ヤラセなし!AQUOS sense3の実機レビューと評価!評判・口コミ・デメリットも解説します

シェアしてもらえると嬉しいです!

AQUOS sense3 レビュー(左:AQUOS sense、右:AQUOS sense3)

すまっち
ども、元ソフトバンク社員のすまっちです。

Androidスマホで人気なのがシャープのAQUOSシリーズですが、AQUOS sense3(アクオスセンススリー)が遂に発売されました。

最近のスマホは10万円はしますが、AQUOS sense3の機種代金は驚きの3万円代。

安いのは嬉しいですが、

「使いにくいのでは?」

「スペックが低いのでは?」

と心配になりますよね。

ということで今回は、AQUOS sense3を実際に使ってみて、徹底的にレビューと評価をします。

良い点・悪い点をガチで解説するので、購入を検討している人はぜひご検討ください。

 この記事を読むと分かること

  • 評価・感想
  • 実機のレビュー結果
  • 評判・口コミ
  • メリット・デメリット

すまっち
買って後悔しないためにも、最後まで読んでね!

スポンサーリンク
広告

AQUOS sense3の評価

AQUOS sense3 レビュー

結論から先に述べるために、AQUOS sense3のメリット・デメリットを含む評価から。

まずはメリット。

  •  価格が3万円台とコスパ最高
  •  スマホ最強クラスの電池持ち
  •  画面が高画質で色鮮やか
  •  顔認証と指紋認証の両方に対応
  •  イヤホンジャックを搭載
  •  持ちやすいサイズ感
  •  ストレージが大容量の64GB

次にデメリット。

  •  3Dゲームをするには不十分
  •  音質・音量がショボい
  •  動作がワンテンポ遅く感じる
  •  握った際に滑りやすい

分かりやすく星を付けて評価すると、

コスパの良さ★★★★★
デザイン★★★☆☆
持ちやすさ★★★★☆
処理性能★★★☆☆
ディスプレイ★★★★☆
オーディオ★★★☆☆
カメラ★★★☆☆
バッテリー★★★★★
生体認証★★★★☆

AQUOS sense3を一言で言うと、バッテリー持ち最強の高コスパ端末。

とにかく、バッテリーが信じられないほど長持ちで、電池が全然減らないので「何じゃこりゃ」とビックリします(笑)

ただし、値段の割にはそれなりに動作する端末ではありますが、やはりハイエンド機と比べると動作のもっさり感を感じます。

なので、ネット・SNS・動画を中心に使う人向けの端末になり、ゲームをガチでする層にはおすすめできない端末です(詳細は後述)。

すまっち
安い端末は欠点もあるので、必ず最後まで読んで買って後悔しないようにしよう!

AQUOS sense3のスペック

スペックは以下の通り。

参考までに、AQUOS sense2のスペックも記載しておきます。

 AQUOS
sense3
(参考)
AQUOS sense2
型番ドコモ:SH-02M
au:SHV45
ドコモ:SH-01L
au:SHV43
OSAndroid 9Android 8.1
CPUSDM 630SDM 450
カメラ
(画素数)
背面:1,200万
前面:800万
画面サイズ5.5インチ
ディスプレイ液晶
(IGZO)
画面の解像度フルHD+
(2,160×1,080)
バッテリー4,000mAh2,700mAh
RAM4GB3GB
本体容量64GB32GB
重量167g155g
サイズ
(mm)
高さ:147
幅:70
厚さ:8.9
高さ:148
幅:71
厚さ:8.4

参考 AQUOS sense3の仕様詳細

すまっち
全体的にスペックは向上しているけど、バッテリー容量の進化がエグい(笑)

基本機能

続いて、対応している基本機能は以下。

防水・防塵IPX5/8 IP6X
おサイフケータイ
ワンセグ×
フルセグ×
指紋認証
顔認証
ハイレゾ
ワイヤレス充電×
Wi-Fi
(IEEE802.11ac)
SDカード最大512GB
microSDXC

すまっち
ワンセグ・フルセグには非対応だよ!

AQUOS sense3のデザイン

AQUOS sense3 デザイン

デザインのレビュー結果は以下。

  •  シンプルな形状
  •  安っぽくはない
  •  女性ウケするカラバリ

価格が安いにも関わらず、アルミボディを採用しているので、デザインに安っぽさを感じさせないのがイイネ!

