安い?ワイモバイルの学割2018「タダ学割」を解説!注意点・デメリットも紹介

シェアしてもらえると嬉しいです!

ワイモバイル タダ学割 2018年

2018年の学割について、ワイモバイルが他社に先駆けて2017年12月より受付を開始しました!2018年の学割の名称はズバリ「タダ学割」。

ワイモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクより料金プランがシンプルで、しかもその3社よりもかなり安いのが特徴ですが、2018年の学割も本当にお得なのでしょうか?

今回はそんなワイモバイルの「タダ学割」について、特典内容、適用条件、申込み方法・申込みに必要なもの、実際にかかる月額料金、メリット・デメリット、注意点、評価・感想、などを解説します!

スポンサーリンク
広告

ワイモバイルのプランについて

本記事ではワイモバイルのプラン等についての解説はしていません。ワイモバイルのプランの特徴を知りたい方は以下の関連記事をご参考ください!

あわせて読みたい

※上記タイトルをクリックすると別記事が開きます

すまっち
ワイモバイルのプランは、通話定額+ネットし放題がコミコミの料金なので分かりやすいのが特徴!

ワイモバイルの「タダ学割」とは

ワイモバイル タダ学割

ワイモバイルの2018年度の学割である「タダ学割」について、まずはサービス内容を解説します。

ちなみに、「タダ学割」の受付期間は2017年12月1日〜2018年5月31日となります。

すまっち
タダ学割は、学生や子供のスマホデビューに最適です!かなり安い!

「タダ学割」の特典内容

ワイモバイルの2018年学割の特典は二つだけです。とってもシンプル!

  データ容量ずーっと2倍

  基本料が最大4ヵ月間無料

特典1:基本料タダ

ワイモバイル タダ学割 基本料タダ

スマホプランS/M/Lの基本料が最大4ヵ月間も無料になる特典です。無料期間については加入する時期によって異なります。

加入時期無料期間
2017年12月中4ヵ月間
2018年1月以降3ヵ月間

※いずれも加入当月から基本料が無料

すまっち
12月中に申し込んだ方がお得だよ!

パッと見、どれくらいお得か分かりにくいので、金額に換算してみます。計算方法は基本料×無料期間です。

無料期間プラン名称割引額
4ヵ月間 スマホプランS-7,920円
スマホプランM-11,920円
スマホプランL-19,920円
3ヵ月間  スマホプランS-5,940円
スマホプランM-8,940円
スマホプランL -14,940円

すまっち
契約当月は基本料が日割りされるので、実際は上記の金額はもう少し小さくなります。

留意すべきは、新規契約orのりかえ(MNP)の場合は「ワンキュッパ割」で1年間1,000円割引になり、それを踏まえて計算する必要があります。

プラン名称基本料
(1年目)
基本料
(2年目以降)
スマホプランS1,980円2,980円
スマホプランM2,980円3,980円
スマホプランL4,980円5,980円

参考  ワンキュッパ割とは

すまっち
最初の3〜4ヵ月間は学割で基本料が無料、残りの2年目になるまでの期間はワンキュッパ割で基本料が1,000円割引!

特典2:データ容量ずーっと2倍

ワイモバイル タダ学割 データ2倍

読んで字のごとく、契約しているプランのデータ容量がずっと2倍になる特典です。

具体的には、ワイモバイルには「データ容量2倍オプション(月額500円)」という毎月のデータ容量が2倍になるオプションサービスがあるのですが、このオプションの月額500円が「タダ学割」で無料になります。

各プランのデータ容量が2倍になった時の容量は以下の通り。

プラン名称従来の容量2倍した容量
スマホプランS1GB2GB
スマホプランM3GB6GB
スマホプランL7GB14GB

「ずーっと2倍」となっていますが、厳密には次回の機種変更まで2倍(オプション料金が無料)となります。ただし、スマホが故障して「故障安心パック」などを利用して機種変更・端末交換する場合は、特典は継続です。

すまっち
安いのにデータ容量がそこそこあるのがワイモバイルの学割の特徴!

