左:W05、右:L01s)

L01sのデザインはシンプルで部屋のコーディネートにも馴染みやすく、また、サイズも比較的に小さいので邪魔になることはありません。

W05と比べると大きく見えますが、実際はかなりコンパクトなのが特徴!

初期設定・操作は直感的には分かり難い

WiMAXの初期設定は簡単なのですが、通常のポケットWi-Fiだと端末に液晶画面があり、それが使えるので直感的に操作ができます。

しかし、L01sの場合は端末に液晶画面がついていないので、初期設定は説明書を見ながら、操作は公式アプリ(Huawei HiLink)を利用する必要があります。

初期設定ですることは、①au ICカード(SIMカード)を挿す②電源を入れる③端末の裏面に記載のある「SSID」「暗号キー」を確認する④Wi-Fi接続したい端末で③の情報を入力する、の4つだけ!

初期設定方法にせよ、公式アプリの使い方にせよ、説明ガイドを見れば誰でもできるほど簡単なので安心!

初期設定方法 l01s(初期設定方法が書かれた説明書)

l01s 説明ガイド(操作方法などが書かれた説明ガイド)

Modeボタンの利用には最新の注意が必要

L01s Modeボタン

L01sの端末の側面に「Modeボタン」がありますが、これを2秒以上長押しすると、通信モードが「ハイスピードプラスエリアモード」になります。

「ハイスピードプラスエリアモード」は使わない方がいいので、このボタンを2秒以上押すのはやめましょう!

もし、モードが切り替わるとLEDランプが緑から黄色に変わるので、黄色に変わっていたらModeボタンを2秒以上押して緑に変えるようにしてください。

「ハイスピードプラスエリアモード」とは、LTEの電波が使えるので最高に繋がるのですが、月間データ量が7GBまでしかありません。7GBを超えると、モードを元に戻しても当月中は通信速度制限になって全く通信できなくなるので、基本的には使わないことをオススメします。

通信速度は速く、PING値も安定している

アレっち
L01sの通信速度はどうですの?

すまっち
通信速度は平均的に50Mbps以上は出て、特徴的なのがPINGの安定性だよ!

Speed Wi-Fi HOME L01sの最大通信速度(理論値)は以下の通りです。

下り
(ダウンロード)
440Mbps
上り
(アップロード)
30Mbps

※いずれもWiMAX2+利用時

実際に、「Speed Wi-Fi NEXT W05(下り最大588Mbps)」 と通信速度・PINGを比較してみるとこんな結果に。

 L01sW05
下り8995
上り1515
PING3572

※東京都内の平日10時台の計測結果
※小数点以下は切り捨て

実際の計測画面はこんな感じ。左がL01s、右がW05になります。

l01s w05 速度比較

W05の方が下り最大速度が速いので、そこは負けてしまいますが、大きな差は出ませんでした。

L01sならドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯回線よりも通信速度が出るのが特徴。

さらに、もっとも特徴的だったのがPING値。

L01sは端末が大きく電波の強度が強いせいか、W05よりもPING値が安定しており、PING値は安定して50以下を出していました

つまり、オンラインゲームをするならWiMAXの中では優れた端末ということ!

PING値とは、サーバーとの反応速度を表します。この値が低ければ低いほど、サーバーとの反応速度が速くなります。一般的には、PS4などのオンラインゲームではPING値100未満が推奨されており、50以下で問題なくプレイ可能。

ちなみに、WiMAXは屋内で弱いと言われていますが、自宅の風呂場(かなり屋内)でも通信が安定していました。

実際に、風呂場の浴槽に浸かりながら速度測定した結果は以下の通り。

左がL01s、右がW05で、先ほど同様にL01sの方がPING値・上り速度ともに安定しているのが分かります!

L01s W05 速度比較 屋内

まとめるとこんな感じ!

L01sの通信速度とPING値の特徴

  • 通信速度は平均50Mbpsは出る
  • PING値がかなり安定して良いスコアが出る
  • ドコモなどの携帯回線よりも通信速度が速い
  • W05などのポケットWi-Fiよりも電波が安定

すまっち
L01sは電波の強度が強いせいか、W05よりも電波が安定している印象を持ちました!

通信エリアはLTEよりも狭い

WiMAXはの「ギガ放題プラン」はデータ量が無制限の代わりに、通信エリアがLTEよりも狭いのがネックになっています。

したがって、WiMAXを契約する前には、自分の自宅や行動エリアがWiMAX2+の圏内かを必ず確認する必要があります。

これ絶対にやりましょう!

参考  WiMAXのエリアを確認する

ちなみに参考までに、東京・千葉・埼玉・神奈川のWiMAXの電波はこんな感じで、ほぼ電波が繋がります(ピンク色が電波圏内)。

WiMAX 通信エリア(白い部分は山など。WiMAXは山での電波が弱い)

ちなみに、LTEとWiMAXの電波の違いは以下の記事の途中で解説しているので、こちらもご参考ください!