本体前面にある指紋センサーが少しダサい気がしますが、形状自体はシンプルで特に問題なし。

AQUOS sense3 デザイン 裏面

カラーバリエーションは全4色で、ピンクがあるので女性には嬉しいところ。

ドコモとauで取り扱っている色に微妙に差があります。

 ドコモau
シルバーホワイト
ブラック
ライトカッパー
ディープピンク 
ソフトピンク 

参考までに、初代AQUOS senseとAQUOS sense3のデザインを比較してみますが、割と初代の形状を継承していることが分かります。

AQUOS sense3 初代AQUOS sense デザインの比較

すまっち
AQUOS sense3のデザインはポップで可愛い印象を受けたよ!

AQUOS sense3の持ちやすさ

AQUOS sense3 持ちやすさ

持ちやすさのレビュー結果は以下。

  •  滑りやすい
  •  持ちやすいサイズ感
  •  片手操作するには少し大きい

AQUOS sense3は薄くて横にデカくもないので持ちやすいのですが、とにかく滑る滑る(笑)

滑ってスマホを落としたらシャレにならないので、ケースを使わずに利用する人は要注意。

念のため、スマホリングを購入するのがおすすめ!

僕はiPhone 11 Pro Max(6.5インチ)を使っていますが、デカすぎて手元が不安定なので、スマホリングに中指をハメて持ちやすくしています。

iPhone 11 pro スマホリング(スマホリングに指を通すと、スマホを落とさない)

なお、片手操作については、本体は割と小さい方ですが、それでも片手操作するには少し大きい。

あと、音量調整ボタンが本体の右上にありすぎるので、押しにくいのが気になりました。

AQUOS sense3 音量ボタン 押しにくい(丸の箇所が音量ボタン。上すぎて押しにくい)

すまっち
最近のハイエンド機は6.0インチはあるので、それに比べると持ちやすいよ!ただし、滑りやすい点に注意!

AQUOS sense3の処理性能

AQUOS sense3 操作感

AQUOS sense3の処理性能は、可もなく不可もなく。

処理性能の特徴をまとめると、

  •  割とスムーズに動く
  •  たまに処理がワンテンポ遅れる
  •  高負荷なゲームは非実用的
  •  RAM 4GB&SDM650を搭載

価格が3万円台のスマホは、どうしても操作時にカクカクしたり、スムーズに動かなかったりしてストレスになります。

が、AQUOS sense3は基本的な操作(スクロール・文字入力など)は割と快適に動きます。

ただ、処理がワンテンポ遅く感じることもあるので、この辺は値段相応としか言えません。

ハイエンド機と比べると、動きのサクサクさはやはり劣ります。

参考までに、処理性能を示す「Antutuベンチマーク」で計測した結果は以下。

AQUOS sense3 antutuベンチマーク(ミドルレンジスマホの中ではスコアは高い方)

この数値が高いほど処理性能が高いんですが、ハイエンド機になるとこの数値が30万を超えてきます。

他のスタンダードモデルの機種と数値を比較すると、こんな感じ!

機種名Antutuスコア
AQUOS sense311万
Google Pixel 3a15万
Xperia ace9万
arrows Be 37万

すまっち
ネット検索、SNS、動画などをメインに使うだけなら、十分なスペックだよ!

3Dゲームをするには不向き

AQUOS sense3 ゲームのしやすさ

AQUOS sense3は、処理性能が求められる3Dゲームをするには不向き

特に『荒野行動』『PUBG』などのFPSゲームとか。

実際に『PUBG』をプレイしましたが、ラグが大きく、反応もあまりよくないので、全然勝てませんでした(笑)

 画質・フレームレート設定について

『PUBG』の場合、画質は「標準」までしか設定できず、フレームレートは「中」までしか設定できません。デレステの場合は「3D標準」まで設定可能。基本的に、どのゲームでも高画質・高フレームレートの設定はできない端末です。

AQUOS sense3 デレステ(デレステは3D標準の画質まで選択可能)

流行りの『ドラクエウォーク』はたまにフリーズするようですが、グラフィックの設定を変えれば回避できるとのこと。

とりあえず、FPSなどの3Dゲームをする人はご注意を。

逆に、暇潰しなどで簡単なパズルゲーム等をする場合には問題がなので、軽いゲームなら問題なくプレイできます。

すまっち
ゲームをガチでする人は、ハイエンド機を買おう!

AQUOS sense3のディスプレイ

AQUOS sense3 画面 画質

ディスプレイは、高画質で色鮮やか。

ディスプレイのクオリティは、「流石シャープのIGZOディスプレイ!」の一言です。

サイズは5.5インチ、解像度はフルHD+(2,160×1,080)でハイエンド機に比べるとスペック上は若干見劣りますが、スマホの小さい画面で見るならフルHD+でも十分綺麗。

実際に、価格が4倍以上のiPhone 11 Pro Max(2,688×1,242)と比較しても、AQUOS sense3の方が高精細で色鮮やかさを感じました。

AQUOS sense3 動画 画質(上:iPhone 11 Pro Max、下:AQUOS sense3)

アレっち
二つの機種で色合いがかなり異なるけど、AQUOS sense3は設定で色々と色合いを調整できるよ!

