dカード GOLDの隠れた12個のメリット、紹介します

シェアしてもらえると嬉しいです!

ドコモ利用料金の10%還元、最大10万円のケータイ補償などを目当てに、「dカード GOLD」に申し込む人、多いのではないでしょうか。

しかし、dカード GOLDにはそれ以外の隠れたメリットがあります。

今回は、dカード GOLDをフル活用してもらうべく、dカード GOLDの隠れたメリットを紹介しましょう。

メリット1:最短5分で審査完了、すぐにiDが使える

ゴールドカードは審査に時間がかかる印象が強いですが、

・9時~19時50分にカード申込手続きが完了

・申込時に引き落とし口座の設定が完了

の条件を満たすと、dカード GOLDは最短5分で審査が完了します。

カード到着前でも、アプリを使えばiD決済を利用可能です。

メリット2:家族カードのコスパが最高

≪画像元:NTTドコモ

dカード GOLD最大のメリットは、ドコモ利用料金の10%がポイント還元される点でしょう。

10%還元はカード1枚につき1回線しか対象になりませんが、家族カードを発行して家族分の回線をそちらで登録すれば、2回線が10%還元の対象となります

それ以外にも、

・最大10万円のケータイ補償

・dカード GOLD専用デスク

・最高1億円の海外旅行保険

・最高5,000万円の国内旅行保険

・年間300万円限度のショッピング保険

・国内空港ラウンジ

・海外緊急サポート など

本カードと遜色ないサポートを家族カードで受けられます

dカードが家族カードを2枚まで発行できるのに対して、dカード GOLDは1枚多い3枚まで発行可能です。

メリット3:キャッシングの金利が少しお得

≪画像元:NTTドコモ

クレジットカードのキャッシングは、万が一を考えて付けておいた方がいいかもしれません。

キャッシングは年18%程度の金利が一般的なのですが、dカード GOLDのキャッシング金利は年15%です。

dカードの年15%と比較すると、3%ほど低金利ですね。

メリット4:海外緊急発行サービスが無料

クレカの利用機会が増える海外でクレカの紛失・盗難の被害に遭ったら大変です。

dカード・dカード GOLDのいずれも、現地へ暫定的なクレカ(緊急カード)を届けてくれます

その際、dカードは1万1,000円(税込)の手数料がかかるのに対して、dカード GOLDは手数料がかかりません

また、1,000米ドル相当額以内の現地通貨を用立ててくれる緊急キャッシュサービスも利用可能です(別途キャッシュサービスの利息が発生)。

メリット5:再発行手数料が無料

国内外を問わずクレカの紛失・盗難の被害に遭った場合、日本国内で再発行が可能です。

その際、dカードは1,100円(税込)の手数料がかかるのに対して、dカード GOLDは手数料がかかりません

メリット6:紛失・盗難の補償期間が90日間

≪画像元:NTTドコモ

dカード GOLDが紛失・盗難にあって不正利用されたとしても、届出をすれば全額補償されます

届け出日の60日前までが補償期間なクレカが多い中、dカード GOLDは届け出日の90日前までが補償期間です。

うっかり届け出が遅くなっても、これなら安心ですね。

メリット7:ドコモ料金の支払いでdポイントスーパー還元プログラムが+1%

≪画像元:NTTドコモ

「dポイントスーパー還元プログラム」は、ドコモサービスなどの利用条件に応じて、d払いやdカードのiD利用時の還元率がアップするプログラムです。

≪画像元:NTTドコモ

いくつかある条件のうち、「前月末時点のドコモ料金支払設定がdカード」は、dカードは対象ではありません。

dカード GOLDでドコモ料金を支払う場合に限り、還元率が1%アップします。

ドコモ料金の金額にかかわらず+1%ですから、この条件は満たしたいですね。

メリット8:ドコモ料金のカード払いで月額170円引き

≪画像元:NTTドコモ

ドコモの「ドコモのギガプラン」「ケータイプラン」を契約していて、利用料金の支払い方法をdカード・dカード GOLD(家族カード含む)に設定していると、月額170円(税別)割引になります。

ドコモ料金をdカード GOLDで支払っても、通常もらえる1%還元はありません。

その代わりに170円(税別)の割引があるので、1%還元の他のクレカの場合、支払うドコモ料金が月額1万7,000円未満なら、dカードお支払割の方がお得な計算です。

メリット9:ポイントアップの特約店が多い

≪画像元:NTTドコモ

dカード・dカード GOLDには、通常よりポイントが多く貯まる「dカード特約店」が多いです。

ローソン・ノジマでの3%オフは有名ですが、それ以外にもポイントが多く貯まる特約店があります。

主な特約店、100円→1ポイントに加えて加算されるポイントは、以下の通りです。

・メルカリ:200円ごとに+1~3ポイント

・ENEOS:200円ごとに+1ポイント

・ルートインホテルズ:100円ごとに+1ポイント

・JAL:100円ごとに+1ポイント

・高島屋:200円ごとに+1ポイント

・マツモトキヨシ:100円ごとに+2ポイント

・コナカ:100円ごとに+2ポイント

・スタバカードへのチャージ:100円ごとに+3ポイント

プラスポイントの多さなら、スタバカードへのチャージ、マツキヨあたりがおすすめです。

貯まったdポイントはJALマイルへも交換可能なため、JALマイラーにとってもおいしいカードかもしれませんね。

メリット10:豊富な商品が揃う「dカードポイントUPモール」を利用可能

≪画像元:NTTドコモ

ネット通販をする人は、「dカードポイントUPモール」も使えます。

三井住友カードのショッピングサイト「ポイントUPモール」が、ドコモ会員向けになったものです。

dカードなら「dショッピング」という高還元の通販サイトもありますが、取り扱い商品が多くありません。

dカードポイントUPモールを経由しても、ポイント還元率はさほど高くないものの、以下のようにショップは多いです。

・Amazon.co.jp:1.5%

・楽天市場:1.5%

・Yahoo!ショッピング:1.5%

・じゃらんnet:2.5%

・楽天ブックス:1.5%

・au PAYマーケット:2%

・さとふる:2.5%

Amazon.co.jpにYahoo!ショッピングがあれば、ほとんどの商品は揃うでしょう。

楽天市場やau PAYマーケットまで入っているのは、かなりの掟破りです。

メリット11:Visa/Mastercardのゴールド特典を利用可能

≪画像元:Visa

dカードGOLDは、Visa/Mastercardのゴールド特典を利用可能です。

例えばVisaブランドでは、

・帰国時の空港→自宅の荷物宅配が1個目500円

・通信レンタル料金が全プラン55%オフ、商品手配手数料(550円/件)が無料

・国際線利用時の空港荷物一時預かりが15%オフ

・ニッポンレンタカーの一般料金から15%オフ

などの特典を受けられます。

メリット12:資産運用の手数料が最大35%オフ

≪画像元:NTTドコモ

お任せで資産運用できる「THEO+ docomo」、その手数料は預かり資産額の1%(税別・年率)と、業界最低水準です。

運用平均額に応じて、この手数料を0.65%と、最大35%オフにしてくれます

まとめ

dカード GOLDには、知られざるメリットがたくさんある事が分かりました

年会費1万1,000円と、格安ゴールドカードと比較するとお高めですが、これだけのメリットがあるなら高くないかもしれません。

ただし、メリットを活用しないと結局は宝の持ち腐れになりますから、今回紹介したメリットを思う存分活用してください。

参考 dカード GOLD

シェアしてもらえると嬉しいです!