「ネクストモバイル」はポケットWi-Fiの中では最強の電波なので、電波が不安な人はネクストモバイルがオススメ!しかも安いのが特徴!

参考  ネクストモバイル

ども、ソフトバンク本社でポケットWi-Fiのプランの企画・検討、通信制限に関する施策の企画・実行をしていた、すまっちです! そんな経験...

すまっち
僕は東京都内でWiMAXを毎日使っていますが、WiMAXの電波には満足しています!

3日間で10GB以上使うと翌日夜の速度が制限される

WiMAXは無制限なので月間で何ギガでもデータが使えるのですが、その代わりに3日10GB制限という制限があります。

3日10GB制限とは、3日間の通信量が10GBを超えた場合、翌日の18時〜2時まで通信速度が1Mbpsに低速化する制限を意味します。1Mbpsとは、YouTubeの標準画質が再生できて、ネット検索が普通にできる水準の速度です。

この3日10GB制限された場合でも動画・ネット検索ができる速度ではありますが、ぶっちゃけ使い勝手が悪くなるのが率直な感想です。

ネット検索時のページの読み込み、画像の表示が落ちるので、そりゃあ使いにくくなりますよね。

詳しくは以下の記事にて解説したので、興味がある方は以下もご参考ください。

スマホのデータ容量が20GBでは全然足りないので、先日WiMAXを契約しました。 WiMAXは「ギガ放題」という月間容量が無制限のプランが...

ただ、3日間で10GB以上使うのは結構大変なので、そもそも制限されること自体あまりありません。

実際、僕は動画、漫画、PS4のオンラインプレイなどをWiMAXで使っていますが、3日間で10GBを超えることはほとんどないです。

ただし、テレビ・パソコンで高画質設定で動画を視聴するとデータの消費が激しく、その場合は3日10GB制限になる可能性が高くなるので、注意しましょう!

スマホで動画を見まくる分には大丈夫です。

ちなみに、先ほど紹介したネクストモバイルであれば、3日10GB制限は一切ありません!

興味がある人は、以下の記事を開いておき、後ほどご参考ください。

参考  ネクストモバイル

ども、ソフトバンク本社でポケットWi-Fiのプランの企画・検討、通信制限に関する施策の企画・実行をしていた、すまっちです! そんな経験...

すまっち
3日10GB制限になっても制限されるのは翌日18〜2時まで、しかもYouTubeの標準画質は視聴可能、ネット・SNSもできる速度ではあるよ!スマホの速度制限よりは断然緩い!

複数台で通信しても電波が安定

l01s メリット

L01sはホームルーターですが、W05などのようなポケットWi-Fiとは異なり、5GHz帯と2.4GHz帯を同時に利用できます。

一度に同じ帯域の電波を使う人・端末が増えると、通信は不安定になる特性があります。

例えば、花火会場、フェスなどの人の多い場所は通信ができなくなりますよね。

それと同じ考えで、自宅でWi-Fiを使う端末が増えても、L01sの場合は二つの帯域を使い分けることができるので、その分だけ安定して電波を利用することが可能!

すまっち
Wi-Fiに繋ぐ人、繋ぐ端末が多い場合はホームルーターがオススメ!というか、W05に比べて唯一のメリットがこれです(笑)

ゲームはスマホもPS4などの据え置き型もどちらも問題なし

アレっち
L01sでは快適にゲームができますの?
すまっち
スマホアプリもPS4などの据え置き型も問題ないよ!

Speed Wi-Fi HOME L01sでスマホゲームの「荒野行動」、PS4の「モンスターハンターワールド」「ドラゴンボールファイターズ」のオンラインプレイを試しましたが、全く問題ありませんでした!

もちろん、自宅などのWiMAXの電波状況によりますが、東京都内の自宅でプレイした限りでは快適にプレイ可能。

実際、先ほどのPING値を見てもらえれば分かる通り、PS4・任天堂スイッチなどのオンラインプレイをするには十分なPING値が出ています。

PS4 WiMAX(W05よりもL01sの方が安定してゲームができる)

すまっち
ただし、3日10GB制限で速度が低速化している場合は、オンラインゲームのプレイは厳しいよ!

動画・漫画・雑誌も問題なく利用できる

アレっち
L01sで動画を再生したり、漫画・雑誌を読んだ場合の使い勝手はどうなの?

すまっち
これは全く問題なく、快適に利用できるよ!

僕は動画、漫画、雑誌をタブレットやスマホでよく使うのですが、L01s経由で使っても何ら問題ないことを確認しました。

通信速度が平均50Mbpsは出ているので、携帯回線で使うよりも快適!

ただし、3日10GB制限にかかると、翌日18時〜2時までは通信速度が1Mbpsになるので、YouTubeに関しては標準画質しか視聴できなくなる点は注意が必要です。

すまっち
月間データ量は無制限なので、スマホで動画をたくさん見る人にはWiMAXはオススメ!

