ソフトバンクのLINEMO(ラインモ) 大手キャリアの中で1番に登場した低料金プランの評判

シェアしてもらえると嬉しいです!

大手キャリア4社の中で、1番早く発表された低料金プランが、ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)です。

似たようなものにドコモの「ahamo(アハモ)」、auの「povo」がありますが、LINEMOにはこれらにはない特徴があるのです。

そして気になるのは、実際の利用者の声です。

今回は、そんな利用者の声を集めました。

LINEMO(ラインモ)とは

ラインモ

≪画像元:LINEMO

LINEMOは、2021年3月17日にスタートした、ソフトバンクの低料金プランのことです。

サービス提供開始が1番早く、話題にもなりました。

最大の特徴は、ソフトバンクとLINEが提携していることです。

名前のとおりなのですが、特にLINEの利用に関しては、データ容量を気にすることなく利用できます

それだけでもうれしいのですが、そもそものデータ容量が20GBもあり、非常に使い勝手がいいのです。

キャリアメールが使えなくなるなどのデメリットはあるものの、代替でLINEを、しかも無料で使えるのがうれしいポイントです。

LINEMO(ラインモ)利用者の実際の評判

では、LINEMOの実際の利用者の評判を集めたので紹介します。

大きく通信速度、手続き、そして総合的にどうかの3つでお話をします。

通信速度

まずは通信速度です。

20GBの容量があるので、通信速度が速いかどうかが次の課題です。

この点に関しては問題なく使えている利用者が多く、特に悪い印象はありませんでした。

LINEMOは、ソフトバンクやワイモバイルの回線を使っているため、通信速度が遅かったり、通信環境が不安定であったりすることは少ない傾向にあります。

もちろん、一部エリアでは影響が出ているようですが、前からソフトバンクやワイモバイルの回線が使えていたエリアなら、問題なく使えるでしょう。

手続き

続いて手続きの評判です。

本記事執筆時点で、LINEMOの契約はオンラインのみとなっており、店舗での契約はできません

今後、店舗でのサポートが始まる可能性はありますが、有償の可能性もあるため、できればオンラインでの手続きをおすすめします。

手続きに関しては非常にシンプルで、操作にそれほど手間取ることはないでしょう。

なお、手続きはオンラインショップではなく、専用サイトからになるので注意が必要です。

総評

総評としては悪くない口コミが多い印象です。

月額料金が安くなり、もともとのプランより大容量で使えることにメリットを感じるユーザーがほとんどでしょう。

また、ahamo、povo同様に5G通信にも対応しているため、今契約しても5G普及後にプランを変更する必要もありません。

ただ、一部回線のトラブルも見受けられ、完全に安定したものかと言われるとやや不安が残ります。

それでも通信量を安く抑えたい、データ容量を多く使いたい、そして5G回線に接続できるというメリットは大きいでしょう。

気になるならば、まずはLINEMO専用サイトから確認してください。

LINEMO

大きなデメリットはなし

ソフトバンクが提供する低価格プラン、LINEMOの実際の利用者の声を紹介しました。

まだまだ始まって日が浅いということもありますが、出だしは好調な様子です。

現在不安に思われている回線の問題も、ゆくゆくは改善・整備がされていくでしょう。

今後の動きが気になる所ですが、今現在、大きなデメリットはありません。

もう少し様子を見るのもありですが、ほぼ契約することが決まっているのであればすぐに契約してしまっても問題はないでしょう。

シェアしてもらえると嬉しいです!