要注意?auアップグレードプログラムEXがお得かを解説!実際の支払額を計算してみた

シェアしてもらえると嬉しいです!

アップグレードプログラムEX

先日、auが新プランである「auピタットプラン」「auフラットプラン」の提供を開始しました。僕もプラン変更で「auピタットプラン」に早速加入!

この新プランは「毎月割が適用されない」というデメリットがあるのですが、それをカバーするのがこの「アップグレードプログラムEX」。機種代金がなんと最大半額になるんです!

今回はそんなアップグレードプログラムEXについて、概要、お得かどうか、従来プランとの維持費の比較、注意点、メリット・デメリット、下取りとの比較、どんな人にオススメか?、特典利用可能期間の確認方法などを丁寧に解説したいと思います!

auで機種変更する場合は、auオンラインショップでの契約が超オススメ!オンラインショップなら4万円以上もお得にすることが可能!

新規契約・機種変更でauフラットプランに加入する方は、auオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメです!

特に、auショップでは頭金という名の手数料が取られることがあるので、オンラインショップを使わないと本当に損します!

  • 頭金5,000円〜1万円が不要
  • 2〜3時間かかる手続き時間がゼロ
  • プランやオプションの強制加入がない

参考  auオンラインショップ

参考  機種変更ならauオンラインショップがオススメの理由5選!4万円は安くなるよ!

スポンサーリンク
広告

au アップグレードプログラムEXとは

アップグレードプログラムEXの概要

アップグレードプログラムEXの特徴をまとめるとこんな感じ。ざっくり言うと、機種をアップグレード(買い替え)するとお得になるんです!

  機種の支払いを最大24回免除

  機種代金は48回の分割払い

  利用料は390円×24ヵ月(9,360円)

機種購入時にアップグレードプログラムEXに加入して48回の割賦契約をし、2年後に機種変更して再度プログラムEXに加入すると、機種変更前の機種の機種代金の残額が免除される(最大24ヶ月分の機種代金が免除)というプログラムになります。

文字だけだと分かりにくいので、仕組みをイメージにするとこんな感じ。

アップグレードプログラムEX

このプログラムを使うと「auピタットプラン」「auフラットプラン」の毎月の維持費が安くなるのですが、安くなるポイントはズバリ、48回割賦にあります。

最近のスマホは高額なので最新機種だと9万円近くします。9万円を通常の24回割賦で支払うと、毎月3,750円が必要になります

しかし、アップグレードプログラムEXで48回割賦にすると、毎月の機種代金が半額の1,875円になり、しかも2年後に機種変更すれば残りの機種代金の半分は免除。

つまり、9万円の機種代金が、実質4.5万円になります。

これだけだと、かなりお得に見えますが、48回割賦ということは、実質4年契約ということ。auにガチガチに縛られてしまいます。しかも、一度加入して、一度でもauを解約すると、その場合は損が発生します。

この辺についてはかなり複雑なので、本当にお得かどうかについては後ほど丁寧に解説します!ピタットプランとフラットプランについては、以下の記事も併せてご参考ください!

