ダサい?AppleのAirPodsを1年使って分かったメリット・デメリットまとめ!感想をぶっちゃけるぞ

シェアしてもらえると嬉しいです!

AirPods メリット デメリット(左:初代AirPods、右:AirPods 2)

最近街でも見かける機会が多くなってきたAppleのAirpods。日本人は本当にApple製品が好きですよね。

AirPodsは安くないので、気になる人は「買う価値があるのか?」と悩ましいとは思います。

今回、購入を検討している方のために、AirPodsを1年以上使ってきた僕がそのメリット・デメリットをガチで解説します!

さらに、ダサいと言われがちなAirPodsですが、ダサくない付け方も紹介するので、ぜひぜひご参考ください。

すまっち
僕は初代AirPodsとAirPods 2を持っているけど、AirPods 2ベースで解説します!

スポンサーリンク
広告

AirPodsのメリット

AirPodsのメリットをまとめると、こんな感じ!それぞれ説明します。

  •  装着しながら運動できる
  •  スマホから離れても聴ける
  •  手ぶらで電話ができる
  •  コードがねじれない
  •  コードが人に引っかからない
  •  壊れる要素が少ない
  •  小型で持ち運びやすい
  •  AndroidやMacでも使える
  •  音が途切れにくい
  •  マスクと相性が良い
  •  音質も十分に綺麗
  •  操作も簡単

装着しながら運動ができる

僕がAirPodsを購入した一番の理由がこれ。

ランニングなどで音楽を聴く際に有線だとコードが邪魔になったり、スマホを手で持ったりする必要があってウザいんですが、AirPodsならそんなストレスとは無縁!

実際、付けながらランニングしたりしますが、全然取れる気配もなく、耳との一体感は抜群。

すまっち
有線イヤホン時代はランニングの時にiPhoneを握って走った結果、iPhoneを落とす災難がありました・・・

スマホから離れても聴ける

有線イヤホンの場合、コードが届く範囲にiPhoneを置かないと聴けませんが、AirPodsなら無線で届く範囲(目安20m)ならiPhoneから離れていても聴けます。

例えば、トイレに行く際、キッチンで料理をする際、などでスマホをいちいち持ち歩く必要がないんですよね。

しかも、AirPods 2ならSiriにも対応しているので、スマホ本体がなくても、「Hey Siri」と話しかけて以下のような操作が可能。なんとも便利!

  • 電話
  • 音楽の再生
  • 音量の調整

手ぶらで電話ができる

AirPodsなら電話の時に、iPhoneを持つ必要がありません。

有線イヤホンも一度電話に出て、その後にiPhoneをポケットにしまえばそのまま電話できますが、実際はほとんどの人がiPhoneを持ったまま通話をします。

AirPodsなら違和感なくiPhoneをポケット・カバンに入れたまま電話できるのが地味に便利!

コードがねじれない

AirPods 絡まない

AirPodsは当たり前のごとくコードがないので、コードがねじれません!

僕が有線イヤホンを使っていた時は、コードが絡まったり、ねじれたりしてそれらを直すのが面倒でしたが、そんな手間とバイバイできるのが地味に嬉しい。

有線イヤホン時代は、こんな感じにイヤホンのねじれを何度も直しました(笑)

AirPods コードがねじれない

コードが人に引っかからない

満員電車などを降りようとする際、人のカバンにイヤホンのコードが引っかかって、「おおおおっ(語彙力)」となることがあったんですが、AirPodsならそんな心配も無用。

この現象に共感できる人いますかね?笑

壊れる要素が少ない

AirPods 壊れにくい

有線イヤホン時代に悩んでいたのが、イヤホンが壊れること。音量調整部分が壊れたり、断線したり。

壊れる度にイヤホンを買い直していたのですが、Appleの純正品だと3,000円程度するので馬鹿ならない出費・・・

しかし、AirPodsならそんな心配も無用!

すまっち
1年以上使っていますが、今のところ壊れる気配が全くないよ!

