安い?auピタットプランを徹底解説!メリット・デメリット・毎月の維持費も紹介!

シェアしてもらえると嬉しいです!

ピタットプラン

auが新料金プランとなる「auピタットプラン」と「auフラットプラン」の提供を発表しました。パッと見た感じ、安いのかどうかが分かりません。

今回は、「auピタットプラン」に限定して、プランの詳細、メリット・デメリット、オススメになる人、本当に安いのか、変更方法、注意点、などについて徹底解説するので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください!

追記:iPhoneもピタットプランの対象になりました

auで新規・機種変更する場合は、auオンラインショップでの契約が超オススメです!iPhone 8の予約・購入はオンラインショップが断然お得!

新規契約・機種変更でauフラットプランに加入する方は、auオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメです!

特に、auショップでは頭金という名の手数料が取られることがあるので、オンラインショップを使わないと本当に損します!

  • 頭金5,000円〜1万円が不要
  • 手続きにかかる2~3時間がゼロ
  • プランやオプションの強制加入がない

参考  auオンラインショップ

参考  機種変更ならauオンラインショップがオススメの理由5選!4万円は安くなるよ

スポンサーリンク
広告

auピタットプランの特徴

まず結論から先に言うと、ピタットプランはこんな感じ。

  データ利用量が3ギガ未満なら安い

  機種代金完済後の加入はかなり安い

  iPhoneもAndroidも加入可能

  アップグレードプログラムEXで安くなる

ちなみに、auフラットプランについては以下の別記事で詳細に解説しています!データを3GB以上使うような人には、auフラットプランの方がオススメなので、併せてご参考ください!

また、ピタットプランに機種変更で加入する場合、「アップグレードプログラムEX」に加入する方が結構安くなるので、以下の関連記事も必ずご参考ください!

あわせて読みたい

※記事のタイトルをクリックすると別の記事が開きます

auピタットプランの概要

auピタットプランとは

auピタットプラン

「auピタットプラン」とは、当月の使ったデータ量に応じて料金が変動する新料金プランです。データ利用量1ギガ、2ギガ、3ギガ、5ギガを超える毎に毎月の定額料金が自動で上がる五段階の定額プランになっています。

データをあまり使わなかった月は料金が安く、データを沢山使った月は料金が高くなるプランとご理解ください!

 月のデータ利用量が20ギガを超えると、通信速度が128kbpsまで遅くなります。むちゃくちゃ遅いです。

さらに、従来のプランは料金プラン(通話)+データ定額(データ)+LTE NET(ネット接続料)のそれぞれに加入する必要がありました。

しかし、今回のauピタットプランでは、料金プラン+データ定額+LTE NETがセットになったコミコミの料金プランになっているのも特徴の一つです。

なお、auピタットプランは以下の3つのプランが存在しており、それぞれ定額料と通話定額の有無が異なります。

  auピタットプラン(スーパーカケホ)

  auピタットプラン(カケホ)

  auピタットプラン(シンプル)

「カケホ」とは、通話し放題のかけ放題プラン
「スーパーカケホ」とは、5分までの通話がし放題のかけ放題プラン
「シンプル」とは、電話した分だけ30秒ごとに20円が発生するプラン
 

参考  auピタットプラン

毎月の料金・定額料

キャンペーンなどの割引適用前の定価となる料金は以下の通りです。スマートバリューや後述するビッグニュースキャンペーンが適用されない場合は、以下の金額になります。

料金は分かりやすく、1GB増える毎に1,000円値上がりします。また、スーパーカケホはシンプルプランに+500円、カケホはスーパーカケホに+1,000円、となっています。

参考までに、ピタットプラン加入時のスマートバリューの割引額も記載しておきます。

すまっち
繰り返しになるけど、使ったデータ利用量に応じて定額料が変動するよ!

<ピタットプランの定額料>

プラン1GB2GB3GB5GB20GB
カケホ44805480648074808480
スーパー
カケホ
34804480548064807480
シンプル29803980498059806980

※いずれも2年契約の場合(「誰でも割」加入時)

<ピタットプラン時のスマートバリュー割引額>

プラン1GB2GB3GB5GB20GB
カケホ-500−1,000
スーパー
カケホ
シンプル-500

すまっち
上記の定額料の他に、通話料・オプション月額料、端末代金が必要だよ!さらに、ビッグニュースキャンペーン適用時はさらに安くなる!詳細は後ほど説明!