あわせて読みたい

※記事のタイトルをクリックすると別の記事が開きます

アップグレードプログラムEXの条件

アップグレードプログラムEXには「加入条件」「特典利用条件」の二つの条件があります。

アップグレードプログラムEXに加入する際の条件は以下の通り。ポイントは、スマホ購入時(新規契約・機種変更)時にしか加入できないことです。

  スマホを48回払いで購入

  スマホ購入時に同時加入

  対象料金プランに加入

※対象料金プランはピタットプラン、フラットプラン

次に特典利用条件(機種残金の免除)は以下の通り。以下の条件を満たさないと、機種代金が最大半額にはなりません。

  12ヵ月以上利用後に機種変更

  機種変更時に本サービスに再加入

  機種変更時に利用していた端末を回収

特典利用条件のポイントは、次回の機種変更時にプログラムEXに加入していた機種をauに回収される点です

要は、回収(下取り)する代わりに、残りの機種代金が免除されるということ。また、機種変更後もプログラムEXに再加入する必要がある点も重要です。

このプログラムは、途中でプログラムを退会すると、利用料だけを払い損になるのですが、払い損にならないためには延々とプログラムに再加入し続ける必要があります。

まさに蟻地獄。一生auを使うなら問題ありませんが、一度でもauを退会しようものなら、プログラム利用料を払った分だけ損します(最大9,360円)。

端末回収時に端末が故障や不備がある場合は、故障時利用料として2万円の支払いが必要です(故障紛失サポート加入時は2,000円)。詳細は後述。

すまっち
ちなみに、機種変更の際にプログラムに再加入しないことも可能。その場合は、機種代金の免除がなく、支払ったプログラム利用料(9,360円)が払い損になるよ!

アップグレードプログラムEX対象機種

アップグレードプログラムEXの対象機種は、AndroidスマートフォンとiPhoneです。

サービス開始当初はiPhoneが対象外でしたが、iPhone 8の発売と同時に対象機種にiPhoneが追加されました。

参考  アップグレードプログラムEXの対象機種

プログラム利用料の返金条件

すまっち
ここはさほど重要ではないので、興味のない人は読み飛ばしてもいいよ!

アップグレードプログラムEXは月額390円の利用料を24ヵ月間に渡って支払う必要があります。合計で9,360円相当になります。

このプログラム利用料ですが、以下の条件を満たした場合は、WALLETポイントで返金されます。

  • 特典利用時の機種残金が9,360円以下
  • プログラム加入から12ヵ月以上経過、かつ機種変更時に特典を使わずプログラムに再加入

まず前者について、プログラム加入から48ヵ月目に近くにつれて、機種残金はどんどん減っていきます。

例えば、利用料を満額の9,360円払ったのに、免除される機種残金が8,000円の場合は1,360円の損になります。これを防ぐために、差額の1,360円分はポイントで返ってくる仕組みです。

次に後者について、機種変更時にアップグレードプログラムに再加入するも、特典を利用しない(機種残金の免除を受けない)場合は、利用料は全額返金されます。

このケースに該当する人は少ないと想定されます。機種残金があるのに免除を利用しないことを選ぶ人はいません。考えられるのは、48ヵ月間経った後(機種代金の完済)に機種変更する人です。

この場合、気免除される機種残金がないので、9,360円の支払い損になります。それを防ぐために、9,360円を全額返金して貰えるということです。

アップグレードプログラムEX加入時の毎月の支払い額

ここからが本題です。

アップグレードプログラムEXに加入した場合、毎月どれくらいの料金がかかって、それはプログラムに加入しない時よりもお得なのか、従来プランに比べて安いのか、などを解説します!

今回は以下を前提に毎月の維持費を計算します。

  機種変更でiPhone 8を購入
  スマートバリューは未加入
  オプションはいずれも未加入

iPhone 8(64GB)の機種代金と毎月割は以下の通り(2017年9月15日時点)。

機種代金(24回払い)3,810円×24回
機種代金(48回払い)1,905円×48回
毎月割(24回)-2,670円×24回

※毎月割は従来プランの場合のみ適用

auピタットプランと従来プランの支払額の比較

以下の3つのケースの毎月の支払額の比較をします。

いずれもデータ利用量は2ギガ以上3ギガ未満(2〜3GB)の場合とします。③が従来プランとなります。

① ピタットプラン加入でプログラム加入
② ピタットプラン加入でプログラム未加入
③ スパーカケホ+3GBでプログラム未加入
※いずれも5分通話定額のスーパーカケホ加入時

まず、最初の12ヵ月間の毎月の携帯料金はこんな感じ。ピタットプランの場合、ビッグニュースキャンペーン適用で1年間1,000円割引になっています。

 
基本料5,4805,480 1,700
データ定額4,200
LTE NET300
機種代金 1,9053,810 3,810
毎月割00−2,670
プログラム
利用料
39000
キャンペーン
割引
−1,000−1,0000
合計6,775 8,2907,340 