小型で持ちやすい

AirPods 小さい

AirPodsは小型で持ちやすく、ポケットに入れても違和感がないのが便利。

有線イヤホンだとポケットに入れるとコードが絡まる確率99%ですし、カバンの中に入れてもコードが邪魔になりますが、AirPodsは持ちやすさも収納性も素晴らしいんです。

AndroidスマホやMacでも使える

純正品のライトニングケーブルのイヤホンの場合、そのままではMacやパソコンでは聴けません。もちろん、Androidスマホでも使えません。

しかし、AirPodsならMacはもちろんのこと、Androidスマホなどでも簡単に切り替えて使えます。

音が途切れにくい

AirPodsはBluetoothイヤホンなので無線で通信するのですが、購入する前は音が途切れないか不安で食事も喉を通りませんでした。冗談です。

しかし、実際に使ってみると音が途切れることなんて皆無。その点はご安心を。

ファッション性が高い

有線イヤホンで地味に困るのが、マスクとの相性。

マスクの紐やらイヤホンの紐やら、顔まわりが紐だらけでワンピースの悪魔の実的に言うと「ヒモヒモ人間」化します。

あれ、めちゃくちゃダサいですし不便ですよね。

しかし、AirPodsならコードがないのでマスクとの相性は抜群。キャバ嬢、ホスト、芸能系、花粉症など、普段からマスクを多用する人は今すぐAirPodsをポチりましょう。

また、マスクに限らず、有線イヤホンはネックレスやピアスとも相性が悪く、首回りがごちゃごちゃしてダサいのですが、AirPodsならその悩みも解消されます。

すまっち
AirPodsはファッション性が高いよ!

音質も十分に綺麗

AirPodsなら音質も十分に綺麗です。

BOSEの高音質なヘッドフォンなどと比べると流石に見劣りますが、音楽を聴くには十分な音質。

ただ、デメリットでも触れますが、AirPodsはノイズキャンセリングに未対応なので、その分の差はやはり感じます・・・

AirPodsのデメリット

続いて、AirPodsのデメリットをまとめると、以下の通り。それぞれガチで説明していきます。

  •  付け方を間違えるとダサい
  •  ケースが汚れやすい
  •  価格が高い(有料)
  •  充電が必要
  •  音漏れしやすい
  •  ノイズキャンセリング非対応
  •  音ズレが起こる
  •  片方無くすリスクがある

付け方を間違えるとダサい

AirPodsは付け方を間違えると、めっちゃダサくなります。通称、うどん。

AirPodsを知らない子供が見ると、「ママ、あの人耳からうどん出てるよ」と言われること必至。

ただし、付け方さえ間違わなければいいだけなので、ご安心を。

ちなみに、ミディアム以上の髪型の女性であれば、耳が髪で覆われて見えなくなるので、そもそもダサさを心配する必要はない可能性もあります。

AirPodsのカッコイイ付け方

AirPodsのカッコいい付け方は「ちょい斜め」がおすすめ。

「ちょい斜め」ならうどんっぽさはありませんし、逆にお洒落にすら見えます。

より角度を付けるとこんな感じ。

このより角度が付いた付け方は「おじさん」に人気な気がします(笑)悪くはないですが、ナチュラル感が弱まるので、好みは分かれそう。

ちなみに、あえて「うどんっぽさ」を出して、それをお洒落に着こなす人がいますが、お洒落上級者のすることなので、お洒落に自信の無い人はやめておきましょう(笑)

AirPods うどん お洒落に付ける(画像引用元:あいにゃさん

すまっち
AirPodsは「ちょい斜め」を意識して付けよう!

ケースが汚れやすい

AirPodsは2019年4月時点では色がホワイトしか発売されていません。白なので、当然汚れやすいのがデメリット。

黒の発売が度々噂されているのですが、いつになったら黒が発売されるのやら・・・

実際、購入して1年少しで僕のAirPodsは、こんなにも立派に汚れました。

AirPods デメリット 汚れやすい

すまっち
汚れが気になる人は、こまめにケースを掃除しよう!

価格が高い(有料)

AirPods 高い

iPhoneを購入すると付属品としてイヤホンが付いているので、それを使えばイヤホン代は0円。

しかし、AirPodsは以下のように強気の価格設定のため2万円前後します。

AirPods 2
(ワイヤレス充電あり)
税込
24,624円
AirPods 2
(ワイヤレス充電なし)
税込
19,224円

一度買えば2年は持つはずなので、1年で1万円と考えれば、僕は安い買い物だと思っています。

それくらい便利なので!

