【次期iPhone情報】ネーミングから機能まで予想します

シェアしてもらえると嬉しいです!

2021年に登場する次期iPhoneの噂が次々とリークされ、こんなモデルになるのかというイメージができ上がりつつあるでしょう。

そんな中、採用されるディスプレイや機能、ネーミングだけではなく新しい撮影方法の情報がリークされています。

次期iPhoneはいったいどんなモデルになるのか、気になる点をまとめてみました。

次期iPhone予想

次期iPhoneの「ネーミング」について

次期iPhoneのネーミングは、早い時期からネットで使われていたiPhone13になると思っていました。

国内外を問わず、各メディアでiPhone13と呼ばれていたことから、誰もが2021年に登場するモデルはiPhone13だと思い込んだのではないでしょうか

ですが、最近のリークではiPhone13ではなく、iPhone12sになるという情報が浮上してきたのです。

iPhone13というネーミングを採用しない理由の一つとして、「13」という数字は海外では不吉な数字として扱われているからです。

これは日本でいう数字の「4」と同じで、積極的に使われない数字にあたります。

iPhone12sになるというリーカーの主張は、不吉な数字ということに加え、昨年発売されたモデルがiPhone12だったことから、十分に可能性のあるネーミングになります。

このネーミングの場合、これまで発売してきたモデルに対して、アップデートがメジャーかマイナーかで、ネーミングを変更してきました。

ネーミングを予想

例えばiPhone6(メジャー)が発売された翌年は、iPhone6s(マイナー)でした。

このことを踏まえると昨年発売されたモデルは、iPhone11sや、iPhone11s Pro/11s Pro Maxとなっていたかもしれません。

ただしiPhone12のように、5Gサービスへの対応や新しいモデル(iPhone12 mini)の追加、カメラ機能に新しい手ブレ機能やインチアップしたディスプレイを搭載するなど、とてもマイナーアップデートとはいえない進化を遂げたため、ネーミングルールから外れるしかなかったのでしょう。

もしかすると次期iPhoneがマイナーアップデートとは思えないほどの機能や、これまでにない新しいスペックを搭載するなどの進化を遂げた場合、「s」がつかないモデルになる可能性があります

そうなれば不吉な数字として避けていた13を利用するかもしれないし、iPhone9のように欠番という扱いにして一気にiPhone14、または全く違うナンバリングがされたモデルになるかもしれません

LTPOディスプレイの搭載で常時点灯が可能に

次期iPhoneについてリークされた情報によると、ハイスペックなディスプレイが搭載されると伝えられていました。

それが120Hzのリフレッシュレートと、省電力化を兼ねたLPTOディスプレイの採用です。

リフレッシュレートとは、ディスプレイ表示を1秒間に書き換える回数を表す数値です。

この数値が高ければ高いほど描画速度が高速化され、残像のない綺麗な映像を楽しむことができます。

さらにLTPOディスプレイはApple Watch Series5でも採用されているディスプレイで、リフレッシュレートを1番低くすることで、省電力でありながら常時点灯を実現させたディスプレイになります。

常時点灯機能を手に入れたApple Watchは、時刻を確認するためのジェスチャーをしなくても、時刻をしることができるようになったのです。

そのディスプレイをiPhoneに搭載すれば、常にディスプレイには時計とメッセージやメール、LINEなどのアイコンが表示され、スリープを解除することなく確認することができます

しかも常時点灯にも関わらず省電力化を実現できるので、バッテリーを心配する必要もありません。

カメラ機能の進化

iPhone12 Pro/12 Pro Maxに搭載されたLiDARスキャナーは、暗い場所でのポートレート撮影を可能にしました。

このLiDARスキャナーが全てのモデルに搭載されることで、次期iPhoneではどのモデルを購入しても、ナイトモードを使ったポートレート撮影ができるようになります。

さらにナイトモードが裏目に出てしまう夜空の撮影も、新しい「天体撮影モード」の登場で、美しく天体を撮影することができるようです。

動画機能では、背景をボカし被写体を浮き立たせるポートレートを、動画でも実現することができるようになります。

動画撮影でポートレートが利用できることで、クリエイター心に火をつけることでしょう。

動画撮影でポートレートが利用できるかも

Lightningコネクタが消える?

iPhone12シリーズでお披露目となったMagSafeは、iPhoneに新しい充電方式やアクセサリをもたらし、多くのユーザはiPhone12の購入時に合わせてMagSafeを手に入れたのではないでしょうか。

AppleはMagSafeの成功で、Lightningコネクタの排除を決定したかもしれません。

ですが、いきなりすべてのモデルから排除するのではなく、Proシリーズのみ排除して様子を見ることを考えているようです

そして非Proシリーズは従来通りLightningコネクタが搭載されているので、USB-Cが入る隙はなく、今後、登場するモデルで完全にLightningコネクタが排除されるかもしれません。

次期iPhoneのminiモデルは発売されるのか!?

売れ行き不振で製造台数を減産、もしかすると生産を停止するかもしれない事態に追い込まれてしまったiPhone12 miniですが、このまま売れ行きが回復しない場合、後継モデルの発売が危ぶまれます

このことについて著名なリーカーから、今後も継続して発売されるだろうと予想を出していました。

ただ、あまりにも売り上げが奮わなければ、Appleも考え方を変えてしまうかもしれません

iPhone13(またはiPhone12s) miniやスペック、どのようなモデル構成になるのかは、毎年6月頃に開催されるWWDCで少しだけ話されるか、その後リリースされる次期iOSのベータ版からリークされることでしょう。

次期iPhoneのminiモデルについては、9月頃に開催されるAppleスペシャルイベントで、正式に続投か廃止かが発表されることでしょう。

Appleとしては販売台数から、iPhone SE(第3世代)やiPhone SE Plusなどに力を注いでいくと思われます

2021年もまだまだ始まったばかり、これからますますいろいろな情報がリークされ、8月頃にはニューカラーの登場や、搭載されるストレージ容量、そして販売価格などもリークされていくことでしょう。

シェアしてもらえると嬉しいです!