iPhone 8からiPhone SE(第2世代)への機種変更はアリ?8つの違いをまとめてみた

シェアしてもらえると嬉しいです!

iPhone SE(第2世代) iPhone8 違い

ども、元ソフトバンク社員のすまっちです。

iPhone SE2が出る出る詐欺をしていましたが、遂に旧iPhone SEの後継モデルとなる新型「iPhone SE(第2世代)」が発表されました。

「最近のiPhoneはデカくて困るわ・・・」と愚痴をこぼしていた、僕のオカンも大歓喜。

しかしですよ、パッと見はiPhone 8と変わらず、これから5Gが本格化する中で、新しいiPhone SE(第2世代)を購入すべきか悩ましいですよね。

ということで、ソフトバンクでiPhoneの仕事にも携わっていた僕が、iPhone SE(第2世代)とiPhone 8の違いを徹底比較します。

現在、旧iPhone SE、iPhone 7、iPhone 8などを利用している人は、ぜひご参考ください。

 この記事を読むと分かること

  • 8つの違い
  • 8→第2世代SEはアリ?
  • 数万円お得に買う方法

新型iPhone SEを数万円お得に購入するためにも、以下の記事も後ほど必読です。

知らないで損しないようにご注意を・・・

携帯料金や機種代金は本当にバカにできない料金ですよね。 どうせ機種変更するなら、少しでも安く済ませたいと思いませんか? 「機種変...
「あ〜スマホって高い。安く機種変更できないの?」 分かります、その悩み。僕なんかは少しでも安く機種変更したいので、あの手この手で安くす...
「少しでも安く機種変更したい!」 今のスマホは高額なので、少しでも安く機種変更したいですよね。最新のiPhoneはどれも10万...

すまっち
iPhoneは一度買うと2年は継続して使うので、ぜひ最後まで読んで後悔のない買い物をしよう!

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8のスペック・機能の違い

まず、スペック(性能)・機能の違いを比較してみます。

スペックの違い

スペックの比較はこんな感じ!

青字箇所が優れている方を指します。

 新iPhone SEiPhone 8
SIMデュアルSIM
(eSIM)

nano-SIM
CPUA13 BionicA11 Bionic
アウトカメラ1200万画素
インカメラ700万画素
画面サイズ4.7インチ
画面の解像度1334×750
(326pi)
画面の種類Retina HD
(液晶)

バッテリー1821mAh
RAM3GB
通信ギガビット級
LTE
4G LTE-
Advanced
本体容量64GB
128GB
256GB
重量148g

参考 iPhoneの仕様詳細

すまっち
スペックの違いがあるのは、「CPU」「カメラ」「通信速度」「対応SIM」だけで、実はそれ以外はiPhone 8とほぼ同じスペック!

機能の違い

基本的な機能の比較は以下の通り。

 新iPhone SEiPhone 8
防水・防塵IP67
Apple Pay
※予備電力付き
ワンセグ×
Bluetooth
※Bluetooth 5.0
指紋認証
(Touch ID)
顔認証
(Face ID)
×
空間オーディオ×
Dolby Atmos×
3D Touch×
触覚タッチ×
Wi-Fi
Wi-Fi 6対応

Wi-Fi 5対応
ワイヤレス充電
高速充電

基本的な機能の違いは、「エクスプレスカードの予備電力機能」「Wi-Fi規格」「触覚タッチ」の3つ!

Suicaなどの交通系ICカードをiPhoneで使う場合、「電源が切れたら使えないのでは?」と疑問に思いますよね。

iPhone SE(第2世代)は予備電力機能があるので、電源オフのiPhoneでもSuicaの利用が可能!

また、iPhone SE(第2世代)はWi-Fi 6にも対応。

3D Touchには対応していませんが、iPhone 11などで対応している触覚タッチには対応しています。

「触覚タッチってなんやねん!」と疑問に思うかもしれませんが、3D Touchと似たような機能と覚えておけばOK。

アレっち
機能の差もそんなにないよ!詳しくは後述!

