iPhoneが充電できなくなったので修理に出してみた!感想・費用を解説!

シェアしてもらえると嬉しいです!

スマホスピタル

僕は頻繁に充電するせいか、半年〜1年に1回はiPhoneのドックコネクタ(充電部分)が壊れ、充電できなくなります。

これまでに3回もドックコネクタ(充電ケーブルを挿し込む穴)を壊して修理に出してきたので、今回はドックコネクタが故障した際の修理方法・費用、修理した感想、各修理方法毎のメリット・デメリット、などを解説します!

充電ケーブルの断線や故障で充電できない場合は、以下の充電ケーブルが安くてオススメです!予備で一つ持っておくと困ることがないので、購入してみてください!安くて大人気!

スポンサーリンク
広告

iPhoneのドックコネクタの故障について

iPhone 充電部分

ドックコネクタ(充電部分)とは、充電ケーブルの挿し込み口を意味します。上の画像の穴の部分です。

ドックコネクタについては、劣化すると故障して充電ができなくなります。スマホ依存症の僕の場合、頻繁に充電をするのでよく故障します。

ドックコネクタが故障し始めると、充電ができたりできなくなったりする症状が出ます。接触不良によるものなので、充電ケーブルを動かして充電ができた場合は、ドックコネクタの故障を疑ってください。

ドックコネクタの故障かバッテリーの故障か判断が付かない場合は、修理先で相談してみましょう。充電できたりできなかったり不安定な場合は、コネクタの故障が濃厚です。

充電ケーブルの故障の可能性もあるので、判断が付かない場合は新しい充電ケーブルを買って試してみるのもアリ!

充電ケーブルは消耗品なので、買って予備を持っておいても損にはなりません!

iPhoneのドックコネクタの修理方法

iPhoneのドックコネクタを修理する方法は主に3つあります。

  Apple Store

  Apple正規プロバイダ

  Apple非正規店

すまっち
僕は3つ全てで修理したことがあるので、それぞれ解説するよ!

Apple Storeで修理する場合

iPhone 修理 applestore

一番安全でオーソドックスな修理方法です。

Apple Storeでの修理方法と費用

Apple Storeで修理する方法、費用、掛かる時間については、詳細を以下の記事にまとめましたので、こちらをご参考ください。

あわせて読みたい

Apple Storeで修理する際の注意点

注意点をまとめるとこんな感じ。

  データが削除される

  Apple Care+未加入なら高額

充電できずにApple Storeで修理する場合は、バッテリー交換を除いて全て端末交換となります。つまり、端末内のデータは全て削除されます。

端末交換になるので、事前にバックアップを取っておき、新品の端末に交換してもらった後にデータを復元する必要があります。

また、Apple Storeで修理する場合、Apple Care+や携帯キャリアの補償サービスに加入していないと修理費用が高額になります。

高額になるので、安く済ませたい場合は後述するApple非正規店を利用することをオススメします。

Apple Storeで修理した際の感想

感想をまとめるとこんな感じ!

  Apple Storeなので確実

  待ち時間が長い

  修理費用が高い

まず、Apple Storeでの修理は確実・安全です。トラブルがほぼありません。端末交換なので端末も新品になります。

ただし、事前に予約していればそこまで問題ありませんが、予約がないと待ち時間が長くなります(最悪、当日の端末交換は不可)。

また、Apple Care+加入時でも12,000円近くかかってしまうので、どうしても高くなってしまいます。Apple Care+の保証切れや未加入時は、相当高いのであまりオススメできません。

Apple Storeで修理するメリット・デメリット

最後にメリットデメリットをまとめておくとこんな感じ!

《メリット》

  安心で確実
  端末が新品になる 

《デメリット》

  データが消える(要バックアップ)
  修理費用が高い
  待ち時間が長い(要予約)

Apple Store正規プロバイダで修理する場合

ビックカメラ iphone修理

こちらもオーソドックな修理方法です。

Apple Store正規プロバイダとは、Appleから認定を受けている代理店です。例えば、ビックカメラ、カメラのキタムラ、クイックガレージなどが該当します。

Apple正規プロバイダでの修理方法と費用

Apple正規プロバイダで修理する方法、費用、掛かる時間については、詳細を以下の記事にまとめましたので、こちらをご参考ください。

あわせて読みたい
 

Apple正規プロバイダで修理する際の注意点

基本的には前述したApple Storeで修理する際の注意点と同様です。

Apple正規プロバイダで修理した際の感想

感想をまとめるとこんな感じ!

  Apple認定店なので安心

  待ち時間が長い

  修理費用が高い

  当日飛び込みも可能

基本的には修理内容も修理費用もApple Storeと同様なので、感想もそれと同様になります。近くにApple Storeが無いなら、正規プロバイダで十分です。

特に違う点を挙げるなら、正規プロバイダであれば比較的に店舗数が多く、しかも当日飛び込みに対応している点が挙げられます。

僕は「クイックガレージ東京駅前店」を利用しましたが、壊れた当日に持ち込んで当日に端末交換をしてもらえました。ただし、結構な人数が並んでおり2時間近くかかったので、その点はご注意ください。

さらに、以前に「ビックカメラ有楽町店」でも同様の修理をしたこともありますが、その場合あ4,5時間くらいかかりました。

すまっち
持ち込む前に事前に電話して混雑状況を確認しておこう!

