買ってみた!Xperia XZ1のレビュー・感想・評価!デメリット・欠点も解説

シェアしてもらえると嬉しいです!

Xperia xz1 デザイン

先日、Xperia XZ1(SO-01K・SOV36・701SO)を購入しました。

普段はiPhoneをメイン機として使っているので、久しぶりのAndroidのハイエンドモデルの購入になり、物珍しさに毎日遊び倒しています。

Xperia(エクスペリア)はAndroid端末の中で最も人気があるシリーズなので、機種変更を考えている人も多いはず。しかも、今回はドコモ、au、ソフトバンクと3キャリアでの発売。

ということで、本記事ではXperia XZ1(SO-01K・SOV36・701SO)の、実際に使ってみた感想、レビュー、評価、評判・口コミ、メリット・デメリット、お得に購入する方法、などを徹底的に解説したいと思います!

Xperia XZ1の購入を検討している人はぜひご参考ください!

スポンサーリンク
広告

Xperia XZ1の価格・機能について

Xperia XZ1の機種価格やスペック・機能については以下の記事にまとめましたので、興味がある方はこちらも併せてご参考ください!

あわせて読みたい

※上記の記事タイトルをクリックすると別タブで別記事が開きます

Xperia XZ1を買うならオンラインショップがオススメ

ドコモオンラインショップ

まず始めに、オンラインショップについてご紹介させてください。知らないと損をするので必ずご一読ください!

Xperia XZ1を購入するなら、各社公式のオンラインショップがオススメです!

オンラインショップとは、パソコンやスマホからスマホの機種変更ができるウェブ上のショップのようなものです。店に行かなくても、ネットで機種が購入でき、自宅にスマホを届けてくれたりします(店舗受け取りも可)。まさにネットショッピング。

なぜオススメするかと言うと、ドコモ・auではショップや量販店によっては、「頭金(持ち帰り手数料)」が設定されており、通常よりも機種代金が高くなっていることがあります。

実際に僕の最寄りのドコモショップでは8,640円(auショップでは5,400円)もの頭金が設定されていました。下の画像の赤枠の箇所が「頭金」です。

xperia xz1 au ドコモ 頭金(上:au、下:ドコモ)

この「頭金」ですが、実際には「頭金」ではなく手数料になります。機種代金とは別で設定されており、支払った金額はショップの収入となるので支払うだけ損!

オンラインショップであればこの頭金がないので、機種変更するならオンラインショップが安くて超オススメです!

頭金は高ければ5,400円〜10,800円が大体の相場で、ただでさえ高い機種代金がさらに高くなるので本当にご注意ください。

ちなみに、オンラインショップで機種変更した場合、以下のようなメリットがあります!ぜひ、以下のオンラインショップに一度アクセスしてみてください!

機種変更するなら、公式のオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメ!

  • 頭金(5,400円〜10,800円)が不要
  • 料金プランの強制加入がない
  • オプションの強制加入がない
  • 2~3時間かかる手続きの時間が不要

参考 ドコモオンラインショップ

参考 auオンラインショップ

参考 ソフトバンクオンラインショップ

すまっち
オンラインショップを使えば、ネットショッピング感覚でスマホの機種変更が可能!店に行く必要がないので、休日の2−3時間を無駄にすることはありません!

Xperia XZ1のスペックと基本機能

簡単にスペックと基本機能のおさらいをしておきます。

Xperia XZ1のスペック

スペックは以下の通り。

機種名Xperia XZ1
型番ドコモ:SO-01K
au:SOV36
ソフトバンク:701SO
カラーブラック
ウォームシルバー
ムーンリットブルー
ヴィーナスピンク
OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon 835
2.45GHz+1.9GHzの計8コア
アウトカメラ1920万画素
インカメラ1320万画素 
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 フルHD
(1920×1080)
バッテリー容量 2700mAh
充電時間約160分
RAM 4GB
ROM64GB 
SDカード最大256GB
重量156g 
サイズ
[高さ×幅×厚さ]
148mm×73mm×7.4mm

スペックの詳細は以下のXperia XZ1のページからも確認ができます!