ちなみに、AirPods 2を買うならamazonがおすすめ!5%分の1,243ポイントが付くのでお得なんです。

充電が必要

有線のイヤホンとは異なり、AirPodsは充電が切れると使えなくなります。

なので、イヤホン、充電ケースそれぞれにバッテリーがあるので、どちらかを充電しておく必要があります。

AirPods 充電

たまに、イヤホンも充電ケースも電池切れして、AirPodsが使えなくなりますが、そうでなければそんなに不便さを感じることはありません。

AirPods 2の電池がマックスの状態の電池持ちについては、以下の通り。

音楽再生5時間
通話3時間

すまっち
15分充電するだけで、3時間の音楽再生が可能!イヤホンの充電スピードは早い!

音漏れしやすい

AirPodsは音漏れしやすいのが弱点。実際に友達に付けてもらって音漏れ具合を確認した時の感想は・・・

「確かに音漏れしやすい!電車内、エレベーター内で音楽を聴いていたら音漏れしそう」

音漏れは周囲の人の迷惑になるので、せめて大音量で聴くのはやめましょう。

すまっち
音漏れしやすいので、音量には気をつけよう!

ノイズキャンセリング非対応

AirPodsはノイズキャンセリングに非対応です。

 ノイズキャンセリングとは

周囲の騒音を低減し、気になる雑音をシャットダウンできる機能です。ノイズキャンセリグがあれば、電車・飛行機などで聴いている時も走行音やエンジン音が気になりません。また、カフェなどで勉強や仕事をする時にも便利。

いずれはAirPodsでもノイズキャンセリングに対応すると思いますが、AirPods 2の時点では非対応。

あると便利な機能なので、対応される日を願うばかり。

音ズレが起こる

AirPods 音ズレ

AirPodsに限らず、ワイヤレスイヤホンはBluetooth(無線)で接続しているため、どうしても音ズレ(レイテンシーと言う)が起こります。

AirPods 2ではレイテンシーが改善してはいますが、それでも一部の音ゲーでは遅延を感じます。

音ゲーで映像と音にズレが起こるとかなり致命的なので、音ゲー・リズムゲーする人は気をつけましょう。

実際に、AirPods 2で音ズレが起こるかを検証した結果は以下の通り。

音楽問題なし
Netflix・Hulu問題なし
Youtube問題なし
荒野行動気にならない
デレステ少し音ズレする

念入りにYoutubeで動きの激しいダンス動画を再生して、右耳は有線イヤホン、左耳はAirPods 2、iPhoneとパソコンを両方を使って音を同時に聴き比べましたが、音ズレをほぼ感じませんでした。

AirPods 音ズレ 検証(AirPodsと有線イヤホンで音ズレの比較)

実際、僕は動画・音楽がメインで利用していますが、今のところ音ズレが気になったことはありません。

なので、音楽・動画メインの利用であれば、音ズレがほぼ気にならないはず。

すまっち
AirPods 2はワイヤレスイヤホンの中でも音ズレがマシな方と言われているよ!

片方無くすリスクがある

AirPods 片方無くす

AirPodsはイヤホンがそれぞれ別にあるので、片方だけ無くすリスクがあります。

僕は1年以上使っていて無くすような気配はありませんが、無くすと買い直す必要があるのでご注意を。

ちなみに、メルカリのようなフリマアプリでは片方だけ出品されていたりするので、片方無くしたらフリマで買うのもアリ!

片方だけ欲しい場合は、フリマアプリで「AirPods 右」「AirPods 左」のように検索してみましょう。

AirPods 片方無くした場合

すまっち
無くさないためにも、使い終わったらケースに必ず入れよう!

まとめ

以上、AirPodsを1年以上使ってきた僕が感じたAirPodsのメリット・デメリットでした。

僕はAirPodsを購入して「コードのストレス」から解放されたので、購入して大満足です。

今回紹介したデメリットを把握した上で、気になるならぜひ購入してみましょう!

これからiPhoneの機種変更する人は、以下の記事もおすすめです。

2018年のiPhone新モデルのiPhone XS・XS MAX・XRが発表されました。 日本中のiPhoneユーザーの心を...
「iPhone XSとXRはどっちがいい?」 「iPhone XSとXRの違いとは?」 2018年の最新iPhoneはスペッ...
スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!