ワイモバイルのiPhoneの料金プランと注意事項を解説してみた

シェアしてもらえると嬉しいです!

ワイモバイルiPhone

ども、すまさん(@sumaare99)です!

ワイモバイル(Y!mobile)がiPhone 5sの取扱いを2016年3月4日から開始するとのことなので、今回はワイモバイルの料金プランを徹底解説します。

2世代前のモデルとは言え、iPhoneを安く持ちたい、これからiPhoneデビューしたい、といった人には結構おすすめできるので、ぜひご参考ください!「どんなプランなの?」「結局いくらなの?」といった疑問に応えられるような記事内容になっています。

実際の毎月の維持費が知りたい方は以下の記事も併せてご参考ください。ワイモバイルは適用キャンペーンによっては2年目や3年目で料金やデータ容量が変わるのですが、その辺を考慮して毎月の月額費をかなり分かり易くまとめています!

・iPhoneを安く使いたいけどMVNOは不安な人
・中学生〜高校生でスマホデビューしたい人
・ソフトバンクを使っていない人

スポンサーリンク
広告

ワイモバイル(Y!mobile)とは

ワイモバイルとは、イー・モバイルとウィルコムが経営統合してできた携帯キャリアです。経営統合後にソフトバンクによって吸収合併されたため、株式会社としてのワイモバイルは消滅し、ブランド名だけがワイモバイル(Y!mobile)という形で存続しています。

各携帯事業者の携帯ブランド名をまとめると以下です。

NTTドコモ KDDI SoftBank
ドコモ au

ソフトバンク
ワイモバイル

料金プランや料金サービスについて

ワイモバイルのスマートフォンの料金プランや料金サービスについて説明します。

スマホプラン(S/M/L)

スマホプランとは電話かけ放題とパケット定額サービスがセットになったプランです。

ドコモなどのスマホでは料金プラン+パケット定額サービス+インターネット接続料にそれぞれ加入する必要がありますが、ワイモバイルのスマホプランはそれらが込み込みになったプランとなっています。プランもS、M、Lの三つだけなのでとってもシンプルです。

各料金プランの内容は以下の通りです。完全かけ放題とは言えませんが、ドコモやauやソフトバンクに比べると安いです。

  Sプラン Mプラン Lプラン
基本料 2,980円 3,980円 5,980円
データ量 1GB 3GB 7GB
通話料 10分までの通話が300回無料

※いずれも2年契約時
※「スマホプラン割引」適用時(詳細は後述)

通話料について

スマホプラン(S/M/L)加入時、通話は10分までは無料です(月に300回まで)10分を超えた場合、それ以降は30秒毎に20円が発生します。また、300回以上通話した場合、それ以降の通話も同様に20円/30秒が掛かります。そのため、長時間電話する場合は10分毎に切って掛け直した方が通話料を節約できます。

もし、ドコモなどと同様に完全かけ放題を希望する場合は、「スーパー誰とでも定額」のオプションに加入すれば月1,000円で通話時間や回数を気にすることなく、かけ放題になります。10分×300回もあれば十分だと思うので、よほどの電話好きでなければ「スーパー誰とでも定額」は不要です。

電波・通信エリアついて

基本的には電波や通信エリアはソフトバンクと同様になります。昔とは異なりソフトバンクの電波もかなり改善したので、通信エリアについてはドコモやauと遜色がないです。

3日1GB制限について

スマホプラン(S/M/L)の場合、3日1GB制限は一切ありません。ドコモやソフトバンクのスマ放題と同様です。

快適モードと制限モードについて

ソフトバンク同様に、「快適モード」と「制限モード」があります。「快適モード」時はデータを自動購入することになるので、必ず内容を理解してからご加入ください。以下、別記事で「快適モード」と「制限モード」の違いを解説しましたので、ご参考ください。

速度制限時の解除料については、auやソフトバンクとは異なり500円/500MBとなっており、auやソフトバンクよりも若干安くなっています。

参考 うっかりすると危険!スピードモード、快適モードとは?

パケットマイレージについて

「パケットマイレージ」とは、Yahoo!のサービスを使えば使うほどマイルが溜まり、マイルに応じて速度制限の解除料が無料になるサービスです。Yahoo!のサービスを使えばデータが貰えるようなもの、とご理解ください。ちょっと珍しいサービスですね。

Yahoo!のトップページを利用したり、くじを引くだけでマイルが溜るので、最低ラインの0.5GBは結構簡単に溜る気がします。貰えるデータ量は0.5GB、1GB、5GB、無制限の四パターンがあり、いずれも特典付与の1ヵ月間だけ利用可能です。

参考 パケットマイレージについて

毎月の維持費について

ワイモバイルの料金はちょっと複雑です。経過月によって基本料やデータ量が変わるため、維持費が分かり難いです。また、他にも条件によって料金が変わります。以下の記事で料金や毎月の維持費を表形式でパターン別にまとめましたので、ぜひご参考ください!

関連 安い!ワイモバイルのiPhoneの維持費をまとめてみた!料金が一目瞭然!

