ドコモの「通話のみ」プランはいくら? スマホとガラケーの料金を解説

シェアしてもらえると嬉しいです!

携帯電話を通話のみで使用する場合、ドコモの最安値はいくらなのでしょうか。

モバイルWi-FiやデータSIMの普及によって、スマートフォンでの通話とデータ通信を両方で使うよりも通話は通話用、データはデータ用で使い分ける人もいます

特にビジネスマンに多いこの使い分けですが、できればお得なプランで設定し月額料金を抑えたいですよね。

今回はドコモの通話のみプランの最安値を、ガラケーとスマホに分けて、最安値をキープする方法と合わせてご紹介します。

今から導入を検討している人も、プランを見直したい人も一度チェックしてみましょう。

ドコモの「通話のみ」プラン

ドコモの通話のみ契約は大手キャリアで最安値

大手キャリアと呼ばれるドコモ、au、そしてソフトバンクのうち、通話のみ契約が最安値なのはドコモです。

ドコモは「月額料金が他社より高い」といったイメージを持たれがちですが、実はこと通話のみのプランでは他の追随を許さないものが用意されています。

のちのち触れますが、この最安のプランはガラケーとスマホの両方で最安になります。

どちらか一方だけ安いというわけではありませんのでご安心ください。

特にガラケーに関してはサービスの終了も発表されたばかり。

今ガラケーの人もゆくゆくスマホへの乗り換えが必要になるわけなので、この辺りは不安の種になっていた人もいるでしょう。

その点は、ユーザーのニーズを知ってか知らずか整えられています。

ちなみに、ドコモは家族間通話がいつでも無料になります。

これはプランに入っている以内に関わらず全員が対象になります。

一方で家族以外への通話は30秒20円という設定になっています。

このことを、本題に入る前に予備知識として知っておいてください。

それぞれのプランについて

では具体的にどんなプランが最安のプランになるのでしょうか。

サービス終了が発表されていますが、契約者がいる限り通話機能は使い続けることができますので、本項ではガラケーについても記載しておきます。

また、スマホの場合ももちろんご紹介。

これからガラケーからスマホに乗り換えようと思っている人もぜひ参考にしてみてください。

ガラケーの場合

ずばり、ガラケーの通話のみプランの最安値は月額1,200円になります。

本当にそんなことが可能なのかどうかというお話ですが。家族以外との通話をほぼしない、かつデータ通信をそこまで使わないという人であれば再現不可能な金額ではありません。

現在ドコモが提供しているガラケーの通話プランは「ケータイプラン」のみになります。

このプランはまだ新規契約者を受け付けている、ガラケー唯一にして最安の通話プランなのです。

以前からガラケーを使用していて、このプランに切り替えることも可能です。

このプラン、実は基本料金が月々1,370円と最安ではないのです。

これを月額1,200円にするには、以下のいずれかの条件を満たしておく必要があります

 「dカード」もしくは「dカードGOLD」を契約してdカード支払いを設定する

2年定期契約プランで契約する

上はいわゆるクレジットカード支払いで「dカード」「dカードGOLD」を設定するだけなので、持っている人からすればあとは支払先に指定するだけです。簡単ですね。

2つ目の「2年定期契約」がイマイチピンとこない人もいるでしょう。

昨今の主流である携帯電話の各種プランは2年間か3年間という決められた期間での契約なので無理もありません。

実は「ケータイプラン」は単発での契約が可能で、定期契約しないと解約しても解約金がかからないように設定されています

ただし、こうすると月額料金は1,370円になってしまいます。

2年以上ガラケーを使う予定がある人、通話用でガラケーをよく使用する人は定期契約にしてお得にする方法がベストです。

2年以上ガラケーを使う予定がある人

スマホの場合

では、スマホの場合はどうでしょうか。

スマホの通話のみプランの最安値は1,980円で、プラン名は「ギガライト」となります。

「ん?ギガ?」と思った方は鋭い。

このプランは通話のプランではなく、データ通信のプランなのです。

だから「ギガライト」なのです。

どういうことかというと、実は通話に関してのプランというのはドコモの場合「カケホーダイ」などのプランを除いて、一律30秒20円の通話料金で統一されているからです。

別途通話プランに申し込む必要がないということですね。

必要であればオプションで付けることもできますが、家族間通話が中心の人は「ファミリー割」で無料にできます。

短時間の電話が多いならオプションは逆にデメリットになる可能性もあるので、通話料金は標準のまま、データプランを最安に抑えることで必然的に通話料金も最安になるという仕掛けです。

こちらも月額1,980円にするには以下の条件をすべてクリアする必要があります。

 「dカード」もしくは「dカードGOLD」を契約してdカード支払いを設定するor2年定期契約プランで契約する

3回線以上のドコモ回線で「みんなドコモ割」を適用する

この両方を適用して初めて月額料金を2,000円以内に抑えることができるのです。

なお、割引がかからないままの月額料金は3,150円

十分注意しながら使用しましょう。

最安値をキープするための注意点

ガラケー、スマホで最安値にする方法をご紹介しましたが、これで終わりではありません。

当然、日々使う物なのですから使い方によって料金の変動が起こることは間違いありません。

大切なのは最安値に設定することと、最安値の条件を維持することの2つ。

本章では最安値の条件を維持する方法をご紹介します。

ガラケーの場合

ガラケーで特に気にすることとしては、通話の方法に限られます。

データも100MB使えるようになっているのですが、ガラケーの場合は要領に達するとそれ以上は使えなくなるので、データの使いすぎの心配は起きません。

ここでいう通話の方法とは、「家族以外はこちらから電話をしない」ということに尽きます。

たったこれだけです。

そもそも通話料金が発生するのは、こちらから相手の番号に発信した時だけ。

相手からこちらに発信する分には費用がかからないのです。

そのため、極力こちらから発信をせず、相手からかかってきた電話を取るように心がけましょう

たったこれだけでガラケーの「ケータイプラン」での最安値の維持が可能なのです。

スマホの場合

最安値で1,980円を維持!

少しややこしいのがスマホの「ギガライト」プランで、最安値である1,980円を維持する方法

ガラケーと同じくこちらから発信しないことはもちろんなのですが、もう1つ気にしなければならないものがあります。

それはデータ通信量です。

スマホではデータプランの最安値がそのまま通話料金の最安値になることを覚えていますでしょうか。

「ギガライト」では、使った分のギガ数に応じて月額料金が変わるため、最安値を維持しようと思ったらひと月で1GBに使用量を抑えなければなりません

そのためにできることとしては以下のような方法があります。

 不要なアプリの削除

モバイルネットワークを切断しておく

 データを使用する場合はWi-Fi

以上の3点と通話のルールを気にして、徹底することで最安値を維持することができるのです。

スマホの場合はハードルが高いかもしれませんが、他の端末でデータ中心の使用ができるのであれば、通話用のスマホはデータ通信から切断しておくといいでしょう。

まとめ

ドコモのガラケーとスマホのそれぞれに分けた通話のみプランの最安値の設定方法と維持の仕方を説明しました。

なかなかハードルが高いように思えますし、毎月最安値で2年間ないしそれ以上をキープするのは至難の業です。

しかし、今使っている通話プランで本当にいのか悩んでいる人はこの機会にぜひ見直してみましょう。

新たな発見から、思わぬ節約につながるかもしれませんよ。

シェアしてもらえると嬉しいです!