安い?ワイモバイルのiPhoneの料金とプランを徹底解説!月額料が一目瞭然!

シェアしてもらえると嬉しいです!

ワイモバイル 料金

ども、すまっち(@sumaare99)です!

格安スマホとして大フィーバー中のワイモバイル(Y!mobile)ですが、本当に安いのかどうかって気になりますよね。しかも、安いからには何か罠があるのでは、と疑いたくなります。

そんな皆さんの疑問に答えるべく、今回は毎月かかる料金、プラン、注意点、メリット・デメリット、どんな人にオススメか、他社と比較しても安いのか、などを徹底解説します!

また、iPhone SE購入時の毎月の維持費についても説明します!

・とにかくiPhoneを3,000円程度と安く利用したい人
・小学生〜高校生でスマホデビューしたい人
・おじいちゃん、おばあちゃんでスマホデビューしたい人

スポンサーリンク
広告

ワイモバイル(Y!mobile)とは

ワイモバイルとは、イー・モバイルとウィルコムが経営統合してできた携帯キャリアです。

経営統合後にソフトバンクによって吸収合併されたため、株式会社としてのワイモバイルは消滅し、ブランド名だけがワイモバイル(Y!mobile)という形で存続しています。

各携帯事業者の携帯ブランド名をまとめると以下です。

NTTドコモ KDDI SoftBank
ドコモ au
UQモバイル

ソフトバンク
ワイモバイル

ワイモバイルの特徴とは

ワイモバイルの特徴をまとめると以下です。

・月額料金がドコモ、au、ソフトバンクの半分程度
・楽天モバイル、マイネオ等よりも通信速度が断然速い
・店舗数が圧倒的に多い(困ったら店に駆け込める)
・Yahoo!プレミアム(月額462円がずっと無料)

ワイモバイルの特徴を一言で表すなら、ドコモ・au・ソフトバンクと格安スマホ(MVNO)の中間的存在ということです。

携帯料金が1,980円(税抜)まで安くなるにも関わらず、通信速度やエリアはソフトバンク同等であり、しかも全国各所にワイモバイルショップがあります。

「格安スマホ(MVNO)はちょっと・・・」という方に、ワイモバイルはピッタリです!

ワイモバイルを契約するなら、以下の公式サイトからの契約が断然オススメです!特に、子どものスマホデビューとして新規契約する場合、ネットでサクッと注文できて自宅に配送してくれます!

申し込みも簡単で、しかも3分程度で終わるので、ワイモバイルを契約するならワイモバイルオンラインストアが断然オススメです!

参考 ワイモバイルオンラインストア

料金プランや料金サービスについて

ワイモバイルのスマートフォンの料金プランや料金サービスについて説明します。

スマホプラン(S/M/L)とは

スマホプランとは電話かけ放題とパケット定額サービスがセットになったプランです。

ドコモなどのスマホ契約では料金プラン+パケット定額サービス+インターネット接続料にそれぞれ加入する必要がありますが、ワイモバイルのスマホプランはそれらがコミコミになったプランとなっています

プランもS、M、Lの三つだけなのでとってもシンプルです。

各料金プランの内容は以下の通りです。完全かけ放題とは言えませんが、ドコモやauやソフトバンクに比べると安いです。

  Sプラン Mプラン Lプラン
基本料 2,980円 3,980円 5,980円
データ量 1GB 3GB 7GB
通話料 10分までの通話が300回無料

※「スマホプラン割引」「長期利用割引」適用時の価格(基本的には全員がこの価格)

料金プランの詳細は以下の公式サイトをご参照ください。

参考 ワイモバイル

すまっち
ワンキュッパ割が適用だともっと安くなるので、詳細は後述するよ

通話料について

スマホプラン(S/M/L)加入時、通話は10分までは無料です(月に何回でも)。ただし、10分を超えた場合、それ以降は30秒毎に20円が発生します。

そのため、長時間電話する場合は10分毎に切って掛け直すことで、通話料金を節約できます。

もし、ドコモなどと同様に完全かけ放題を希望する場合は、「スーパー誰とでも定額」のオプションに加入すれば月1,000円で何分でもかけ放題になります。

電波・通信エリアついて

基本的には電波や通信エリアはソフトバンクと同様になります。昔とは異なりソフトバンクの電波もかなり改善したので、通信エリアについてはドコモやauと遜色がないです。

気になる方は公式サイトからご確認ください。

参考 ワイモバイル

アレっち
楽天モバイルやマイネオなどの格安スマホに比べて、ワイモバイルなら安いのに速度が断然速い!

