安い?docomo withの料金やお得かどうかを徹底解説!メリット・デメリットも!

シェアしてもらえると嬉しいです!

docomo with

最近、母ちゃんから「docomo withって安い?実際お得なの?」と執拗に質問攻めされました。

確かに、パッと見は安くてお得なのか分かりませんよね・・・

しかも、「毎月1,500円も割引されるには何か罠やデメリットがあるのでは?」と疑いたくもなります。分かります、その気持ち。

そんな疑問に答えるために、本記事では「docomo with」について、サービスの内容、お得な申し込み方法、メリット・デメリット、どんな人にオススメか、iPhoneとの月額料金の比較、注意点、評判・口コミ、などを徹底解説します!

新規契約・機種変更でdocomo withに加入する方は、ドコモ公式のオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメ!

僕はショップで頭金と言う名の手数料10,800円を取られ、待ち時間・手続きも合わせて2時間半もかかりました・・・オンラインショップを使わないと、本当に損!

  • 頭金10,800円が不要
  • 手数料2,160円が不要
  • 3時間かかる手続き時間はゼロ
  • プランやオプションの強制加入が無い

参考  ドコモオンラインショップ

すまっち
僕も実際にdocomo withでスマホを使っているけど、コスパ最高です!

スポンサーリンク
広告

docomo with(ドコモ ウィズ)の概要

docomo with 内容

docomo withとは

アレっち
docomo withって何ですの?
すまっち
docomo withとは、対象機種を購入すると次の機種に変更するまでずっと毎月1,500円が割引されるサービスだよ!同じ機種を長く使うほどお得になる!

「docomo with(読み方:ドコモウィズ)」の対象機種を購入すると「docomo with」が適用され、次の機種に変更するまでずっと毎月1,500円が割引されます

また、docomo withの対象機種は限定されているのですが、対象機種は機種代金が安いのが特徴!

対象機種の本体価格が安く、その上毎月1,500円割引されるので、これが安さの秘訣になっています。

ただし、デメリットとして、機種を購入した際の機種代金割引である「月々サポート(24ヶ月間)」が適用されません。

ちなみに「月々サポート」とは下の画像の赤枠箇所の割引です。ドコモでスマホを購入すると24ヶ月間はこの割引が適用されるんですよね。

(端末を購入すると、通常は月々サポートが適用)

docomo withでは月々サポートの割引はありませんが、その代わりにずっと割引が続くので、長く使うほどお得になるのがメリット!

特に、同じ機種を25ヶ月以上使うような人は、間違いなく従来よりも携帯料金が安くなっちゃうんです。

公式  docomo withの詳細

docomo withのポイントをまとめるとこんな感じ!

  •  対象機種が決まっている
  •  ずっと毎月1,500円割引
  •  月々サポートの割引はない
  •  長く使えば使うほどお得に

すまっち
通常のスマホと比較してどれくらい安いかは、後ほど解説します!

docomo withの適用条件

docomo withで割引を受けるためには、もちろん適用されるための条件があります。

条件は以下の通りで、ポイントは「対象機種が限定されている」ことです。残念ながら、iPhoneは現時点では対象外!

 適用条件

  • 対象機種の購入
  • 対象料金プランへの加入
  • 対象パケットパックへの加入
  • 中学生以上

現在発売中の対象機種は以下の通り。

docomo with対象機種一覧からも対象機種が確認できるので、ぜひチェックしてみてください!

販売中の対象機種

  • LG style
  • arrows Be
  • AQUOS sense
  • Galaxy Feel
  • らくらくスマートフォンme

ちなみに、おすすめ機種がどれか悩ましいので、実際に使ってみてどの機種が使いやすいかを以下の記事で比較しました。こちらもぜひ後ほどご参考ください!

「少しでも毎月の携帯料金を安くしたい!」、そんな声に答えるのが毎月1,500円の割引が適用される「docomo with(ドコモウィズ)...

次に、対象のパケットパックは以下の通り。基本的には皆さんが普通に加入するパックが対処です。

 対象のパケットパック

  • ベーシックパック
  • ウルトラデータLパック
  • ウルトラデータLLパック
  • データSパック
  • データMパック
  • データLパック
  • ベーシックシェアパック
  • ウルトラシェアパック(30・50・100)
  • シェアパック(5・10・15・20・30)など

最後に、対象のプランは以下の通り。

 対象のプラン

  • カケホーダイプラン
  • カケホーダイライトプラン
  • シンプルプラン

すまっち
対象機種がAndroidの一部機種に限定されているけど、プラン等の条件は緩いよ!