「タダ学割」の適用条件

ワイモバイルの「タダ学割」が適用になる条件は以下の通り!

  申込み時の年齢が5歳以上、18歳以下

  スマホプランS/M/Lに加入すること

  新規契約 or のりかえ or 番号移行 

重要なのは、ワイモバイルの契約が「新規契約」「他社からののりかえ(MNP)」「ソフトバンクからの番号移行」であることです。

つまり、初めてワイモバイルを契約した人が対象で、既にワイモバイルを使っている人は対象外になります。既にワイモバイルの人は残念!

「ソフトバンクからの番号移行」とは、ソフトバンクからワイモバイルへのMNPを意味します。ワイモバイルはソフトバンクの子会社なので、「のりかえ」という言葉が使えないので、便宜上「番号移行」と呼んでいます。手続きもMNPと同じです。

すまっち
学割なので、学生(子供)が5〜18歳であることの証明が必要!

ワイモバイルの「タダ学割」の申込みについて

申込み時に必要なモノ

「タダ学割」に申し込む場合は新規契約になるので、以下のようなものが必要です。

  契約者と使用者(子供)の本人確認書類

  クレジットカード

  MNP予約番号(のりかえ時のみ)

まず、使用者とは契約するスマホを使用する人を意味します。この場合は、18歳以下の学生(子供)。

この学生(子供)の年齢を確認するために、契約者(例えば親)と使用者の本人確認書類が必要になります。

本人確認書類に使えるのは、「運転免許証」「健康保険証」「マイナンバーカード」「住民票+公共料金領収書」などが挙げられます。学生の場合は「住民票」「学生証」「学生手帳」などが使えます。

なお、ドコモ、au、ソフトバンクからののりかえ(MNP)の場合は、「MNP予約番号」も必要になります。

「MNP予約番号」は各社の窓口に電話をすると取得ができますが、予約番号を取得したら2日以内に申し込む必要があるので、学割に申し込む直前に取得しましょう!

MNP予約窓口の電話番号は以下の通りです。

携帯会社電話番号受付時間
ドコモ0120-800-000
09:00-20:00 
au0077-75470
ソフトバンク 0800-100-5533

もし、まだクレジットカードを持っていないという方は、以下の楽天カードをオススメします!

発行&利用するだけで5,000円相当のポイントがもらえるので、学割にプラスしてさらにお得です!既にクレカを持っている人もサブカードにぜひ!

クレジットカードなら楽天カードが超オススメ!

楽天ポイントがザクザク貯まる上に、年会費は永年無料!しかも、今だけ5,000〜10,000円相当のポイントがもらえます!

参考  楽天カード

「タダ学割」の申込み窓口

「タダ学割」は以下のいずれかで申込みができます。

  ワイモバイルショップ(取り扱い店)

  ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストアとは、ワイモバイルの公式サイト上でスマホの新規契約や機種変更ができるウェブ上のショップを意味します。

ショップに行かずに、ネットショッピング感覚でスマホの契約ができ、端末は自宅に配送してくれる仕組みになっています。超楽チン!

参考  ワイモバイルオンラインストア

すまっち
スマホやパソコンからスマホの契約ができるので、手間がかからず最高です!利用者がどんどん増えています!

「タダ学割」にお得に申し込む方法

「タダ学割」に申し込むなら、「ワイモバイルオンラインストア」での申込みが絶対にオススメです!

オススメする理由は以下の通り。

  2,3時間かかる手続き時間が不要

  プランやオプションの強制加入がない

  送料も無料

まず最初のメリットは、ワイモバイルショップに行く必要もなく、待ち時間や手続き時間も不要になる点です。

自宅にいながらスマホの契約ができるので、貴重な休日の時間も無駄になりません!

次に、これが一番重要なのが、店員からプランやオプションを強制加入させられることもありません!