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8の違い

iPhone SE(第2世代) iPhone8 違い

さて、ここからが本題。

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8の違いを解説します。

結論から言うと、8つの違いは以下の通り。

  •  CPU
  •  SIM
  •  カメラ
  •  通信速度
  •  Wi-Fi規格
  •  触覚タッチ
  •  カラーバリエーション
  •  予備電力付きエクスプレスカード

実は違いはたったこれだけで、その他のスペック・サイズ・デザインは全く同じ!

さらに、この8つも些細な違いを除けば、「CPU」「通信速度」「カメラ(動画撮影)」が主な違いになります。

というか、個人的には、iPhone 8の処理性能と通信速度が上がったのが、iPhone SE(第2世代)だと思っているくらい(笑)

それくらい、iPhone SE(第2世代)はiPhone 8とそっくりさん。

アレっち
それぞれ違いを詳しく解説していくよ!

CPUの違い

iPhone SE(第2世代) iPhone8 cpu 違い

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8の最大の違いはCPU。

CPUとは、スマホの処理性能を左右するチップで、高性能なほどスマホがサクサク快適に動きます。

それぞれ搭載しているCPUは以下の通り。

iPhone 8A11 Bionicチップ
iPhone SE
(第2世代)
A13 Bionicチップ

「A13 Bionicチップ」とは、iPhone 11やiPhone 11 Proと同じであり、2020年4月時点ではスマホの中で最高峰となる処理性能を誇るCPUなんです。

iPhone11 antutuベンチマーク(左:iPhone 11、右:iPhone XR)

処理性能を測る「Antutuベンチマーク」で、例えば、iPhone 11は45万というハイスコアを叩き出しています。

Androidのハイエンド機で35万前後のスコアなので、A13 Bionicチップの凄さは一目瞭然。

実際に、iPhone SE(第2世代)とiPhone 8でスコアを比較してみた結果は、下の通り。

iPhone SE(第2世代) iPhone8 antutuベンチマーク(左:第2世代iPhone、右:iPhone 8)

すまっち
iPhone 11と同じ処理性能なのが分かるね!iPhone 8と比べると、処理性能は2倍以上!

公式サイトでもiPhone 8と比較すると、CPUで最大1.4倍、GPUで最大2倍の性能、と謳われていますが、確かに記載通りの凄さ!

iPhone SE(第2世代) iPhone8 cpu 違い(引用元:Apple公式

したがって、iPhone SE(第2世代)では、どんな操作をしても、基本的にはサクサク動いて、快適なのが特徴!

特に、「荒野行動」「PUBG」などのFPSゲームの挙動も最高にスムーズ。

すまっち
スマホがカクカク動くとストレスが溜まるけど、iPhone SE(第2世代)はその心配は無し!

SIMの違い

iPhone SE(第2世代) iPhone8 eSIM

iPhone SE(第2世代)はeSIMにも対応!

「eSIMとは何ですの?」と疑問に思う方に、超簡単に説明すると、

 eSIMとは

eSIMとは、SIMが実質的に2つ使える機能です(一つは内蔵)。つまり、電話番号が2つ持てるし、2つのSIMの使い分けが出来ます。例えば、ドコモのSIMを使いつつ、サブとして格安SIMのSIMを使い、データ通信は格安SIMを使うようなことも可能。ただし、2020年4月時点では、eSIMに対応している国内キャリアは、「IIJ」と「楽天モバイル」のみ。

上記の説明の通り、そもそも国内ではまだeSIM対応キャリアは少ないですし、「使い方が分からない・・・」を理由に、ほとんどの人が使わないことが想定されます。

元ソフトバンク社員の僕ですら、使う予定は無し。なので、eSIMの違いは、あまり気にしなくてもOK!

アレっち
海外に行く時にeSIMがあると便利だけど、2020年はあまり海外旅行に行けそうにないね!