docomo withの適用終了条件

「docomo with」は一度適用されても、以下の条件を満たした場合は毎月1,500円の割引が終了するのでご注意ください。

 終了条件

  • 対象外機種への機種変更
  • 対象プラン・パケットパックの解約
  • 回線を解約した場合

ポイントは、docomo with対象機種以外に機種変更すると、割引が終了する点です。

例えば、対象機種を購入して割引が適用されており、次の機種変更の際にiPhoneに変更した場合などはdocomo withの1,500円割引は終了します。

逆を言えば、docomo with対象機種に再度機種変更すれば、1,500円割引は継続になります。

ただし、docomo withのお得さを最大限に享受したいなら、同じ機種を長く使い続けることをオススメします。

SIMフリー端末で使えるか

docomo withが適用されているSIMカードを、SIMフリー端末や中古で買ったドコモのスマホに挿して利用する場合ですが、1,500円の割引は継続されます。

すまっち
対象機種を25ヶ月以上使うと、docomo withが最大限お得になるよ!詳しくはこの次に解説!

docomo withの毎月の料金

アレっち
で、実際どれくらい安くなるの?
すまっち
これから説明するけど、だいたい毎月1,500円以上は安くなるよ!

「docomo with」に加入した場合の毎月かかる携帯料金について説明します。

機種代金の支払い(分割時)は最初の2年間で終了するため、最初の2年間と3年目以降で月額料金が大きく異なるのがポイント。

1人で加入の場合(シェアパック未加入時)

まず、シェアパックに加入せず、単独回線(1人)で利用する場合の料金は以下の通りです。

《月額料金》

 2年間3年目以降
基本料1,836円
パケット3,780円
SPモード324円
機種代金1,512円0円
withの割引-1,620円
合計金額5,832円4,320円

※カケホーダイライト、データパックS加入時
※記載の金額は税込価格
※機種代金はGalaxy feelの時

イメージにするとこんな感じ。3年目以降は機種代金の分割払いが終了するため、月額料金が1,512円安くなります。

すまっち
機種代金を一括払いにした時は、最初から月額4,320円だよ!

家族で加入の場合(シェアパック加入時)

シェアパックの子回線時の料金は以下の通りです。

シンプルプランに加入すれば、3年目以降はまさかの月額302円(税込)と激安価格でスマホが持てるのが特徴!

《月額料金》

 2年間3年目以降
基本料1,058円
パケット0円
シェア月額料540円
SPモード324円
機種代金1,512円0円
withの割引-1,620円
合計金額1,814円302円

※シンプルプラン加入時
※記載の金額は税込価格
※機種代金はGalaxy feelの時

イメージにするとこんな感じ。3年目以降は機種代金の支払いがなくなるので、たったの302円となります。子供の携帯に超オススメ!

docomo with シェア 料金

シンプルプランの補足をしておきます。

 シンプルプランとは

シンプルプランとは、基本料金が税抜980円になるプランです。基本料が安い代わりに、通話料は30秒毎に20円がかかるので、あまり電話しない人におすすめのプランになります。

シンプルプランの詳細については以下の記事で解説しました。興味がある方はコチラもご参考ください!

ども、すまっち(@sumaare99)です!質問などはツイッターで受付しています! 2017年5月24日からドコモで「シンプルプラン」...

すまっち
機種代金は一括払いした時は、最初から月額302円で使えるよ!安い!

docomo withと高いスマホの料金比較

色々解説しましたが、ここからが一番大事!

結局、「docomo withに加入すると、今までよりもどれくらい安いのか?」という疑問にここでお答えします。

今回は以下を前提として、月額料金(税込)を比較します。

 前提

  • 機種変更で機種を購入した場合
  • カケホーダイライト+データパックSに加入
  • キャンペーンの割引は考慮しない
  • オプション料金は考慮しない
  • 単独回線時(シェア未加入時)の料金

なお、参考までに、「docomo with」の対象機種購入時の機種代金と月々サポートは以下の金額です。

機種代金1,512円/月
月々サポート0円/月
withの割引-1,620円/月
実質負担金−108円/月

※機種代金はGalaxy feelの時

まず結論から言うと、docomo withだと最初の2年間で合計3〜6万円安くなり、3年目以降も毎月1,620円が安くなります!

今回は単独回線の料金を記載していますが、シェアパック加入時もほぼ同様です。

すまっち
月額1,620円の割引は年間で2万円弱、2年間なら4万円弱になるよ!

iPhone 8購入時との比較

iPhone 8(256GB)の機種代金と月々サポートの金額は以下の通り(2018年2月時点)。

機種代金の分割支払い時、2年間はこの実質負担金が発生します。

機種代金4,455円/月
月々サポート-2,376円/月
実質負担金2,079円/月
その他の機種の端末価格を確認する

Galaxy Feel(docomo with)とiPhone 8の月額料金の差を図にするとこんな感じ!

docomo with 料金比較

すまっち
docomo withなら最初の2年間だけで合計5.3万円も安くなるよ!凄い!

docomo with対象機種に機種変更する場合、以下の記事でめちゃくちゃ安くする方法を解説しています!こちらもぜひご参考に!