加入条件

加入条件はシンプルで、「4G LTEスマートフォン(iPhone含む)を利用していること」になります。

したがって、既存のユーザーがプラン変更でピタットプランに加入することも可能ですし、機種購入時に同時加入することも可能です。

元々はiPhone購入時には加入できませんでしたが、iPhone 8発売と同時に条件が緩くなりました。

受付開始時期と適用時期

auピタットプランの受付開始時期は2017年7月14日からになります。

また、4G端末間の機種変更やプラン変更で加入する場合、auピタットプランは翌月から適用となります。

申し込み方法・変更方法

auピタットプランへの変更は以下にて可能です。

  auショップ

  My au

  auオンラインショップ

  コールセンター

参考  auコールセンター

参考  My au

auピタットプランへの具体的な変更方法は以下の記事にまとめました!

あわせて読みたい

※記事タイトルをクリックすると別の記事が開きます

新規・機種変更するついでにauピタットプランに加入したいと考えている方は、auオンラインショップでの契約が超オススメです!忙しい人にもピッタリ!

新規契約・機種変更でauピタットプランに加入する方は、auオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメです!

特に、auショップでは頭金という名の手数料が取られることがあるので、オンラインショップを使わないと本当に損します!

  • 頭金5,000円〜1万円が不要
  • 2〜3時間かかる手続きがゼロ
  • プランやオプションの強制加入がない

参考  auオンラインショップ

すまっち
オンラインショップで申し込みをしたら、端末は自宅配送か店頭受取かを選択できるよ!オススメは時間と手間が一切かからない自宅配送!

ビッグニュースキャンペーン

意味不明なキャンペーン名称ですが、以下の条件を満たすと1,000円×12ヶ月間の割引が適用されます。要は、キャンペーン期間中に端末を買えば適用されます。

当初はiPhoneは対象外でしたが、iPhone 8の発売に伴いiPhoneも対象になりました。

  <適用条件>
  新規・機種変更と同時にピタットに加入
  2017年7月14日〜12月31日までに申込み

上記キャンペーンとスマートバリュー考慮後のiPhoneとAndroidの価格は以下の通り。

プラン1GB2GB3GB5GB20GB
カケホ29803980448054806480
スーパー
カケホ
19802980348044805480
シンプル19802480298039804980

※2年目以降はキャンペーンが終了して上記が1,000円値上げ

すまっち
端末代がある場合、上記の金額にプラスで端末代金がかかるよ!詳細は後述!

auピタットプランの注意点

注意点をまとめるとこんな感じ!

  毎月割が非適用

  マンスリーポイントの対象外

  2018年2月以降は従来プランへ変更不可

  テザリングは500円

  データギフト(長期優待含む)、くりこしは対象外

  3日6GB制限あり

毎月割が非適用

auピタットプランで一番ポイントになるのがココです。auピタットプランの場合、毎月割が適用されません。

さらに、毎月割(機種代金割引)が適用中の人がプラン変更でauピタットプランに変更した場合、毎月割は終了します。プランを従来プランに戻しても毎月割は復活しません。

「毎月割」とは、機種を購入した場合に24ヵ月間に渡って提供される割引です。

すまっち
毎月割が適用されないので、特に機種購入時は、従来プラン(毎月割あり)と今回の新プラン(毎月割なし)のどちらが安くなるか、しっかり考えないと逆に高くなるよ!

マンスリーポイントの対象外

auピタットプランはマンスリーポイントの対象外になります。従来、毎月の携帯料金1,000円毎にWALLETポイントが10ポイント付与されるのですが(還元率1%)、auピタットプランにはそれがありません。

携帯料金を安くする代わりに、ポイントはあげないよってことです。ケチ。なお、auピタットプラン加入時のau STARのポイント付与数は以下の通りです。

auピタットプラン au star

au STARが何かわからない方は、以下の関連記事も後ほどご参考ください!加入しないと本当に損!

参考  割引?au長期利用者向けのau STARを徹底解説!

従来プランとピタットプラン間の変更が不可

これも地味に大事です。

2017年7月14日以降に端末を購入した場合、2018年2月以降、「auピタットプラン/auフラットプラン」とその他の料金プランとの間のプラン変更はできません (端末購入を伴う変更を除く)。

要は、2018年2月以降はピタットプラン⇆従来プラン間の変更が自由にできないということです(機種購入時のみ変更可能)

例えば、従来プランで毎月割が適用されていた人が、毎月割が終了したのでauピタットプランに変更しようにも、機種を購入しないと変更できないということです。

今回のauピタットプランは機種代金を払い終えている人が一番メリットを享受できるプランなのですが、機種代金を払い終えた後にお得なプランに変更しようにも、そうは問屋が卸さないということです。これはすごく残念・・・

テザリングは月額500円

最後ですが、auピタットプラン加入時のテザリングは以下の通りです。2018年3月末までであれば、auピタットプラン加入者は全員テザリングが無料です。

月額料500円
無料期間2018年3月末まで

データギフト、長期優待データギフト、データくりこしは対象外

ピタットプランに加入時はこれらのサービスは適用対象外になります。

「データギフト」は家族間でデータをプレゼントし合うサービス、「長期優待データギフト」はauの利用が4年以上なら3ヶ月に1回データがもらえるサービス、「データくりこし」はデータ容量が余った際に翌月に繰り越しするサービス、を指します。

auピタットプランは安いのか?

auピタットプランですが、イマイチ安いのか高いのか分かりにくいので、従来プラン(カケホ・スーパーカケホ)と比較してどちらが安いのかを説明します!ここが最も重要!