カメラの違い

iPhone SE(第2世代) iPhone8 カメラ 違い

iPhone SE(第2世代)のカメラがiPhone 8よりも優れている点をまとめると、

  •  次世代スマートHDR
  •  ポートレート撮影
  •  動画撮影
  •  手ぶれ補正

違いは上記のみ。

なので、画素数、ズーム性能、F値などの割と多くのスペックは似通っています。

次世代スマートHDRの違い

スマートHDRとは

まず「スマートHDRって何やねん?」と疑問に思う方のために簡単に説明すると、写真の明暗さ(明るさと暗さ)を調整して、より自然な仕上がりに自動で行う機能です。

百聞は一見に如かずなので、iPhone 8(通常のHDR)とiPhone 11(次世代スマートHDR)の違いを写真で見てみます。

▼クリックすると写真を拡大できます▼

ご覧の通り、iPhone 8では木の葉っぱが暗く写ってディテールが精細に見ることができませんが、次世代スマートHDRは明るく補正されて、ディテールまで識別することが可能。

要は、明暗差を自動で調整し、明暗差をハッキリさせることで、より美しい写真が簡単に撮れるということ!

アレっち
逆光で被写体が影で暗くなる場合などでも、明るさが調整されて、影で写真が破綻しないよ!

ポートレート撮影の違い

iPhone SE(第2世代)はポートレート撮影(背景ボケ)に対応しています。

なので、人物でも物でも、簡単にプロのような質感で本格的な写真の撮影が可能。

アレっち
ポートレートで撮ると、背景がボケて、エモい写真に仕上がるよ!

ただし、iPhoneのポートレートの弱点としては、被写体からカメラを離さないといけないので、料理写真を撮るのには不向き。

また、ポートレートのボケ味の精度もまだまだ改善の余地があります。頑張れ、Apple。

iPhone 11 Google Pixel 4 カメラの比較(iPhone 11で撮影。被写体に近寄れない)

Google Pixel 4 料理撮影(Google Pixel 4で撮影。被写体に近寄れる)

動画撮影の違い

ビデオ撮影(アウトカメラ)の違いは、以下の3つ。

  •  ステレオ録音
  •  QuickTakeビデオ
  •  拡張ダイナミックレンジ

「ステレオ録音」とは、その名の通り、ステレオスピーカーでの録音になります。

iPhone 8のビデオ撮影はモノラルスピーカーでの撮影なので、音に拡がりがないのですが、iPhone SE(第2世代)はステレオ録音なので、音に拡がりがあるのが特徴。

<新型SEと8の動画撮影の違い>

iPhone SE(第2世代) iPhone8 カメラ 比較(新型iPhone SEと8の動画撮影の違い)

「Quick Takeビデオ」とは、シャッターを長押しすると、ビデオ撮影が始まる機能。

iPhone 8ではシャッターを長押しすると、連写が始まりますが、iPhone SE(第2世代)では動画の録画が始ま流ので、とっさに動画撮影をしたい時に便利。

最後に、「拡張ダイナミックレンジ」とは、明暗さを調整して、光の白とびを抑えたり、暗部の明るさを引き立てたりして、動画をより自然な仕上がりに機能です。

すまっち
実際に動画が撮れ次第、動画を用いて解説するよ!しばしお待ちを!

手ぶれ補正の違い

iPhone SE(第2世代) 自撮り 手ぶれ補正

iPhone 8では、インカメラで動画撮影をした場合、手ぶれ補正がないのに対し、iPhone SE(第2世代)は手ぶれ補正があります。

したがって、インカメラで自撮りの動画撮影をする際は、iPhone SE(第2世代)の方が画面のブレが圧倒的に少ない!

例えば、動きながら撮った自撮り動画をインスタにアップしたり、インスタライブに配信する際に、手ぶれ補正がある方が断然見やすい映像になります。

アレっち
自撮りで動画をよく撮る人は、手ぶれ補正は絶対にあった方がいいよ!