次に、13〜24ヵ月目までの毎月の携帯料金はこんな感じ。

 
基本料5,4805,480 1,700
データ定額4,200
LTE NET300
機種代金 1,9053,8103,810
毎月割00−2,670
プログラム
利用料
39000
キャンペーン
割引
000
合計7,775 9,2907,340 

最後に25ヵ〜48ヵ月目の毎月の携帯料金はこんな感じ。次に機種変更するまでこの価格になります。②と③は機種代金と毎月割がなくなるので、グッと安くなります。

 
基本料5,4805,480 1,700
データ定額4,200
LTE NET300
機種代金 1,90500
毎月割000
プログラム
利用料
000
キャンペーン
割引
000
合計7,775 5,4806,200 

すまっち
なお、49ヵ月目以降は①も機種代金がなくなり安くなるけど、同じ端末を丸々4年間利用する人はほとんどいないので割愛!

機種変更するサイクルは丸2年後か丸3年後が多いので、それぞれの総支払額を比較するとこんな感じ。

ピタットプラン加入して2年後に機種変更するなら、アップグレードプログラムEXに加入すると、加入していない時に比べて3〜4万円安くなります。

支払い総額
2年間174,600210,960176,160
3年間267,900276,720250,560

つまり、今回のケースだと、機種変更と同時にピタットプランに加入する場合は、アップグレードプログラムEXに加入した方が毎月の料金は安くなります。

ちなみに、従来プランと比べるとほとんど差はありませんが、ピタットプラン(シンプル)にしたり、データ利用量を2GB未満に抑えれば、もう少し差が出ます。

以上より、もしピタットプランに加入するのであれば、アップグレードプログラムEXに加入した方が3〜4万円以上お得になります。

なお、2年経ったらすぐに機種変更すると最もお得になるので、25ヵ月目で機種変更するようにしましょう。

機種代金や毎月割の金額次第では、従来プランの方が安くなる可能性もあります。

余談ですが、アップグレードプログラムEXに加入して2年後に機種変更して特典(機種残金の免除)を利用した場合の料金は、基本的には前述した最初の12ヵ月間のような料金になります。

今回は例として、同じ機種代金と毎月割の機種に機種変更し、ビッグニュースキャンペーンがある前提で計算してみます。

 
基本料5,4805,480 1,700
データ定額4,200
LTE NET300
新機種代金 1,9053,8103,810
毎月割00−2,670
プログラム
利用料
39000
キャンペーン
割引
−1,000−1,0000
旧機種残金2,04500
特典割引−2,04500
合計6,775 8,2907,340

まとめるとこんな感じ!

  ピタットプランはプログラム加入を推奨

  機種代金が高いほどお得

  25ヵ月目に機種変更するのがお得

auフラットプランと従来プランの比較

詳細は割愛しますが、auフラットプランの場合も、金額の差はあれどauピタットプランと同様です。

つまり、20ギガのような大容量が必要な方は、auフラットプランでアップグレードプログラムEXに加入した方が、毎月の携帯料金を最も節約することができるのです!

auフラットプランの料金については以下の別記事で解説しましたので、こちらも後ほどご参考ください。

あわせて読みたい

アップグレードプログラムEXにお得に加入する方法

アップグレードプログラムは新規契約・機種変更の際にしか加入できません。

新規契約・機種変更をするなら、auショップや家電量販ではなく、auオンラインショップの利用が超オススメ!

そろそろ機種変更したいと考えている方は、一度au公式のオンラインショップを使ってみてください!

パソコンやスマホで簡単に機種変更できるので、感動します!忙しい人にピッタリ!

新規契約・機種変更するなら、auオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメです!

特に、auショップでは頭金という名の手数料が取られることがあるので、オンラインショップを使わないと本当に損します!