3日1GB制限について

スマホプラン(S/M/L)の場合、3日1GB制限は一切ありません。ドコモやソフトバンクのスマ放題と同様です。

快適モードと制限モードについて

ソフトバンク同様に、「快適モード」と「制限モード」があります。「快適モード」時はデータを自動購入することになるので、必ず内容を理解してからご加入ください。

以下、別記事で「快適モード」と「制限モード」の違いを解説しましたので、ご参考ください。

速度制限時の解除料については、auやソフトバンクとは異なり500円/500MBとなっており、auやソフトバンクよりも若干安くなっています。

参考 うっかりすると危険!スピードモード、快適モードとは?

パケットマイレージについて

「パケットマイレージ」とは、Yahoo!のサービスを使えば使うほどマイルが溜まり、マイルに応じて速度制限の解除料が無料になるサービスです

Yahoo!のサービスを使えばデータがもらえるようなもの、とご理解ください。ちょっと珍しいサービスですね。

Yahoo!のトップページを利用したり、くじを引くだけでマイルが溜るので、最低ラインの0.5GBは結構簡単にたまる気がします。

もらえるデータ量は0.5GB、1GB、5GB、無制限の四パターンがあり、いずれも特典付与の1ヵ月間だけ利用可能です。

参考 ワイモバイル

ワイモバイルの毎月の維持費

機種代金を含んだ毎月の維持費は以下の表の通りです。ワイモバイルの場合、契約期間によって料金やデータ容量が異なるのがポイントです。

なお、新規契約または乗り換え(MNP)の場合は、最初の1年間は「ワンキュッパ割」が適用で1,000円割引になります。また、最初の2年間は「データ通信容量2倍」が適用になり、データ容量が2倍になります。

以下の表(維持費)の前提は以下となります。

  • 税込金額
  • 実質負担金=機種代金−月額割引(機種割引)
  • 新規契約・乗り換え(MNP)の場合
  • iPhone SE(32GB)購入時

ワイモバイル iphone 料金

ちなみに参考までに、iPhone 5S(32GB)を新規・乗り換え(MNP)で契約した場合は以下のような表の金額になります。

iPhone SEよりも機種のスペックは劣りますが、毎月の月額料重視ならiPhone 5Sもアリです。実質負担金が0円なので、めっちゃ安いです!

ワイモバイル iphone 料金

料金のシミュレーションは、以下の公式サイトからできます。

参考 ワイモバイル

すまっち
iPhoneの機種は最新ではないけど、2,000円〜3,000円程度でiPhoneが使えるなら激安だね!

割引やキャンペーンについて

続いて、割引やキャンペーンについて説明します。全て紹介すると大変なので、比較的に適用されやすいものに限定して説明します。

「ワンキュッパ割」について

加入翌月から12ヵ月間基本使用料が1,000円割引になるキャンペーンです適用条件は以下の通りです。

  • 新規・乗り換え(MNP)であること
  • スマホプランS/M/Lに加入すること

ワンキュッパ割が適用された場合の各プランの基本料(税抜)は以下の通りです。

  Sプラン Mプラン Lプラン
〜13ヵ月目 1,980円 2,980円 4,980円
14ヵ月目〜 2,980円 3,980円 5,980円

「家族割引サービス」について

読んで字の如く、「家族割引サービス」とは家族でワイモバイルを持つと2回線目以降の回線がそれぞれ500円割引になるサービスです

最近の携帯キャリアの家族割引サービスは家族間の通話が無料となるだけで割引がないので(ソフトバンクの「家族おトク割」を除く)、地味に有り難いサービスです。

ポケットWiFiの「Pocket WiFiプラン2」も割引対象になっているので、502HWとスマホをセットで持っている場合もどちらかが500円割引となります。ただし、ガラホで加入できる「ケータイプランSS」については割引対象外なのでご注意ください。

また、新規加入と同時に「家族割引サービス」に加入する場合は、契約事務手数料の3,000円も無料になります。

関連 通信制限なし?3696円で使い放題のワイモバルのポケットWiFiが超おすすめ!