機種代金の支払い有無で、どのプランに加入するのがお得なのかが変わってくるので、それぞれケース毎に説明します。

機種代金を払い終えている場合の料金

結論から言うと、新プランの「auピタットプラン」「auフラットプラン」に加入する方が断然安くなります。機種代金を払い終えている場合は、ぜひプラン変更しましょう。

ただし、auピタットプランの場合は、データ容量を使いすぎると、変更前の従来プランよりも高くなってしまうことも想定されるので、その点はご注意ください。

また、毎月必ず5GB以上必要な人は、最初から「auフラットプラン」に加入した方が安くなります。こちらについては、別記事にて解説しているのでご参考ください!

今回は以下を前提として、毎月かかる合計金額を比較しています。従来プランとピタットプランのデータ容量ごとの比較となります。

 <前提>
  スマートバリュー(3年目以降の割引額)
  オプションは未考慮
  棒グラフは月額料金
  iPhone/Androidともに同じ料金

<通話をほとんどしない人>

まずは通話をほとんどしない人の料金について解説します。

  従来プランはスーパーカケホに加入
  ピタットプランはシンプルに加入

※従来プランは2GBのみカケホ加入

この場合の毎月の料金はこんな感じ。ピタットプランの方が断然安くなっています。

ただし、元々が3GB以下のデータ定額に加入していた人が、ピタットプランで5GB以上を利用すると、逆に高くなるので注意が必要です。

ピタットプラン iPhone 料金

<5分まで通話定額を希望する人>

次に5分までの通話がかけ放題のスーパーカケホに加入する人の説明をします。

  従来プランはスーパーカケホに加入
  ピタットプランはスーパーカケホに加入

※従来プランは2GBのみカケホ加入

この場合の毎月の料金はこんな感じ。こちらもピタットプランの方が安く、3GB未満であれば4,500円以下でスマホが利用できることになります。

ピタットプラン iPhone 料金

<完全通話定額を希望する人>

最後にどれだけ通話をしても定額のカケホに加入する人の説明をします。

  従来プランはカケホに加入
  ピタットプランはカケホに加入

この場合の毎月の料金はこんな感じ。前述の二つに比べると従来プランとの値段差は小さいですが、ピタットプランの方が安くなっています。

ピタットプランで3GB以上を使ってしまうと、約6,500円以上の金額になるので、元々3GB以下のデータ定額に加入していた人は注意が必要です。

ピタットプラン iPhone 料金

まとめると、機種代金がない場合はプラン変更でピタットプランに変更するとお得になるケースが多い(特に通話しない人)!ただし、データを使いすぎると高くなるので要注意!

機種変更で端末(iPhone)を購入した場合の料金

実際のiPhoneを例に、従来プランとauピタットプランを通話の頻度に応じて比較してみます。

まず、機種変更でiPhone 8(64GB)を購入した場合、機種代金と毎月割は以下の金額の通りです(2017年9月15日時点)。

機種代金3,810円×24ヵ月
毎月割2,515円×24ヵ月
実質負担金1,295円×24ヵ月

今回は以下を前提として、毎月かかる合計金額を比較します。従来プランとピタットプランのデータ容量ごとの比較となります。

 <前提>
  スマートバリュー(3年目以降の割引額)
  オプションは未考慮
  1GBとピタットプランは毎月割なし
  アップグレードプログラムEX未加入時
  棒グラフは機種代金込みの料金

なお、今回はアップグレードプログラムEXに未加入の前提で計算しますが、アップグレードプログラムEXに加入するとピタットプランはもっと安くなります。

詳しくは別記事で解説していますので、後ほど以下の記事もご参考ください。

あわせて読みたい

※記事のタイトル名をクリックすると別記事が開きます

<通話をほとんどしない人>

まず、通話をしない人の料金の説明をします。比較前提は以下の通り。

  従来プランはスーパーカケホに加入
  ピタットプランはシンプルに加入

※従来プランは2GBのみカケホ加入

最初の1年目の料金は以下の図の通り。ピタットプランはビックニュースキャンペーンが適用になり毎月1,000円が割引されます。

ピタットプラン iPhone 料金

2年目の料金は以下の図の通り。ピタットプランが1,000円値上がりし、1GBを除いて基本的には従来プランの方が安いです。

ピタットプラン iPhone 料金

3年目以降の料金は以下の図の通り。機種代金が完済になるので、ピタットプランがかなり安くなります。

ピタットプラン iPhone 料金

<5分まで通話定額を希望する人>

次に5分までの通話定額を希望する人の料金を説明します。比較前提は以下の通り。

  従来プランはスーパーカケホに加入
  ピタットプランはスーパーカケホに加入

※従来プランは2GBのみカケホ加入

まず最初の1年目の料金は以下の図の通り。最初の1年間はピタットプランがキャンペーン適用で1,000円安くなります。

ただし、スーパーカケホにしたことでピタットプランの料金が500円高くなったので、全体的にピタットプランが割高になります。

ピタットプラン iPhone 料金

次に2年目の料金は以下の図の通りです。ピタットプラン向けのキャンペーンが終了して1,000円値上がりします。

ピタットプラン iPhone 料金

最後に、3年目以降の料金は以下の図の通り。機種代金が完済になるので、ピタットプランが激安になります。

ピタットプラン iPhone 料金

<完全通話定額を希望する人>

どれだけ通話しても通話が定額になるカケホを希望する場合の料金を説明します。比較前提は以下の通り。

  従来プランはカケホに加入
  ピタットプランはカケホに加入

まず1年目の料金は以下の図の通り。キャンペーンでピタットプランが1,000円安くなっています。ただし、カケホにしたことで、ピタットプランの高さが目立ちます。

ピタットプラン iPhone 料金

次に2年目の料金は以下の図の通り。キャンペーンが終了してピタットプランが1,000円値上がりし、全体的にかなり高さが目立ちます。

ピタットプラン iPhone 料金

3年目以降の料金は以下の図の通り。機種代金の完済によりピタットプランが安くなりますが、カケホを選択しているため、従来プランと比較して600円前後安くなることに留まっています。

ピタットプラン iPhone 料金

まとめると、iPhone購入時にピタットプランに加入しても、最初の2年間は全然安くないので要注意!ただし、機種代金を支払い終えるとかなり安くなります。

すまっち
機種代金があるとピタットプランは言うほど安くない!ただし、「アップグレードプログラムEX」に加入すれば、毎月の料金は安くなるよ!

アップグレードプログラムEXについては以下の記事をご参考ください。

あわせて読みたい

※記事のタイトルをクリックすると別の記事が開きます

auピタットプランのメリット・デメリット

auピタットプランのメリット・デメリットをまとめるとこんな感じ。

<メリット>

  • 機種代金次第ではかなり安い
  • 自分で料金をコントロール可能
  • 通話が少ない人向けのプランがある

<デメリット>

  • 毎月割がないので逆に高いケース有り
  • データを使いすぎると高くなる
  • 料金を気にする必要があるので面倒

すまっち
既に機種代金を支払い終えた人は、プラン変更でピタットプランに加入するとメリットが大きいよ!

auピタットプランに変更してみた感想・評判

僕は機種代金を支払い終えていたので、iPhoneをピタットプラン(シンプル)に変更しました。

基本的にはずっとWi-Fiに接続しているため利用データ量は1GB未満で、通話も全くしていません。

そうすることで、毎月の携帯料金が2,980円にまで下がりました!もうね、これは最高です!使い方次第では、かなり安くなる印象を受けました。

下は実際の請求書です。基本使用料とオプション使用料を足すと2,980円になっています。

ピタットプラン 請求書

まとめ

長くなってしまい申し訳ありませんが、以上auピタットプランの徹底解説でした!

ピタットプランを簡単にまとめるなら、既に機種代金の支払いが完了している人はプラン変更で加入するのは有り、機種代金がある場合は機種代金次第では加入するのは有り、毎月データ利用量が3ギガ未満の場合は加入するのは有り、ということです。

従来プラン⇆ピタットプランの変更が自由にできればかなりマシなプランになるのですが、2018年2月以降は機種変更時にしか従来プラン⇆ピタットプランの変更ができません。これは本当に残念。

逆に携帯料金が割高になる可能性もあるプランなので、機種変更時に加入するプランはよく考えて決めましょう!

auで新規・機種変更する場合は、auオンラインショップでの契約が超オススメです!iPhone 8の予約・購入はオンラインショップが断然お得!

新規契約・機種変更でauフラットプランに加入する方は、auオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメです!

特に、auショップでは頭金という名の手数料が取られることがあるので、オンラインショップを使わないと本当に損します!

  • 頭金5,000円〜1万円が不要
  • 手続きにかかる2~3時間がゼロ
  • プランやオプションの強制加入がない

参考  auオンラインショップ

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!