  • 頭金5,000円〜1万円が不要
  • 2〜3時間かかる手続き時間がゼロ
  • プランやオプションの強制加入なし

参考  auオンラインショップ

アップグレードプログラムEXはいつ特典を利用すべき?

アップグレードプログラムEXの特典を利用した場合、25ヵ月目以降の機種代金の残額が免除されます。

ただ、特典を利用して新機種に機種変更をした場合でも、旧機種を使い続けた場合でも、毎月の携帯料金は大きく変わりません。

であれば、古い機種よりも新機種を早めに購入することをオススメします。端末は古くなるほど使いにくくなったり、バッテリーが切れやすくなるためです。

したがって、いつ特典を利用するのがオススメかというと、アップグレードプログラムEXに加入してから25ヵ月目の最短で機種変更する場合になります!

機種代金の残額の調べ方については、以下をご参考ください。

参考  機種代金の残額の確認方法

アップグレードプログラムEXの注意点

アップグレードプログラムEXの注意点をまとめるとこんな感じ。超大事なことなので、それぞれ説明します。

  特典利用時に旧機種が回収される

  機種故障時は回収時に料金が発生

  機種代金が二重でかかる場合がある

  48回分割払いのため実質4年縛り

特典利用時は旧機種が回収される

既に説明した通り、特典を利用する場合は旧機種が回収されます。

機種変更時に回収不可だった場合は後日回収になりますが、機種変更の翌月末までに回収〜検品までを完了しないと特典が非適用になります。

特典が非適用になると、二台分の機種代金を支払うことになり毎月の携帯料金が高くなるため要注意です!

必ず、早めに回収を終えましょう。

機種故障時は回収時に料金が発生

機種の回収時に端末に以下のような不具合がある場合、料金が別途発生します。

  電源が入らない
  充電ができない
  本体や液晶に破損や割れがある
  水漏れシールに水漏れ反応がある

必要な料金は「故障紛失サポート」オプションの加入有無で異なります。

故障紛失サポート有り2,000円
故障紛失サポート無し20,000円

Androidスマホの場合は多くの方が「故障紛失サポート」に加入していると思いますが、もし加入していない場合で端末が故障した場合は2万円の支払いが必要になるので、ご注意ください。

参考 故障紛失サポートとは

機種代金が二重でかかる場合がある

本プログラムに加入後、以下のような場合は、機種変更前の機種と機種変更後の機種の機種代金が二重でかかることがあるのでご注意ください。

機種代金が二重でかかると毎月の携帯料金がかなり高くなります・・・

  • 特典を利用せずに機種変更した場合
  • 特典利用条件を満たさずに機種変更した場合
  • 機種の回収が期限内に完了しなかった場合

48回分割払いのため実質4年縛り

アップグレードプログラムEX加入時は機種代金が48回払いになります。

そのため、機種代金を完済した状態で解約しようとすると、丸4年後になります。

機種代金の免除中に解約した場合はどうなるか?

旧機種の機種代金が免除されている状態で、新機種を解約した場合、機種代金はどのようになるのでしょうか?

「解約した場合は旧機種の機種代金が残っていればそれも発生して、機種代金が二重でかかる」という声をネットで見かけます。

しかし、これは間違いです。

結論を言うと、新機種に機種変更した翌月には、旧機種の機種代金の残金は一括払い扱いになります。

一括で支払があったものとみなされるため、機種代金の残金は0です。つまり、解約時に支払が必要になるのは新機種の機種代金のみとなります。

実際、アップグレードプログラムEXの利用規約には以下のように定義されています。

当社は、特典申込みを受け付けたプログラム契約者について、その特典申込みがあっ た料金月の翌月以降に割賦約款に基づき支払うべき旧特定移動無線装置に係る分割支払 金又は賦払金について一括で支払いがあったものとして取り扱います。

出典:アップグレードプログラムEX利用規約

例えば、特典を利用した1年後に解約した場合のイメージを図で表すとこんな感じです。

アップグレードプログラムex 解約

すまっち
ちなみに、プログラム利用料の支払中にプログラムを解除した場合は、支払った利用料を損するだけだよ。

アップグレードプログラムEXのメリット・デメリット

アプグレードプログラムEXのメリット、デメリットをまとめるとこんな感じ。

<メリット>

  • ピタットプランやフラットプランでは毎月の携帯料金が安くなる

<デメリット>

  • 一度でも退会すると利用料が払い損に
  • 特典利用が2年後なので忘れそう
  • 48回払いなので実質4年縛りになる

アップグレードプログラムEXよりも機種を下取りに出した方がお得?