携帯料金や機種代金は本当にバカにできない料金ですよね。 どうせ機種変更するなら、少しでも安く済ませたいと思いませんか? 「機種変更を...

Xperia XZ1(SO-01K)購入時との比較

次に2017年11月に発売して、Android端末の人気機種のXperiaとの比較を行います。

Xperia XZ1の機種代金と月々サポートの金額は以下の通り(2018年2月時点)。機種代金の分割支払い時、2年間はこの実質負担金が発生します。

機種代金3,591円/月
月々サポート-2,295円/月
実質負担金1,296円/月

Galaxy Feel(docomo with)とXperia XZ1の月額料金の差を図にするとこんな感じ!

docomo with 月額料金 比較

すまっち
docomo withなら最初の2年間だけで合計3.4万円も安くなるよ!

docomo with対象機種に機種変更する場合、以下の記事でめちゃくちゃ安くする方法を解説しています!こちらもぜひご参考に!

携帯料金や機種代金は本当にバカにできない料金ですよね。 どうせ機種変更するなら、少しでも安く済ませたいと思いませんか? 「機種変更を...

docomo withの申し込み方法

「docomo with」は、ドコモショップ、家電量販店、ドコモオンラインショップで対象機種を購入することで適用されます。

ショップや量販店で買う場合は「docomo with」が目的であることを伝えましょう!

ただ、確実に安く買えるのは「ドコモオンラインショップ」です。

オンラインショップで購入すれば、以下のようなメリットがあります!オプションの強制加入も考慮すると、ショップ等で買うよりも確実に1万円近くも安くなります!

参考  ドコモオンラインショップ

  •  頭金が最大10,800が不要
  •  事務手数料2,160円が無料
  •  手続き時間2〜3時間がゼロ
  •  プランとオプションの強制加入がない

端末の自宅受取ならドコモショップに行く手間が省けますし、ドコモショップでの受取を指定すればショップでの待ち時間や手続き時間を半分ほどに短縮できます!忙しい人にぴったり!

オススメは自宅配送にして、もし分からない場合はその後にドコモショップに行くことです!ドコモショップは常に混雑しているので、2〜3時間かかるので自宅配送が超オススメ!

参考  ドコモオンラインショップ

ドコモ公式のドコモオンラインショップを使ったことがない人は、以下の記事で詳細に解説したので、こちらもご参考ください!

ドコモショップ・家電量販店で機種変更すると、頭金がかかるわ、待ち時間・手続き時間で2〜3時間待たされるわ、あまり良いことがありません。...

すまっち
オンラインショップなら、ネットショッピング感覚でスマホの機種変更が簡単に可能!便利すぎる!

ショップ・家電量販店で購入すると頭金がかかるので要注意

下のツイートはGalaxy Feelの頭金についてです。

僕が行ったドコモショップでは、頭金は10,800円でした。実際は頭金ではなくショップの儲けになるただの手数料なので、支払うだけ損なのでご注意ください!

すまっち
ショップで購入すると、「頭金」の分だけ機種価格が高くなっているので要注意!

docomo withのメリット・デメリット

次にdocomo withのメリットとデメリットを簡単にまとめます。

docomo withのメリット

docomo withのメリットをまとめるとこんな感じ!

  •  ずっと毎月1,500円割引
  •  機種代金が安い(実質負担金0円以下も多い)
  •  シェアパック子回線なら最安維持費が302円
  •  SIMフリー端末にSIMを挿しても割引継続

既に説明した通り、「docomo with」は一度購入した端末を使い続けるほど、その恩恵が大きくなります。

3年目以降に関しては、1,500円×利用月数の分だけ普通のスマホを買った時よりも安くなります。

また、先ほど通常時と料金を比較した通り、「docomo with」の対象端末は機種代金がかなり安いのもメリット!

最後に、「docomo with」が適用されている対象機種から自分で用意したSIMフリー端末にSIMを差し替えて利用した場合、この場合は1,500円の割引は継続となります。

すまっち
僕もdocomo with対象機種を何台も持っていますが、安いのに結構使いやすいので大満足!

docomo withのデメリット

docomo withのデメリットをまとめるとこんな感じ!