Speed Wi-Fi HOME L01sのメリット・デメリット

使ってみた感想として、メリット・デメリットをそれぞれまとめます。

ここではあくまで使用感に関するメリット・デメリットを書くに留めます!

まずはメリット。

L01sを使って分かった5つのメリット

  • 自宅限定ならW05等よりも速度・PINGが安定
  • 複数の端末でWi-Fi利用しても通信が安定
  • 工事不要なので申込み後すぐに使える
  • 通信速度が高速で平均50Mbpsは出る
  • 初期設定が簡単

次は短所。

L01sを使って分かった3つのデメリット

  • 外に持ち運んで使いにくい(自宅専用)
  • W05+クレードルとそこまで差がない
  • 液晶がないので直感的に操作しにくい

Speed Wi-Fi HOME L01sの評価

使ってみた評価をぶっちゃけると、W05(W04)などのポケットWi-Fi型の端末でええやん、というのが本音!

L01sのメリット自体はあまりないんですよね。

強いて言うなら、2つの周波数帯域を最大40台で接続可能、通信速度・PING値がW05などよりも安定、という点。

これだけであれば、W05(W04)+クレードルでも十分かなぁと思いました。

もちろん、外に一切持ち運びする予定がないのであればL01sでOKですが、一人暮らしで利用するなら絶対にポケットWi-Fi型をオススメします!

(クレードルとは下の台のような機器を指します)

ちなみに、W05(W04)のようなポケットWi-Fi型であれば、賢く契約すれば月1,000円以下で利用することも可能!

僕はこの方法を使って、年間4万円近くの通信費(光回線代+スマホ代)の節約に成功したので、以下の記事もぜひご参考ください!

一人暮らしの際のインターネット代を年間4万円も安くする方法を紹介します。

もし、ポケットWi-Fiか光回線か悩んでいる場合は、以下の記事もご参考ください!

ども、元ソフトバンク社員のすまっちです! 以前はポケットWi-Fiのプランを検討・企画したりしていたので、ポケットWi-Fiには結構詳...

すまっち
L01sはW05よりもPINGが安定しているので、PS4・任天堂スイッチなどでオンラインプレイをする人にはL01sの方がおすすめ!

Speed Wi-Fi HOME L01sの評判・口コミ

L01sのツイッターでの評判・口コミをまとめてみました!

ポジティブな評判・口コミ

ネガティブな評判・口コミ

すまっち
余談ですが、L01sとL01の差はほとんどありません。カシモWiMAXの場合はL01の方が月額料が安いので、その場合はL01を契約することをオススメします!

Speed Wi-Fi HOME L01sの損しない申込み方法

L01sを契約するなら、オススメは月額料の安い「Broad WiMAX」です!以下の公式サイトから3分で簡単に申込みが可能!

公式  Broad WiMAX

オプション2つに加入すれば(加入後すぐに解約してOK)、初期費用18,857円が割引されます。さらに、端末代金は全て0円!

繰り返しになりますが、以下公式サイトからWiMAXの通信エリアを確認できるので、契約前には必ず通信エリアを確認するようにしましょう!

参考  WiMAXのエリアを確認する

申込み時、電話申込みをすると、スタッフに都合のいいように契約されるリスクがあるので、必ず公式サイトからご自身で申込みすることを強くオススメします。

契約時のポイントは以下の通り!

Broad WiMAX契約時のポイント

  • プランは「ギガ放題プラン」を選択
  • W05選択時はクレードルはあった方がいい
  • 充電器はどこにでも売っているので不要
  • 初期費用を無料にするためにオプション2つに加入

なお、初期費用18,857円が無料になるためには、クレジットカード払いが必須です。

クレカを持っていない人は、Biglobe WiMAXがオススメ!こちらはBroad WiMAXほど安くはありませんが、15,000円以上の現金キャッシュバックがあるのが特徴。

公式  BIGLOBE WiMAX

まとめ

以上、Speed Wi-Fi HOME L01sを使ってみたレビューでした。

Speed Wi-Fi HOME L01sの魅力をまとめるとこんな感じ!

L01sの5つの魅力

  • 自宅での通信がポケットWi-Fi型よりも安定
  • 特にPING値が良いので、オンラインゲーム向き
  • データ容量が無制限なのでネットし放題
  • 工事不要なので申込み後すぐに使える
  • 光回線よりも月額料・初期費用が安い

僕は毎月の通信費が年間で4万円程度の節約ができるW05のようなポケットWi-Fi型をオススメしますが、自宅の利用に限定するのであれば01sもアリ!

参考  Broad WiMAX

もし、何か相談がある場合はツイッター(@sumaare99)までご連絡ください!

以下の記事もよく読まれています。自宅がWiMAXの電波圏外の場合は、電波最強のネクストモバイルがオススメ!

一人暮らしの際のインターネット代を年間4万円も安くする方法を紹介します。
ども、ソフトバンク本社でポケットWi-Fiのプランの企画・検討、通信制限に関する施策の企画・実行をしていた、すまっちです! そんな経験...
スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!