参考 ドコモオンラインショップ

参考 auオンラインショップ

参考 ソフトバンクオンラインショップ

Xperia XZ1の基本機能

対応している機能は以下の通り。

  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ
  • ワンセグ/フルセグ
  • Bluetooth5.0
  • VoLTE
  • 指紋認証
  • ハイレゾ

Xperia XZ1を使ってみた感想・レビュー

まずは基本的な操作性やパフォーマンス等に関するレビュー!この次にXperia XZ1特有の機能などについてレビューしています。

各項目の満足度をまとめるとこんな感じ!それぞれ簡単に説明します。

デザイン★★★★☆
携帯性★★★★☆
ボタン操作★★★★☆
文字変換★★★☆☆
レスポンス★★★★☆
画面表示・画質★★★★★
通話品質★★★★☆
音楽・音質★★★★★
バッテリー★★★☆☆
指紋認証★★★★★

デザイン(★★★★☆)

Xperia xz1 デザイン

メタル素材を使用しているため、高級感のある仕上がりになっています。また、継ぎ目をなくしたシームレスな形状で美しく、結構薄いのも特徴。

パっと見は完全なフラットデザインですが、側面は丸みを帯びています。ちなみに、カラーがブラックの場合は背面に指紋がつきやすいという声もあります。

すまっち
デザインは超カッコイイ!

携帯性(★★★★☆)

実際持ってみた感想としては、フラットなデザインかつ薄すぎるため、iPhoneの丸みを帯びた形状に慣れた僕としては、少し持ちにくさを感じました。

軽くて握りやすいのですが、Xperia XZ1をケースに入れずに裸のまま握っていると、滑って落としてしまいそうで不安になります。

特に、端末を横向きにして両手でカメラ撮影を行う際は、薄さと滑りやすさで少し持ちにくかったです。

これはメタル素材がスベスベしすぎるのが原因ですが、ケースに入れれば特に問題はないはず!Xperia XZ1向けのケースなら、手帳型かつスタンドにもなる以下のケースが人気です!

すまっち
iPhoneに慣れているので握りにくさを感じたけど、この辺は慣れの問題だと思います!

ボタン操作(★★★★☆)

ホームボタンはなく、右側側面に音量調整ボタン・電源ボタン・シャッターボタンの3つのボタンがあります。

特筆すべきは指紋認証機能を備えた電源ボタン。超便利なので、詳細については後述します。

ちなみに、スクリーンショットの撮り方は電源ボタンを1秒以上長押しして離するだけなので、片手でスクショを撮れるので地味に便利!

xperia xz1 スクリーンショット

すまっち
後述しますが、側面にある電源ボタンで指紋認証を行うのはかなり便利!

文字変換(★★★☆☆)

可もなく不可もなく。特に困ることはありません。

レスポンス(★★★★☆)

Xperia XZ1のレスポンス(処理能力)ですが、現時点のAndroid端末の中ではトップクラスに良いので特に不満を感じることはありません!

ネット検索時の画面のスクロール、文字入力、3Dモデルのゲーム、などいずれもストレスなく利用できます。高負荷がかかるゲームの利用にも適した端末です。

「ANTUTU」でパフォーマンスを測った結果は以下の通り。トータルスコアは約172000。

xperia xz1 パフォーマンス

参考までにその他の機種のパフォーマンスは以下の通りです。ぶっちゃけ、測定する度に数百の誤差は出るので、17,000-17,500はほぼ同じだと考えてもらって構いません。

iPhone パフォーマンス比較

引用:ANTUTU

実際に負荷の高い人気ゲーム『デレステ』を「3Dリッチ」でプレイしてみましたが、カクつくこともなく、発熱もほとんどなく、タップの反応も問題なく(遅延がなく)、超快適にプレイできました!すごい!

『デレステ』の「3Dリッチ」が問題ないくらいの処理能力なので、他の高負荷のかかるゲームも問題なくプレイができることが予想されます。

xperia xz1 デレステ

すまっち
パフォーマンスが良いということは、検索やゲームなどをしていてもカクつくことがなく快適に操作ができるということ!

画面表示(★★★★★)

Xperia XZ1はHDR対応ディスプレイで、フルHD(1920×1080)となっており、ソニーの「ブラビア」の高画質技術を活かしたディスプレイになっています。

そのため、ディスプレイの画質は非常に綺麗であり、iPhone 8等と比較してもその映像美を実感できます。

例えば自然の写真を表示した際、Xperia XZ1の方が色がより鮮やかに表示されます。また、明暗差もくっきりでます。

HDR対応の画面とそうでない画面の見え方の違いは、以下のような感じ。HDRの方が鮮やかであることが一目瞭然!

xperia xz1 hdr

初期設定では、画面が黄色味を若干帯びていますが、設定からホワイトバランスで青みを調整することで解消できます。

すまっち
HDR対応ディスプレイなので、色が非常に鮮やか!風景や料理など、色鮮やかなものがより鮮明に! 動画や写真を見るのに最適なディスプレイです!