ショップでは高いプラン(スマホプランL)に強制加入させられたり、オプションにたくさん加入させられたりすることが頻繁にあり、結果として毎月の携帯料金が高くなることがあります。

参考  ワイモバイルオンラインストア

実際、以下のツイッターの呟きはワイモバイルの店員のものです。オプションやセレクション(付属品)をたくさん付ける気満々ですね・・・ひどい。

以下のようなオプション強制加入に関する苦情ツイートもあります。

オンラインストアがどんなものかは、実際に以下より公式サイトを覗いてみてください!

参考  ワイモバイルオンラインストア

すまっち
不要なオプションには加入せず、毎月の携帯料金が高くなることを防ごう!

オンラインストアでの「タダ学割」の申込みの流れ

ワイモバイルオンラインストア 申込み方法

オンラインストアでの申込みの流れを簡単に説明するとこんな感じ!詳細は、オンラインストアの「ご利用ガイド」をご参考ください!

参考  オンラインストアのご利用ガイド

 《申込みの流れ》

01. MNP予約番号の取得
※「のりかえ(MNP)」時のみ必要

02. 以下のサイトより機種を選んで申込み
参考  ワイモバイルオンラインストア

03. 本人確認書類のアップロード
※運転免許証や学生証などの画像を送付
参考  本人確認書類のアップロード方法

04. 出荷完了メールが届く

05. 自宅に配送

オンラインストアで申し込む際の補足は以下の通りです。

契約者(20歳以上)とは別に、ご利用者情報欄に「タダ学割」の対象となるお客さまの情報を入力してください。(ご契約者とご利用者の本人確認書類が必要)
オンラインストアでは、キャンペーンの適用条件を満たす場合は自動的に適用となります。

すまっち
オンラインストアでの申込みは簡単です!分からない時は「ご利用ガイド」を読もう!

「タダ学割」適用で実際にかかる月額料金

ワイモバイル タダ学割

オンラインストアで端末を選択すると、簡単に月額料金をシミュレーションできるので、ぜひ一度利用してみてください!

参考  ワイモバイルオンラインストア

「タダ学割」でオススメの機種

ワイモバイル タダ学割 オススメ機種

僕がオススメする機種は以下の3機種です!

  iPhone 6s

  iPhone SE

  nova lite for Y!mobile

まず、iPhoneの高機能・高性能を求めるならiPhone 6sがオススメ!ただし、機種の実質負担金が月額1,944円と高いのが欠点。

次に、iPhone 6sよりは機能・性能が若干劣りますが、機種がコンパクトで持ちやすく、6sよりも安くしたいならiPhone SEがオススメ!機種の実質負担金も1,080円と比較的に安い!

最後に、Androidスマホになりますが、安くて使いやすいのがnova lite for Y!mobile!機種の実質負担金が0円なので、iPhone 6sよりも月額1,944円も安くなります。

安い割に使いやすく、価格.comでは非常に高評価(満足度が5点満点で4.64点)の端末になっています。

ワイモバイル nova lite

すまっち
とにかく安くしたいなら、nova liteがオススメ!iPhone SEはnova liteよりも1,080円高くなるけど、こちらもオススメ!

ワイモバイルの「タダ学割」の注意点

注意点をまとめるとこんな感じ!内容がシンプルなので、あまり注意点はありません。

  機種変更ではタダ学割に加入不可

  月末より月初に契約した方がお得

  店頭でのプラン・オプションの強制加入

  実際の請求金額はタダ(0円)ではない

「タダ学割」で最も気をつけるべきは、店頭で契約する際のプランとオプションの強制加入です。

基本料が最大4ヵ月間無料になるので、データ容量が一番大きくて基本料が高いスマホプランLの加入をスタッフは間違いなく勧めてきます。

実際、最大4ヵ月間は基本料が無料なのでスマホプランLに加入した方がお得なのですが、無料期間が終わった後は月額料が高くなるので、不要ならばスマホプランS/Mに変更しましょう!

SだとLより月3,000円安く、MだとLより月2,000円も安くなるので、決して侮れません。また、無理にオプションに加入させられないようにも気をつけましょう。

やはり、「タダ学割」の申込みはオンラインストアが断然オススメ!