  •  対象機種が限定
  •  高いスマホにスペック・使い勝手で劣る
  •  3年以上同じ端末を使うのは大変
  •  機種を買わないとdocomo withに加入不可

まず、一番のデメリットはiPhoneが対象外である点です。

 2018年7月追記

2018年7月、docomo withがiPhoneにも対応する可能性を示唆したニュースが報道されました。おそらく、2018年9月の新型iPhoneの際に、iPhoneも対象になることが予想されます。

また、「docomo with」の対象機種は他のAndroid端末よりもスペック・使い勝手が劣ります。これは安いので仕方ありませんが・・・

参考  docomo with対象機種を確認する

次に、特に値引きのメリットが大きい3年目以降ですが、同じスマホを3年以上使うのは結構しんどいのが本音。

というのも、丸2年以上使った時点で、バッテリーの消耗は早くなりますし、動作が鈍く(カクカク)なりがちなので・・・

最後に、docomo withは対象端末の購入が必須なので、プラン変更等では加入できません。

docomo withの対象機種を他所で購入したり他人から譲り受けても、1,500円割引は適用されないのでご注意ください。

すまっち
とは言え、実際にdocomo withを使っていますが満足度は高い!毎月の携帯料金を安くしたいならオススメ!

docomo withはこんな人にオススメ

docomo withは確かに通常よりも携帯料金が安くなります。

ただ、デメリットもあり、「どんな人にオススメなの?」と疑問を持たれると思うので、オススメな人をまとめると以下のような感じ!

  •  高性能なスマホにこだわらない人
  •  iPhoneでなくても構わない人
  •  小学生〜高校生のスマホデビュー
  •  丸2年以上も同じスマホを使う人
  •  毎月の携帯料金をとにかく安くしたい人

すまっち
スマホをネット検索、LINE、動画、インスタなどのSNSを中心に使う人は、docomo withの機種でも十分だよ!

docomo withの注意点

「docomo with」の注意点をまとめるとこんな感じ!

  •  対象外機種の機種変更で割引終了
  •  重複適用が不可のキャンペーンや割引あり

まず、docomo withは対象外機種に機種変更をすると割引は終了します。

仮に、機種変更後もdocomo withの対象機種の場合は、再度割引は適用になりますが、その場合は機種変更から2年間は機種代金が再度発生します。

また、以下に記載の割引とは、割引が併用(両方とも割引すること)できず、docomo withが適用になった場合は以下の割引は終了となります。

 併用不可の割引

  • 月々サポート
  • ドコモの学割2018
  • ドコモの学割2017
  • はじめてスマホ割
  • シニア特割
  • ドコモにチェンジ割
  • シニアはじめてスマホ割

docomo withの評判・口コミ

ツイッター上の評判や口コミはこんな感じ!

ポジティブな口コミ・評判

まずはポジティブな口コミ・評判!

すまっち
ポジティブな口コミだと、「安い!」「安い割に使いやすい!」という声が多いよ!

ネガティブな口コミ・評判

次はネガティブな口コミ・評判!

すまっち
ネガティブな口コミとしては、「格安SIMほど安くない」「機種に魅力を感じない」といったものがあるよ!

docomo withの狙い

docomo with 狙い

総務省の指摘により、端末の実質負担金が0円になることが禁止され、各社とも実質負担金が上がってユーザーの負担が重くなったのは周知の事実です。

しかし、今回の「docomo with」であれば、割引は端末の購入に当たらないので、この実質負担金が0円どころか、税込価格で考えるとむしろマイナスになり、結果として安くなります。

機種代金1,512円/月
月々サポート0円/月
withの割引-1,620円/月
実質負担金−108円/月

※機種代金はGalaxy feelの時

さらに、この施策は対象機種を限定し、さらに同じ機種を長期間使う人が恩恵を受けるので、恩恵を受ける人は必ずしも多くはありません(とは言っても、加入者は200万人を超えました)。

全員に割引を適用してしまうとドコモの減収影響が大きいので、制約を作るのは営利企業としては当然といった感じです。

すまっち
型落ちしたiPhoneがdocomo withの対象機種になったら、かなり最高!待ち遠しい!

まとめ

以上、「docomo with」の徹底解説でした!詳しく書きすぎて長くなり失礼しました・・・

docomo withは機種が限定されていますが、対象機種は徐々に増え、端末にハイスペックを望まない人であれば、携帯料金を大幅に安くできるのでオススメです!

繰り返しになりますが、損をしないためにも機種変更はドコモオンラインショップでしましょう!

参考  ドコモオンラインショップ

最後に、以下の記事もおすすめです!ぜひご一読ください!

携帯料金や機種代金は本当にバカにできない料金ですよね。 どうせ機種変更するなら、少しでも安く済ませたいと思いませんか? 「機種変更を...
「少しでも毎月の携帯料金を安くしたい!」、そんな声に答えるのが毎月1,500円の割引が適用される「docomo with(ドコモウィズ)...
スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!