通話品質(★★★★☆)

特に気になる点はありません。

音楽・音質(★★★★★)

詳細は後述しますが、ハイレゾ再生+デジタルノイズキャンセリングに対応しているため、クリアで高音質な音楽視聴が楽しめます。

ハイレゾ対応のイヤホンを購入して音楽を聴いてみたのですが、iPhone 8やiPhone Xと全然違う音質でビックリしました・・・さすがソニー!

バッテリー(★★★☆☆)

バッテリーについては特に不満はなく、バッテリーが結構持つ印象を受けました。ゲームを長時間プレイしていても発熱を感じることも特にありません。

また、バッテリーを長持ちされる機能として「STAMINAモード」があり、これを使えば3段階の節電レベルから節電度合いを選択でき、簡単にバッテリーの節約が可能になります。

「STAMINAモード」の画面イメージは以下のような感じ。

xperia xz1 staminaモード

Xperia XZ1のバッテリー関連で一つ注意が必要なのは、充電器の規格は「microUSB」ではなく、「USB Type-C」になります。

スマホに挿し込む部分の形が異なるので、そこで見分けてください。Type-Cの場合は端子の上下に区別がないので、どちらの向きからでも差し込むことがでるのが特徴!

xperia usb type-c (USB Type-C)

micro usb(Micro USB)

充電器は別売りなので、もしUSB Type-Cを持っていない方は購入しておくことをオススメします!以下のUSBが高評価で人気!

指紋認証(★★★★★)

xperia xz1 指紋認証

既に説明したとおり、Xperia XZ1では電源ボタンが指紋認証の機能を兼ねています。

電源ボタンが絶妙な位置にあるため、Xperiaを握ると同時に右手の親指が電源ボタンと重なり、違和感なく指紋認証ができます。

左利きの人は左手でXperiaを握った際に人差し指が電源ボタンに丁度重なるので、左利きの人でも違和感なく利用できるはず。

認証精度についてはかなり高く、手汗をかきやすい僕でも問題なく利用できています(ただし、手汗が酷いとたまに認証に失敗しますが)。

Xperia XZ1特有の機能の感想・レビュー

ここからはXperia XZ1特有の機能や使い勝手について、それぞれ感想やレビューを説明していきます!

カメラ

xperia xz1 カメラ

Xperia XZ1を使ってみて一番驚いたのが、そのカメラの性能の高さ!上の画像は Xperia XZ1で撮影されたものですが、いかに綺麗かが一目瞭然!

メインカメラは驚きの1920万画素(iPhone Xは1200万画素)、インカメラでも1320万画素(iPhone Xは700万画素)。

もちろん、画素数だけではカメラの良し悪しを語ることはできませんが、画素数が大きいとそれだけ高繊細&高感度な写真撮影が可能になります。

初期設定では、カメラは1700万画素になっているので、1900万画素にしたい場合はカメラアプリの設定から変更する必要があります。

すまっち
 実際、旅行の際に風景を撮影してみましたが、iPhone 8/Xと比べてもその高画質と鮮やかさに驚きを隠せませんでした!暗い場所でも綺麗に撮れるのも最高!

先読み撮影

xperia xz1 先読み撮影

「先読み撮影」とは、カメラが被写体の動きや笑顔を検知すると、シャッターを押すまでに自動で3枚の写真を保存してくれる機能です。

通常であればシャッターを押した瞬間の写真しか残りませんが、「先読み撮影」機能ではシャッターを押した瞬間の写真1枚+その直前の写真3枚=計4枚の写真が撮影可能。

動きが予想しにくい子供の動き・笑顔、ペットの動き、動きのあるスポーツ、などを撮影する際に、めちゃくちゃ便利!

実際に「先読み撮影」されると以下のようなイメージになります。右下の画像が実際にシャッターを押した瞬間の写真になり、シャッターを押す直前の動きを撮影できていることが分かります。

xperia xz1 先読み撮影

すまっち
 実際に使ってみましたが、シャッターを押した瞬間よりも「先読み撮影」で保存された写真の方がベストショットだったりしたので、結構ビックリしました!

ハンドシャッター

xperia xz1 ハンドシャッター

「ハンドシャッター」とは、自撮りの際にカメラに手のひらを向けると、自動でシャッターを切ってくれる機能です。地味に便利!