参考  ワイモバイルオンラインストア

次に、「タダ学割」は月末よりも月初に申し込んだ方がお得です。

というのも、ワイモバイルのスマホプランS/M/Lは、新規契約月は基本料が日割り(使った日数分だけ課金)されます。

つまり、月末に加入するほど基本料が日割りされて安くなるので、その分無料になっても割引額が小さくなります。

せっかく無料になるのにもったいない!以下、いつ契約するかで基本料がどう変わるかの例となります。

《新規契約月のスマホプランMの基本料》

契約する日基本料
1日に契約2,980円
5日に契約2,483円
15日に契約1,490円
25日に契約497円

※月の日数が30日の場合
※ワンキュッパ割適用時

最後に、「タダ学割」で基本料は無料になりますが、実際の携帯料金の請求は0円ではありません。

というのも、機種代金の支払いがあるのでその分の料金が発生します。機種代金割引の「月額割引」という割引もありますが、これは機種代金には適用されないのでご注意ください。

すまっち
スマホプランLを勧められるはずなので、無料終了後はプランを変えないと月額料金が高くつくよ!

ワイモバイルの「タダ学割」のメリット・デメリット

メリット、デメリットをまとめるとこんな感じ!

《メリット》

  • 月額1,980円からスマホが持てる
  • 次の機種変更までデータ容量がずっと2倍
  • 学割もプランもシンプルで分かりやすい
  • 学生のスマホデビューに最適

《デメリット》

  • 機種変更では「タダ学割」に加入不可

すまっち
既にワイモバイルを使っている学生が機種変更で「タダ学割」に加入することはできません!

ワイモバイルの2018年学割の評価・感想

ここからは個人的な感想・評価です。評価を一言で言うと、「見せ方が上手い」の一言に尽きます。

「基本料が4ヵ月無料」「データ容量がずーっと2倍」と聞くとお得に聞こえますが、実は言うほどお得ではありません。

というのも、「基本料が4ヵ月無料」になる代わりに、無料期間中は「月額割引」の割引がほとんど適用されない可能性があるからです。

オプションに加入していればその料金に「月額割引」が適用されますが、オプションに加入していない場合は「月額割引」の割引く元がありません(機種代金は割引対象外)。

つまり、ワイモバイルからすると、基本料を無料にする代わりに、月額割引の割引がなくなる場合もあるので、実はそこまで割引コストがかかっていないということになります。

また、「データ容量がずーっと2倍」にする月額500円のオプションが無料になる特典についても、新規契約・のりかえ時は元々24ヵ月間無料になります。

元々「24ヵ月間無料」のものを「次の機種変更までずっと無料」と内容を変えただけなので、実は学割だけが特別というわけではないということです。

つまり何が言いたいかと言うと、キャンペーンのコストをあまりかけずに学割を作ったということです。

ユーザー観点ではお得であることに変わりはありませんが、会社視点で考えるとよくできたキャンペーンだと思います。

コストはかけずに、お得に見せられているので、上手く企画していると評価できるでしょう。本音はもう少しお得なキャンペーンにしてもいい気もしますが・・・

ワイモバイル「タダ学割」のまとめ

最後に「タダ学割」の内容をまとめるとこんな感じ!

  特典は「基本料タダ」と「データが2倍」

  プラン・オプションの強制加入に注意

  契約はオンラインストアが断然お得

  最安だと月1,980円からスマホが持てる

ワイモバイルは子供(学生)のスマホデビューを安く済ませたい場合に、非常にオススメできる携帯キャリアです。実質負担金が0円の機種を選べば月額1,980円でスマホが持てます。

そこそこのスマホを安く持ちたい人にピッタリな携帯キャリアなので、子供(学生)のスマホデビューにはワイモバイルをぜひ選びましょう!

実際の月額料金や購入できる機種については、オンラインストアで確認してみてください!

参考  ワイモバイルオンラインストア

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!