通信速度・Wi-Fiの違い

iPhone SE(第2世代) 通信速度

通信速度については、iPhone SE(第2世代)がギガビット級LTEに対応しているので、iPhone 8よりも通信速度が速いのが特徴!

ただし、どちらも5Gには対応していません。

iPhone SE(第2世代) iPhone8 通信速度 比較

実際に、通信速度を計測した結果は以下。

何度も計測して、不整合がないことは確認済み。青字が速度の速い方を指します。

 新iPhone SEiPhone 8
ドコモ下り:138
上り:19
下り:38
上り:8
au下り:46
上り:17
下り:32
上り:8
ソフトバンク下り:33
上り:27
下り:22
上り:22

※土曜の品川区で19時台に計測、単位はMbps

計測画面は下の通り。

<ドコモの速度の違い>

<auの速度の違い>

<ソフトバンクの速度の違い>

ご覧の通り、全てのキャリアで上りも下りも、iPhone SE(第2世代)の通信速度が速いことが分かりました。

というか、ドコモの通信速度がズバ抜けすぎ(笑)

流石、電波のドコモ。

ちなみに、iPhone SE(第2世代)はWi-Fi 6にも対応しています。

なので、Wi-Fi 6に対応した無線LANルーターがある場合は、iPhone 8(Wi-Fi 5)よりも通信速度が速いのが特徴。

iPhone SE(第2世代) Wi-Fi6対応

ただし、Wi-Fi 6に対応したルーターがなければ、8も新SEも違いはなし。

実際に、自宅のWi-Fiルーターの対応規格を確認したところ、残念ながらWi-Fi 6には非対応でした・・・

僕はわざわざ新しいルーターを買う気はないので、Wi-Fi 6の恩恵はなし(笑)

アレっち
通信速度にこだわる人は、Wi-Fi 6対応の無線LANルーターを買おう!

触覚タッチの違い

iPhone SE(第2世代) 触覚タッチ

iPhone 8は3Dタッチ対応なのに対し、iPhone SE(第2世代)は触覚タッチ対応です。

ぶっちゃけ、ユーザー目線で言うと、ほとんど出来ることに違いはないので気にしなくてOK。

実際、現在Appleで販売されているiPhoneは、全て触覚タッチに対応しています。

ちなみに、触覚タッチとは、iPhoneの画面を長押しすると、プレビューやメニューをすぐに呼び出せる機能。

例えば、PayPayなどのQRコード決済を使う時、わざわざアプリを起動して、バーコードを出すのは面倒ですが、触覚タッチを使えばワンタッチでQRコードを表示できます。

iPhone SE(第2世代) 触覚タッチ(iPhone 11 Proでの触覚タッチ利用イメージ)

また、LINEの既読を付けずに読むのも、触覚タッチを利用すればできます。

既読を付けたくない人には、この機能を使ってこっそり未読のままLINEの内容を読んじゃいましょう。

iPhone SE(第2世代) LINE 未読のまま読む(新型iPhone SEでも未読のまま読めた)

アレっち
触覚タッチは地味に便利なので、ぜひ使ってみよう!

カラーバリエーションの違い

iPhone SE(第2世代) iPhone8 本体カラー 違い(引用元:Apple公式

本体カラーの違いは、以下の通り。

 新iPhone SEiPhone 8
ブラック 
ホワイト 
レッド 
グレー 
シルバー 
ゴールド 

ちなみに、本体デザインは第2世代SEと8で全く同じですが、前面のベゼルの部分については、第2世代SEは黒で統一されている相違点もあります。

iPhone SE(第2世代) iPhone8 ベゼルの色 違い(左:第2世代SE、右:iPhone 8)

すまっち
僕は無難にホワイトを買ったけど、iPhone SE(第2世代)ならたぶんレッドが人気!

予備電力付きエクスプレスカードの違い

iPhone SE(第2世代) iPhone8 Suica 違い

iPhone 8もiPhone SE(第2世代)もApple Payが使えますが、Suica(交通系IC)を登録した際に、挙動が異なります。

iPhone 8は電源オフだとSuicaが使えなくなりますが、iPhone SE(第2世代)の場合は電源オフでも利用可能。

なので、「やっべ、iPhoneの電源がオフだからSuicaで改札に入れない(出れない)」といったトラブルに陥ることも無し。

アレっち
iPhoneでSuicaを使っている人には、地味に嬉しい機能だよ!

iPhone 8からiPhone SE(第2世代)への機種変更はアリ?

iPhone8からiPhone SE(第2世代)への機種変更はアリ?

で、結局、iPhone 8からiPhone SE(第2世代)への機種変更はアリか?

結論から言うと、以下のような人は機種変更する価値がアリ!

  •  コスパ重視
  •  持ちやすさ重視
  •  指紋認証(ホームボタン)重視 
  •  スマホ依存症ではない人

iPhone SE(第2世代)は高性能版のiPhone 8ですが、処理性能が高いので、iPhone 8とはまた別のユーザビリティを味わえます。

そして、現在発売中のiPhoneはいずれも画面がデカく、価格が高く、重いのがネック。

なので、とにかくコスパや持ちやすさを重視する人は、iPhone SE(第2世代)で十分!

逆に、動画・ゲームを頻繁にする人は、これを機に大画面のiPhoneに機種変更するのもアリ。

2020年は間違いなく自粛の年なので、ぶっちゃけ、カメラや防水機能などが優れていても、あまり使う機会がないことが予想されます。

したがって、あまり性能にはこだわらず、コスパ最強のiPhone SE(第2世代)で十分だと思いませんか?

一方で、自粛の年だからこそ、動画・ゲーム・写真などのエンタメがより楽しめる時代なので、これを機にiPhone 11などのハイエンドのiPhoneに機種変更するのもアリ。

「iPhone 11も気になる・・・」という方は、以下の記事も後ほどぜひご参考ください!

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11はどっちが買いか?元ソフトバンク社員が、違いを徹底解説!

すまっち
自粛の年、来るべき不況を考えると、コスパ最強のiPhone SE(第2世代)は買いだよ!

iPhone SE(第2世代)・8の違いまとめ

iPhone SE(第2世代) iPhone8 違い

以上、iPhone SE(第2世代)とiPhone 8の違いの解説でした。

最後に、両機種の違いをおさらいすると、

  •  CPU
  •  SIM
  •  カメラ
  •  通信速度
  •  Wi-Fi規格
  •  触覚タッチ
  •  カラーバリエーション
  •  予備電力付きエクスプレスカード

一言で言うと、iPhone 8の処理性能を上げて、動画撮影のスペックを上げ、通信速度が速いのがiPhone SE(第2世代)です!

ちなみに、新型iPhone SEを数万円お得に購入するなら、公式オンラインショップがオススメです。

参考 ドコモオンラインショップ

参考 auオンラインショップ

参考 ソフトバンクオンラインショップ

これから機種変更する人は、損しないためにも、以下の記事も必読。

携帯料金や機種代金は本当にバカにできない料金ですよね。 どうせ機種変更するなら、少しでも安く済ませたいと思いませんか? 「機種変...
「あ〜スマホって高い。安く機種変更できないの?」 分かります、その悩み。僕なんかは少しでも安く機種変更したいので、あの手この手で安くす...
「少しでも安く機種変更したい!」 今のスマホは高額なので、少しでも安く機種変更したいですよね。最新のiPhoneはどれも10万...

iPhone SE(第2世代)の購入レビューが気になる人は、以下のぜひ!

iPhone SE(第2世代)は使いやすい?元ソフトバンク社員が実機を購入し、ガチで評価・レビューをします!

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11の比較記事はこちら!

iPhone SE(第2世代)とiPhone 11はどっちが買いか?元ソフトバンク社員が、違いを徹底解説!

iPhoneをどこで買うか悩んでいる人は、以下の記事もご参考に!

2019年のiPhone新モデルのiPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxがとうとう発売開始しました! 日本中の...

シェアしてもらえると嬉しいです!