「スマホプラン割引」について

「スマホプラン割引」とは、スマホプラン加入時に基本料を最大25ヵ月間1,000円割引するキャンペーンです

スマホプランS/M/Lに加入する人が全員適用になるので、実質的に100%適用されます。

元々、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた人は「スマホプラン割引」は適用対象外でした。ただし、期間限定キャンペーンとして、2018年5月31日までにソフトバンクから乗り換えた場合でも「スマホプラン割引」が適用されるようになりました。

「長期利用割引」について

26ヵ月目以降、ワイモバイルを継続利用する場合、「長期利用割引」が適用になって26ヵ月目以降も月1,000円が割引されます。

つまり、先ほどの「スマホプラン割引」も合わせて考えると、基本的にはワイモバイルを契約してからずっと1,000円割引になります。

実質的に、各プランの基本料は以下の金額と言えます。

  Sプラン Mプラン Lプラン
〜25ヵ月目 2,980円 3,980円 5,980円
26ヵ月目〜

「データ容量2倍キャンペーン」について

新規またはMNP(ソフトバンク含む)でワイモバイルを契約した場合、2年間データが2倍になるキャンペーンです。2年間限定ですが、かなりお得な内容になっています。

ちなみに、厳密にはデータ量が自動的に2倍になるのではなく、通信速度制限の解除を容量分無料にすることで、「データ量2倍」と表現しています。

Sプランは0.5GB×2回分が無料、Mプランは0.5GB×6回分が無料、Lプランは0.5GB×14回分が無料、といった具合です。

  Sプラン Mプラン Lプラン
基本料 2,980円 3,980円 5,980円
データ量 2GB 6GB 14GB

「光おトク割」について

「光おトク割」とは、ソフトバンク光またはSoftBank Air利用時、ワイモバルの各回線毎に500円を割引する光セット割サービスです。ここでは詳細は割愛します。

参考 「光おトク割」の提供条件書

ワイモバイルのメリット・デメリット

ワイモバイルのメリット

メリットをまとめるとこんな感じ。全国に店舗がたくさんあるので、困った時にショップに駆け込めるのは有り難いです!

・ドコモなどに比べると月額料金が安い
・安いのに電波、通信速度はソフトバンク同等
・全国にワイモバイルショップが沢山ある
・Yahoo!プレミアム(月462円)が無料

個人的には、色んな特典が使い放題のYahoo!プレミアムが無料になるのが熱いです!Yahoo!プレミアムの代表的な特典は以下のようなものがあります。

  • ヤフーショッピング、ロハコでの買い物でポイント5倍
  • スポナビライブが月980円に割引(通常は1,500円)
  • ヤフオクで出品が可能に
  • 飲食店やカラオケ等のお得なクーポンが使える
  • 毎週抽選でコンビニの商品が当たる
  • プレミアムGYAOが月500円に割引(通常は月800円)

スポナビライブは、プロ野球・バスケ・テニス・海外サッカー・総合格闘技などが見放題になる動画サービスで、プレミアムGYAOはアニメ・映画・海外ドラマ・国内ドラマが見放題になる動画サービスです。

参考 スポナビライブ

すまっち
スポナビライブは初回加入時は無料なので、超オススメ!プロ野球や海外サッカーの生中継がスマホやパソコンで見放題!かなり人気のサービスです!

ワイモバイルのデメリット

デメリットはあまりないけど、強いて挙げるならこんな感じ。

・機種が少ない(特にiPhoneは型落ちのみ)
・3年目以降はデータ容量が少なくなる

やはり、最新のiPhoneを取り扱っていないところがデメリットです。ただし、最新の機種にこだわらないのであれば、ワイモバイルは超オススメです!

スマホデビューをする学生・子ども・おじいちゃん・おばあちゃんに特にオススメ!扱っている機種の詳細が気になる方は、以下の公式サイトをご参考ください。

参考 ワイモバイル

まとめ

今回はワイモバイルのiPhoneで加入可能な料金プランや割引やサービス内容についてご説明しました。キャンペーンや割引サービスが多いので複雑には見えますが、プラン自体はスマホプラン(S/M/L)の三つしかないのでシンプルです。

ワイモバイルのiPhoneはドコモやauやソフトバンクよりも安くなっているので、個人的にはかなりオススメです!iPhoneを安く利用したい方はぜひご検討ください!

参考 ワイモバイルオンラインストア

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA