dカード GOLDは海外でも使える 海外での様々な使い方を紹介

シェアしてもらえると嬉しいです!

クレジットカードは世界中で利用可能ですが、dカード GOLDも例外ではありません。

dカード GOLDはただ海外で使えるだけでなく、メリットもたくさんです。

この記事では、dカード GOLDを海外で利用する際のメリットなどを紹介しましょう。

dカード GOLDは 海外でも使える!

メリット1:世界中のVisa/Mastercard加盟店で利用可能

dカード GOLDに搭載されているVisa/Mastercardブランドがあれば、世界中のVisa/Mastercard加盟店でdカード GOLDを利用できます

VisaとMastercardのどちらも加盟店数は3,800万店以上と、ほとんど差がありません。

これは、世界中のクレジットカード会社が加盟店を開拓する際に、VisaとMastercardをセットにしているからと思われます。

かつて「Visaはアメリカに強く、Mastercardはヨーロッパに強い」と言われていましたが、筆者の海外旅行経験からして、アメリカでMastercardも使えますし、ヨーロッパでVisaも普通に利用可能です。

ですから、dカード GOLDの国際ブランドを選ぶ際に、さほど真剣に考える必要はなく、すでにVisaのカードを持っていればdカード GOLDはMastercardを選ぶといいでしょう。

為替レートに若干の違いがある

ただし、VisaとMastercardでは為替レートに若干の違いがあります

現地通貨建てで買物をする際には、現地通貨 → 日本円に両替する際の為替レートが、VisaとMastercardで異なるのです。

例えば、100米ドルと100ユーロをVisa/Mastercardで購入した際のレートを、比較してみましょう(2020年10月16日のレートで比較)。

・ 100米ドル → Visa:1万551円、Mastercard:1万549円

・ 100ユーロ → Visa:1万2,377円、Mastercard:1万2,371円

若干ではありますが、Mastercardブランドの方がレートが良いです。

実際にはこれに加えて、海外事務手数料として2.2%が加算されます

メリット2:Apple Pay・タッチ決済を利用可能

海外でサインをしたり暗証番号を入力したりするのは、緊張するものですね。

タッチだけで簡単に決済できれば文句なしですが、それを世界中で可能にしたのがApple Payとタッチ決済です。

Apple Pay・タッチ決済のいずれも、クレジットカードを相手に渡さなくても決済可能で、安心感がありますね。

Apple Pay加盟店やタッチ決済の加盟店は、世界中に広がっています。

海外の実店舗なら、Visaブランドのdカード GOLDでもApple Payを利用可能


≪画像元:NTTドコモ

実は、日本国内で発行されたVisaカードは実店舗のみで決済可能で、ネット決済はできません

dカード GOLDも決して例外ではありませんが、海外の実店舗でApple Payを利用する限り、特に問題はないでしょう。

Mastercardブランドのdカード GOLDにはタッチ決済機能なし


≪画像元:NTTドコモ

Visaブランドのdカード GOLDをよく見ると、「VISA」ロゴの横にマークがあります

これが「タッチ決済」のマークで、このマークがある店舗や機械ならタッチするだけで決済ができるのです。

残念なことに、Mastercardブランドのdカード GOLDには、タッチ決済のマークがありません

メリット3:海外ATMから現地通貨もキャッシングできる


≪画像元:NTTドコモ

キャッシング枠を設定したdカード GOLDなら、上記ロゴのある海外ATMから現地通貨もキャッシングできます

海外キャッシングは海外事務手数料がかからない代わりに、金利が発生します

国内キャッシングでは年15%の金利(通常のdカードの金利年18%)と優遇がありますが、海外では金利優遇がなく一律年18%の金利です。

メリット4:最高1億円の海外旅行保険

国内より不測の事態が起こりうる海外では、海外旅行保険が頼りになります。

dカード GOLDの海外旅行保険は、以下のような補償限度額の充実ぶりです


死亡・後遺障害は5,000万円が自動付帯で、旅行代金をdカード GOLDで支払うと5,000万円が追加で付帯します。

特筆すべきは、dカード GOLDの本会員・家族会員でない家族(本会員と同一生計の配偶者・19歳未満で同居の親族・19歳未満で別居の未婚の子)も、補償の対象というところです。

ただし、キャッシュレス診療には対応していないため、現地での治療費をいったん立て替えなければなりません。

メリット5:ショッピング保険も付帯

dカード GOLD(家族会員も含む)で購入した品物が、盗難・破損などの損害を受けた場合、購入日から起算して90日間まで補償します。

補償限度額は年間300万円(自己負担3,000円)とdカードの年間100万円と比較してパワフル、しかも国内外、支払い回数を問わず補償の対象です。

ただし、現金・金券類・携帯電話・ノートPCなどは補償の対象ではありません

メリット6:グアムではdポイントが貯まる・使える


≪画像元:JCB

dポイントはローソン・マクドナルドなどで貯まり、使うことができますが、海外でもポイントを貯めて使えることはあまり知られていません

・ Tギャラリアグアム by DFS

・ コンチャラウンジ/ツアーデスク

・ シュガークッキー

・ フィッシュアイマリンパーク

・ グッディーズ・スポーティング・グッズ

・エッグスン・シングスグアム

といったお店が対象です。

「Tギャラリアグアム by DFS」では、カスタマー・インフォメーションにレシートを持参してdカード GOLDを提示すると、2米ドルにつき1ポイント貯まります

dポイントを使う際には、500ポイント=5米ドル分のDFS商品券などに交換します。

メリット7:ハワイではラウンジを利用可能


≪画像元:株式会社アイ・エー・エス・エス

ハワイでは、ダニエル・K・イノウエ国際空港の「IASSハワイラウンジ」を利用できます。

ラウンジ入口で、当日のチケットとdカード GOLDを提示すると利用可能です。

本人会員だけでなく、家族会員も無料で利用できます(カード会員でない同伴者は有料)。

メリット8:三井住友カードの「VJデスク」によるサポートを受けられる


≪画像元:三井住友カード

現地滞在中も、スタッフによる手厚いサポートを受けられます

例えば、ハワイではワイキキ中心部に「VJデスク」があり、

・ 観光情報の提供

・ イベント・レストランなどの予約・手配

・ ガイド・通訳の手配

・ カードやパスポートの紛失・盗難時のサポート

だけでなく、

・ 休憩や待ち合わせ

・ ベビーカー・傘のレンタル

手荷物一時預かり

などのサービスも行っています。

メリット9:海外での紛失・盗難の際もサポート万全

万が一、現地でdカード GOLDが紛失・盗難の被害に遭っても、心配はいりません。

まずは、「カード紛失・盗難受付デスク(海外)」に連絡をして、カードの利用停止をしてください。

近くにVJデスクがあれば、そちらで手続きをしても構いません

緊急カードの発行

dカード GOLDが手元にないと、食事や移動など金銭面で不安になるかと思いますが、dカードでは暫定的なカード(緊急カード)を発行してくれます

ただし、地域によっては利用できない場合もあり、受取日時や場所も指定される場合があります

dカード会員はこのサービスを利用するのに1万円(税別)かかるところ、dカード GOLDは手数料がかかりません

緊急(キャッシュ)サービス

カード払いができない場所では、多少の現金を持っておいた方が良いでしょう。

dカード GOLDにはキャッシング機能がありますが、紛失・盗難の被害に遭ったらそれも使えません。

dカード会員は、1,000米ドル相当額以内の現地通貨を、キャッシュサービスとして用立ててくれます

受取日時や場所も指定される場合があり、別途利息が発生するものの、ありがたいサービスです。

帰国後の再発行も無料

緊急カードはあくまでも緊急時のみで、帰国後は正式に再発行しなければなりません

帰国後のdカードの再発行には1,000円(税別)がかかりますが、dカード GOLDなら再発行手数料も無料です。

まとめ

dカード GOLDはただ海外で利用可能なだけでなく、海外でも多くのメリットがあるクレカです

Apple Payやタッチ決済を利用可能で利便性に優れており、グアムでのdポイントやハワイでのラウンジ利用などのお得度もあります。

また、海外旅行保険やショッピング保険といった補償も充実していて、緊急カードの発行や緊急キャッシュサービスなどのサポートも万全です。

海外にdカード GOLDを持って行けば、充実した時間を過ごせるに違いありません。

シェアしてもらえると嬉しいです!