ワイモバイルiPhone維持費

割引やキャンペーンについて

続いて、割引やキャンペーンについて説明します。全て紹介すると大変なので、比較的に適用されやすいものに限定して説明します。

「家族割引サービス」について

読んで字の如く、「家族割引サービス」とは家族でワイモバイルを持つと2回線目以降の回線がそれぞれ500円割引になるサービスです

最近の携帯キャリアの家族割引サービスは家族間の通話が無料となるだけで割引がないので(ソフトバンクの「家族おトク割」を除く)、地味に有り難いサービスです。

ポケットWiFiの「Pocket WiFiプラン2」も割引対象になっているので、502HWとスマホをセットで持っている場合もどちらかが500円割引となります。ただし、ガラホで加入できる「ケータイプランSS」については割引対象外なのでご注意ください。

また、新規加入と同時に「家族割引サービス」に加入する場合は、契約事務手数料の3,000円も無料になります。

関連 通信制限なし?3696円で使い放題のワイモバルのポケットWiFiが超おすすめ!

「スマホプラン割引」について

「スマホプラン割引」とは、スマホプラン加入時に基本料を最大25ヵ月間1,000円割引するキャンペーンです。裏を返せば26ヵ月目以降は1,000円値上げになりますが、iPhoneの発表と同時に、26ヵ月目以降も1,000円割引する施策が発表されました。詳細は次の「長期利用者向け割引」をご参照ください。

なお、「スマホプラン割引」については、ソフトバンクからワイモバイルにMNPにした人は適用対象外になるのでご注意ください。ソフトバンクからMNPする場合は実はあまり安くありません。

<基本使用料>

  Sプラン Mプラン Lプラン
〜25ヵ月目 2,980円 3,980円 6,980円
26ヵ月目〜 3,980円 4,980円 5,980円

「長期利用者向け割引」について

「スマホプラン割引」では加入から26ヵ月目以降は基本使用料が月1,000円値上げになると説明しましたが、この「長期利用者向け割引」が適用になれば26ヵ月目以降も月1,000円が割引されます。

別記事で維持費の説明をしますが、26ヵ月目以降は端末代金の支払いが終わるので、スマホプランSであれば2,980円、スマホプランMであれば3,980円が月額料金になります。安い!

  Sプラン Mプラン Lプラン
〜25ヵ月目 2,980円 3,980円 5,980円
26ヵ月目〜

※いずれも「スマホプラン割引」適用時の金額
※適用条件は後日発表なので別途更新予定

「データ容量2倍キャンペーン」について

MNP(ソフトバンク含む)でワイモバイルに乗り換えた場合、2年間データが2倍になるキャンペーンです。2年間限定ですが、かなりお得な内容になっています。

ちなみに、厳密にはデータ量が自動的に2倍になるのではなく、通信速度制限の解除を容量分無料にすることで、「データ量2倍」と表現しています。Sプランは0.5GB×2回分が無料、Mプランは0.5GB×6回分が無料、Lプランは0.5GB×14回分が無料、といった具合です。

  Sプラン Mプラン Lプラン
基本料 2,980円 3,980円 5,980円
データ量 2GB 6GB 14GB

※基本料は「スマホプラン割引」適用時の金額

「MNP特別割引」について

「MNP特別割引」とは、ドコモまたはauからワイモバイルにMNPして、スマホプラン(S/M/L)に加入した場合、1,000円×12ヵ月が割引されるキャンペーンです。本キャンペーン適用時の基本使用料は以下の通りです。

  Sプラン Mプラン Lプラン
〜12ヵ月目 1,980円 2,980円 5,980円
〜25ヵ月目 2,980円 3,980円 6,980円
26ヵ月目〜 3,980円 4,980円 5,980円

このキャンペーンはワイモバイルのオンラインショップでMNP手続きをした場合にのみ適用されます。オンラインショップなら、近くにワイモバイルのショップがなくてもワイモバイルの契約が簡単にできるので、非常におすすめです!手続きが簡単、店頭で待つ必要もなく、手元にすぐ届きます!

参考 Y!mobileオンラインストア

「光おトク割」について

「光おトク割」とは、ソフトバンク光またはSoftBank Air利用時、ワイモバルの各回線毎に500円を割引する光セット割サービスです。ここでは詳細は割愛します。

参考 「光おトク割」の提供条件に付いて

SIMロック解除について

ワイモバイルのiPhone 5sはSIMロック解除には対応しておりません。

まとめ

今回はワイモバイルのiPhoneで加入可能な料金プランや割引やサービス内容についてご説明しました。キャンペーンや割引サービスが多いので複雑には見えますが、プラン自体はスマホプラン(S/M/L)の三つしかないのでシンプルです。

割引が多いので実際の維持費がイメージし難いので、この次の記事でiPhoneの毎月の維持費をまとめます。

ワイモバイルのiPhoneはドコモやauやソフトバンクよりも安くなっているので、個人的には有りかなと思っています!iPhoneを安く利用したい方はぜひご検討ください!

参考 ワイモバイルオンラインストアはこちら

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA