「ドコモのロング学割」提供開始! 最新学割の割引・適用条件を徹底解説

シェアしてもらえると嬉しいです!

ドコモでは2020年10月30日から今期の学割キャンペーンである「ドコモのロング学割」の受付を開始しました。

ドコモのロング学割の最大の特徴は「条件を満たしている限り22歳まで継続適用される」という点です。

加えて通話対応のスマホプランであれば全プランが対象となるため、多くのユーザーがお得にドコモスマホを利用できるようになります。

本文ではそんなドコモのロング学割の詳細を徹底解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

docomoのロング学割

「ドコモのロング学割」は全ての通話対応スマホプランで利用できる

「ドコモのロング学割」はドコモが提供する、全ての通話対応スマホプランで利用することができます

もちろん「4G対応プラン」だけでなく「5G対応プラン」でも、ドコモのロング学割の利用が可能です。

対象者は「申し込み時点で22歳以下」の方で、受付期間は「2021年5月31日」までとなっています。

その他の主な適用条件や詳細は下記をご覧ください。

ドコモのロング学割:適用条件と詳細

適用対象者:申し込み時点で22歳以下の利用者

対象契約種別:新規・MNP・契約変更・機種変更

対象プラン:通話対応のスマホプラン

受付期間:2021年5月31日まで

適用期間:利用者が22歳になるまで

これらの内容を踏まえた上で、ドコモのロング学割の詳細をこれから詳しく解説していきましょう。

4Gプランの「ドコモのロング学割」特典

まずは4G対応プランの「ギガホ」と「ギガライト」の特典内容から確認していきましょう。

ギガホの特典詳細

「ギガホ」の学割特典は、以下のように利用期間によって内容が2段階に変動します。

● 最大6か月2,080円割引

● 7か月目以降は22歳までずっと1,000円/月の割引

上記のドコモのロング学割特典に併せて「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」を適用した際の利用料金は、最大で900円にまで削減することが可能です。

利用可能な割引を最大適用した場合の内訳は下記のとおりです。

【各種割引適用時の料金】

ギガライトの特典詳細

「ギガホライト」の学割特典もギガホ同様、利用期間によって内容が2段階に変動します

● 最大6か月1,000円割引

● 7か月目以降は22歳までずっと500円/月の割引

ギガライトは「ドコモ光セット割」の対象外プランですが、各種割引を最大適用時した際の利用料金は980円になります

利用可能な割引を最大適用した場合の内訳は下記のとおりです。

【各種割引適用時の料金】

5Gプランの「ドコモのロング学割」特典

「5Gギガホ」と 「5Gギガライト」の 特典内容♬

次に5G対応プランの「5Gギガホ」と「5Gギガライト」の特典内容を確認していきましょう。

5Gギガホプランの特典詳細

「5Gギガホ」の学割特典も4Gプランと同様、利用期間によって内容が2段階に変動します

● 最大6か月2,500円割引

● 7か月目以降は22歳までずっと1,000円/月の割引

5Gギガホも「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」の併用が可能で、それらの割引を最大適用した場合の利用料金は980円になります

利用可能な割引を最大適用した場合の内訳は下記のとおりです。

【各種割引適用時の料金】

5Gギガライトの特典詳細

「5Gギガホライト」の学割特典も他の3プランと同様、利用期間によって2段階に変動します

● 最大6か月1,000円割引

● 7か月目以降は22歳までずっと500円/月の割引

5Gギガライトも4Gのギガライトと違わず「ドコモ光セット割」の対象外プランとなっていますが、各種割引を最大適用時した際の利用料金は4Gプランと同額の980円になります。

利用可能な割引を最大適用した場合の内訳は下記のとおりです。

【各種割引適用時の料金】

お得にドコモのスマホを利用しよう

以上「ドコモのロング学割」の解説でした。

主だった各キャリアで毎年実施される学割キャンペーンは、年々その内容が複雑化している傾向にあります。

しかし、今期のドコモのロング学割は対象プランこそ多いもののおおむねの特典内容が共通しているため、比較的シンプルな内容といえるでしょう。

とはいえ、内容をしっかりと確認せずに利用してしまうと後々のトラブルに繋がってしまいます。

折角のお得な学割キャンペーンがトラブルの種になってしまわないように、本記事の内容をしっかりと把握してお得にドコモのスマホを利用してくださいね。

シェアしてもらえると嬉しいです!