スマホが大きいと自撮りの際に片手でシャッターを押し難く、若干ズレたりブレる可能性があります。

しかし、この「ハンドシャッター」を使えば、シャッターを押す必要がなくなるので、安定して綺麗な自撮りができます。

すまっち
 シャッターを3秒のセルフタイマーにすれば、カメラに向けた手のひらが撮影される心配もありません。

プレミアムおまかせオート

「プレミアムおまかせオート」とは、カメラで撮影する際に被写体を自動で認識して、撮影モードを自動で決定してくれる機能です。

この機能により、その撮影シーンに合った撮影モードになるため、より綺麗に写真撮影が可能になります。

例えば、料理を撮影する際、料理にカメラを向けると自動で料理モードに切り替わるので、料理の発色が鮮やかになり美味しく撮れます。

他にも、逆光を検知すれば逆光を防ぐ撮影モードになり、夜景を撮影する場合は暗さを軽減するように撮影されます!

撮影モードには、「料理」「夜景&人物」「夜景」「ドキュメント」「逆光&人物」「逆光」「風景」「マクロ」「赤ちゃん」などがあります。

実際のイメージとしては、以下の画像の赤枠箇所が、被写体によって変わる感じです。今回は被写体が料理なので、料理モードになっています。風景なら風景モードに自動で切り替わります。

xperia xz1 カメラ プレミアムおまかせオート

以下は「料理モード」で実際に撮影した写真です。Xperiaのカメラの性能の高さもあり、iPhone Xよりも色が鮮やかであることがハッキリ分かります!

xperia xz1 iPhoneX カメラ比較(左:Xperia XZ1で撮影、右:iPhone Xで撮影)

すまっち
 実際に使ってみた感想としては、モードの切り替え精度は結構高く、撮影シーンに合った写真撮影が可能になるので便利です!特に風景を撮る際、めちゃくちゃ綺麗に撮れます!

スーパースローモーション 

「スーパースローモーション」とは、動画をスーパースローで撮影できる機能です。目では見えないような決定的な瞬間をスローで撮影することができます。

イメージは以下の動画をご参考ください。

あると便利かもしれませんが、実際に使うことがなかったので、個人的には不要な機能かなと思いました。

参考  スーパースローモーションでの撮影方法

すまっち
面白い動画を作る時などに役立つかもしれません!人をビンタする瞬間を撮れば面白そう(笑)

3Dクリエイター

xperia xz1 3D

「3Dクリエイター」とは、人や物を3Dで撮影できる機能です。

撮影した3Dはアニメーションにしたり、アバターにしてARの世界で遊べたり、3Dプリントサービスを使ってフィギュアを作ったりできます。

個人的にはあまり面白みを感じないので、ほとんど必要性を感じない機能だと思いました。

すまっち
自分の顔や人の顔でキャラを作れるのは面白いかもしれませんが、作るのが面倒・・・

オーディオ (音楽再生)

xperia xz1 音楽再生

Xperia XZ1を使ってみてカメラと同じくらい驚いたのが、オーディオ(音楽再生)の性能の素晴らしさです。

Xperia XZ1はハイレゾ再生+ノイズキャンセリングに対応しているため、めちゃくちゃクリアで上質な高音質を楽しめます!

実際にiPhone Xなどと聴き比べてみましたが、もう全然違います。ハイレゾ再生であれば、より生の演奏に近い感じ。音がかなりクリアで綺麗に感じます。

ちなみにハイレゾ音源のイメージを表現すると以下のような感じ。より細かい情報量を表現できるのがハイレゾ音源の特徴。

xperia xz1 ハイレゾ

なお、ハイレゾ音源を楽しむためには、ハイレゾ対応のヘッドフォンやイヤホンが必要になります。

評価とコスパが良いのは以下のイヤホンで、僕もこれを買いました!満足度が高いです!

すまっち
ハイレゾ再生がこんなにも高音質でクリアだとは思いませんでした!最高!

おサイフケータイ

現在、使い勝手を検証中。

Xperiaアクション

xperia xz1 アクション

「Xperiaアクション」とは、日々の行動(「就寝中」「集中したい時」「通勤中」「ゲーム中」「海外に滞在中」)に適した設定ができる機能です。

例えば、「ゲーム中」であれば、以下のような設定が可能になり、ゲーム中の通知をブロックしたりできます。これは地味に便利!

xperia xz1 ゲーム中の通知をブロック

すまっち
設定方法は、「設定」→「アシスト」→「Xperiaアクション」だよ!

発熱

ゲームをしたり、動画を視聴したり、充電したり、色々なケースを試してみましたが、発熱を感じることはほとんどありません。

SNS共有

xperia xz1 インスタ

すごく些細なことですが、Xperia XZ1はインスタへの投稿のようなSNS共有が使いやすくなっています。

写真を開くと、左下に前回共有する際に利用したアプリのアイコンが表示されるので、例えば、インスタであれば、ワンクリックでインスタの投稿画面に移動できます。

すまっち
綺麗な写真が撮れるので、インスタのヘビーユーザーにはXperia XZ1はオススメ!

Xperia XZ1のメリット・デメリット

Xperia XZ1を実際に使ってみて感じたメリット、デメリットをまとめるとこんな感じ!

《メリット》

  • 鮮やかで綺麗な写真撮影が可能
  • 先読み撮影などカメラの機能が充実
  • ハイレゾ再生で音が綺麗
  • 動作・処理がカクつかず快適
  • 指紋認証が使いやすい
  • HDR対応なので画面表示が綺麗
  • 発熱がほとんどない

《デメリット》

  • 風景や料理を撮影した時の一部違和感
  • 端末が滑るので落としそうになる

デメリットに関してはほとんど無いように感じます。欠点を探すのが難しい・・・

当初、カメラで撮影すると「歪み」が発生する不具合が報告されていましたが、これについてはOSアップデートで改善したと言われています。

実際、僕はXperia XZ1を使っていて「歪み」を感じたことはありません。

ちょっと気になる点を挙げるとすれば、カメラで風景や料理を撮影してそれをアルバムで表示する際、徐々に画像が鮮明になる点が挙げられます

特に「風景モード」で撮影した場合に顕著で、写真を開いた時は若干ぼやけており、数秒後に超綺麗で繊細になります。ジワジワと鮮明になるイメージ。

これがXperia XZ1の問題なのか、OSの問題かは分かりませんが、iPhoneなどではこのようなことにはならないので、少し違和感を覚えました。

最後に、Xperia XZ1は素材のせいか非常にスベスベしており、ケースに入れずに裸のまま利用していると滑りやすいのがネックです落とさないようご注意ください!

機種の特徴をもっと知りたい方は以下よりご確認ください!

参考 ドコモオンラインショップ

参考 auオンラインショップ

参考 ソフトバンクオンラインショップ

すまっち
全体的によくできた機種で、不満に感じることが少ない名機と言えます!

Xperia XZ1の評価・口コミ

SNSでのXperia XZ1の評価・口コミはこんな感じ!

XperiaXZ1を3週間近く使った感想「めちゃくちゃ電池もちイイ」

XperiaXZ1を一週間ほど使ってみた感想:Z5に比べると発熱する事がほとんど無い。デレステとか負荷が高そうなアプリ動かしても熱くならない上に目で見てハッキリ分かるレベルにレスポンスが上がってて凄いと思った(小並感)バッテリーとOSアプデがもてば5年くらいは使えそう

Xperia XZ1に機種変した感想

・動作はサクサクしててゲームにも支障がなく良い
・カメラは流石Xperia、とても良い
・特に夜や暗い場所でも綺麗に撮れるのはとても良い
・液晶に関しては少し黄色気味のような気がするが、ホワイトバランスを調節すれば無問題レベル
・それ以外は普通に綺麗です

Xperia XZ1を使って1週間が経ったので思ったことをつらつらと

・凄く動作が滑らかで快適
・本体スピーカーの音量が前機種よりも大きく音が聞き取りやすい
・スーパースローカメラが面白い

まだまだ弄ってそんなに経ってないので今のところはこんな感想です

ツイッターでのXperia XZ1の感想をもっと知りたい場合は、以下より感想・口コミが読めます!

参考  ツイッターでのXperia XZ1の口コミ

まとめ

以上、Xperia XZ1を使ってみた感想・レビューでした!現在、僕はiPhone 8とiPhone Xも両方使用しており、長年iPhoneを使っています。

Xperia XZ1を実際に買ってみて、めちゃくちゃ満足度が高いのでXperia XZ1をメイン機にするのもアリだなと考えています。

それくらい、Xperia XZ1を買って大満足。現時点でAndroidスマホを買うなら、自信を持ってXperia XZ1をオススメします!

最後になりますが、Xperia XZ1を購入するなら断然オンラインショップがオススメなのでぜひ利用してみてください!超お得!

機種変更するなら、公式のオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメ!

  • 頭金(5,400円〜10,800円)が不要
  • 料金プランの強制加入がない
  • オプションの強制加入がない
  • 2~3時間かかる手続きの時間が不要

参考 ドコモオンラインショップ

参考 auオンラインショップ

参考 ソフトバンクオンラインショップ

ドコモ、auで数万円お得に機種変更する方法を以下にまとめましたので、こちらも併せてご参考ください!

あわせて読みたい
スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!