Apple正規プロバイダで修理するメリット・デメリット

最後にApple正規プロバイダで修理するメリット・デメリットをまとめるとこんな感じ!

《メリット》

  安心で確実
  端末が新品になる
  当日持ち込みにも対応
  店舗数が多い

《デメリット》

  データが消える
  修理費用が高い
  待ち時間が長い

Apple Store非正規店で修理する場合

スマホスピタル

Appleでは推奨していない修理方法です。

今までずっと避けていたのですが、サブのiPhoneの修理だったので、試しに「スマホスピタル」でドックコネクタの交換をしてきました。

ちなみに、Apple非正規店とは、Appleから認定を受けていない街のいたるところにある修理屋さんです。非正規なので、修理=改造扱いになります。

Apple非正規店で修理して不具合・トラブルがあった場合、自己責任でお願いします。

Apple Store非正規店での修理方法と費用

修理費用については、各店舗で料金が異なるので、各店舗のサイトでご確認ください。

参考までに、「スマホスピタル」でのドックコネクタ(充電部分)の修理費用は以下の通りになります。

機種通常料金アプリ割料金
iPhone 7 Plus9,800円6,800円
iPhone 78,800円5,800円
iPhone 6s Plus9,800円6,800円
iPhone 6s8,000円5,000円
iPhone 6 Plus8,000円5,000円
iPhone 67,000円4,000円

参考  スマホスピタル公式サイト

「アプリ割料金」とは、店頭で月額制のサービス2つに加入すると、割引が適用されて料金が安くなることを意味します。

Hulu、U-NEXTなどがあったので月1,000円前後のサービスが該当します。これらは初月無料になるので、当月中に解約し忘れなければ、修理料金が実質三千円安くなります。

次に修理方法と修理時間ですが、これは簡単です。最寄りのApple非正規店に行って(場合によっては事前予約必要)、端末を渡して、40分後に受け取るだけ。

ドックコネクタ(充電部分)の修理であれば40分で済み、あっさり修理が完了しました。データも消えないので、端末受け取り後は直ぐに利用できます。

Apple非正規店で修理する際の注意点

注意点をまとめるとこんな感じ。

  端末が改造扱いになる

  個人情報の閲覧リスクがある

  純正パーツとは限らない

まず、非正規店でiPhoneを修理すると、Appleから改造扱いされます。改造扱いされると、その同じ端末は二度とAppleで修理ができなくなります(機種変更すれば再度Appleで修理可能)。

したがって、Apple Care+加入中の場合は注意が必要です。Apple Care+の保証期間(2年間)が終了した場合やもうApple Storeで修理する必要がなくなった場合などは、非正規店を使っても問題ないと思われます。

Appleの公式サイトにも以下のようにしっかりと不正改造は保証対象外と書かれています。

過失・事故・不正改造による損傷は保証対象外です。

出典:Apple公式サイト

次に注意することは、個人情報の閲覧リスクがあることです。僕が使った「スマホスピタル」は非正規店でも大きな方ですが、各店舗自体は非常に小さいです。

僕は五反田店を利用しましたが、一人の方がお店を担当していました。で、問題なのが、修理受付時になぜか「ロック画面の解除パスワード」を記入しないといけないこと。

つまり、密室で担当者一人であれば、やろうと思えば預かったiPhoneのロックを勝手に解除し、修理中にiPhoneのデータを閲覧することも物理的には可能です。

この辺はモラルの問題ですが、僕はかなり気になりました。

最後に交換については必ずしも純正のパーツとは限らないようです。純正で無いことにより、端末に不具合が発生するリスクがあります。

この辺については「非正規店名 口コミ」などと検索してみて、評判や口コミを見て見てください。一応、僕が修理した場合は特に動作に問題もなく、また、3ヵ月間の動作保証もありました。

Apple非正規店で修理した感想

率直な感想をまとめるとこんな感じ!

  安い・手軽

  個人情報の閲覧リスクが怖い

  不具合リスクが未知数

正直、Apple Storeなどで修理するよりも修理費用が安く、しかもたったの40分で修理が完了し、さらにデータのバックアップ&復元が不要、だったので満足度は超高いです。最高!

ただし、個人情報の閲覧リスクについては店員さんを信じるしかなかったので不安でしたし、改造扱いになることで今後不具合が発生しないかは未知数なので何とも言えません。

すまっち
修理する前に、その店の口コミを調べたり、ロック画面のパスワードを教える必要があるかを事前確認しよう!

Apple非正規店で修理するメリット・デメリット

最後にApple非正規店で修理するメリット・デメリットをまとめるとこんな感じ!

《メリット》

  安くて早い
  店舗数が多い

《デメリット》

  Appleでの修理が受けられなくなる
  個人情報閲覧リスクがある
  不具合が起こる可能性がある

まとめ

以上、ドットコネクタ(充電部分)が故障した場合の修理方法に関する解説でした!2017年8月に初めてApple非正規店を利用してみましたが、想像以上に満足度は高かったです。

丸2年以上使ったiPhoneやApple Care+(携帯キャリアの保証サービス)に未加入のiPhoneであれば、非正規店で修理するのもアリだとは思いますが、あくまで自己責任でお願いします。

最後に、壊れやすいiPhoneの充電ケーブルは以下がオススメです!超人気!充電ケーブルは予備を一個持っておくことをオススメします!

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!