わざわざ複雑なアップグレードプログラムEXに加入しなくても、2年後に機種変更して、旧機種を自分で下取りに出せばいいのでは?という疑問もあります。

結論から言うと、単純な料金のお得額はアップグレードプログラムEXに軍配が上がります。

例えば、前述のiPhone 8(64GB)を例にあげると、お得になる最大額はこんな感じ。

①機種代金91,440円
②免除による割引額-45,720円
③プログラム利用料9,360円
お得額(②-③)−36,360円

一方、iPhone 8を2年後に自分で下取りに出した場合、iPhone 8の2世代前のiPhone 6sの下取り額が17,280円なので、これと同じくらいになることが予想されます。

つまり、auに下取りに出すとお得額は−17,280円となり、アプグレードプログラムEXの方が2万円弱もお得になります。

ただし、このauのiPhone 6sの下取り額は意図的に安くしているように見えるので、街にある買取店で下取りをすると、もう少し値が付く可能性はあります。

いずれにせよ、端末が高ければ高いほど、下取りよりもアップグレードプログラムEXを利用した方が金銭的なメリットは大きいようです!

ちなみに参考までに、iPhone 8 Plus(64GB)の場合のお得額の比較は以下の通りです。先ほど同様の考え方に基づいています。

アップグレードプログラムEX-51,600円
au下取りプログラム-23,760円

すまっち
auで下取りを出すのであれば、アップグレードプログラムの方が下取りよりもお得だよ

アップグレードプログラムEXはどんな人にオススメ?

今のところauから乗り換える予定がなく、「auピタットプラン」「auフラットプラン」に加入したい人は、とりあえず入っておくことをオススメします!

逆に、ピタットプランとフラットプランでアップグレードプログラムEXに加入しないと、端末代金が足枷になって毎月の携帯料金が高くなってしまいます。

すまっち
ただし、アップグレードプログラムEXに加入した場合は、2年サイクルで機種変更するようにしよう

機種代金の支払い残額や特典利用可能期間の確認方法

プログラムに加入してしまうと、途中でいつから特典が利用できて、どれくらいの金額が免除されるのかが間違いなく分からなくなります。

その場合は、以下の方法にて機種代金の支払い残額や特典利用可能期間が確認できます。

参考  機種代金の支払い残額と特典利用可能期間の確認方法

まとめ

以上、アップグレードプログラムEXの徹底解説でした!

正直、最初は微妙なプログラムなのかなと思ったのですが、実際に計算をしてみると、ピタットプランとフラットプランのデメリットをカバーする役割があることに気がつきました。

もちろん、購入する機種の機種代金と毎月割次第でお得かどうかは変わりますが、auを使い続ける予定であれば、加入してもよいと思います!

auで機種変更する場合は、auオンラインショップでの契約が超オススメ!オンラインショップなら4万円以上もお得にすることが可能!

新規契約・機種変更でauフラットプランに加入する方は、auオンラインショップでの契約(所要時間3分)が超オススメです!

特に、auショップでは頭金という名の手数料が取られることがあるので、オンラインショップを使わないと本当に損します!

  • 頭金5,000円〜1万円が不要
  • 2〜3時間かかる手続き時間がゼロ
  • プランやオプションの強制加入がない

参考  auオンラインショップ

参考  機種変更ならauオンラインショップがオススメの理由5選!4万円は安くなるよ!

スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!