ご覧の通り、AQUOS sense3は色鮮やかで輝度(明るさ)もあるので、かなりくっきりした表示になるのが特徴的。

初期設定では「バーチャルHDR」がオフなので、これをオンにすると色鮮やかさが増すので覚えておきましょう。

あと、「リラックスビュー」を使うと、画面のブルーライトをカットしてくれるので(画面にが茶色味を帯びる)、目の疲れを軽減したい時に地味に便利。

すまっち
画面の画質・色合い・輝度に関しては満足いく仕上がりになっているのでご安心を!

AQUOS sense3のバッテリー

AQUOS sense3 バッテリー持ち

バッテリーは、スマホ史上最強の電池持ち。

容量は4,000mAhで電池が全然減らないので、とにかくビックリします(笑)

<電池持ち時間の比較>

機種名電池持ち時間
AQUOS sense3180時間
Xperia 5130時間
Galaxy Note 10+145時間
AQUOS R3135時間

※ドコモ公表値

アレっち
値段が3倍以上するハイエンド機を遥かに凌ぐバッテリー持ち時間!

実際に、値段が3倍以上するiPhone 11 Proと電池持ちを比較してみました。

同じ条件で同じ動画を90分再生した時の電池残量は以下の通り。

AQUOS sense3が9%消費対し、iPhone 11 Proは17%消費。AQUOS sense3が約2倍長持ちなのが分かります。

AQUOS sense391%
iPhone 11 Pro83%

※あくまで90分利用時の比較

AQUOS sense3 電池持ち 比較(動画を90分見続けても、電池の消費はたったの9%)

繰り返しになりますが、とにかくビックリするほどの電池が長持ち。

なので、モバイルバッテリーを持ち歩く必要がありませんし、外で電池切れになって困ることも減るので、最高!

ちなみに、AQUOS sense3はワイヤレス充電に非対応です。

すまっち
信じられないくらい電池が長持ち!電池持ちを重視する人には最高だよ!

AQUOS sense3のオーディオ

AQUOS sense3 オーディオ

オーディオは、ぶっちゃけ物足りない。

AQUOS sense3はステレオスピーカーではなく、モノラルスピーカーになります。

本体上部からのみ音が聞こえるので、ステレオスピーカーの機種に比べると、音の迫力に欠けるのが残念な点・・・

音質については、ハイエンド機に比べると、音の広がりや重低音の表現が流石に弱いですね。

音量についても、最大音量が小さい。

したがって、AQUOS sense2同様にオーディオはイマイチ。

参考までに、同じミドルレンジモデルのGoogle Pixel 3aと比較しましたが、オーディオはPixel 3aの圧勝。

AQUOS sense3 音質(左:Google Pixel 3a、右:AQUOS sense3)

ちなみに、AQUOS sense3は本体左上にイヤホンジャックがあるのは、地味に嬉しい!

最近のスマホはイヤホンジャックが廃止されつつあるので・・・

AQUOS sense3 イヤホンジャック(イヤホンを挿す穴があるので有線イヤホンが使える)

すまっち
音楽、動画、ゲームの音質を気にする人は気をつけてね!

AQUOS sense3のカメラ

AQUOS sense3のカメラのレビュー結果は、こんな感じ!

  •  カメラの性能は物足りない
  •  AIオートは良し悪しがある
  •  シャッタースピードが遅い
  •  夜景撮影には弱い
  •  広角撮影は歪むので非実用的
  •  ポートレートの精度は微妙
  •  動画撮影では手ぶれが激しい

参考までに、カメラのスペックをおさらいしておきます。

画素数標準:1,200万
広角:1,200万
前面:800万
F値標準:2.0
広角:2.4
前面:2.2
手ぶれ補正電子式
(静止画のみ)
ズームデジタル8倍ズーム
ポートレート対応
(人物のみ)

すまっち
実際に撮った写真を用いながら、解説するよ!

広角カメラと標準カメラの2つを搭載

AQUOS sense3 カメラ レビュー

AQUOS sense3はミドルレンジのスマホでは珍しく、デュアルカメラを搭載しています。

「2つのカメラの違いは?」と気になりますが、広角カメラで撮影すると通常よりも幅広く撮影できます。

なので、広角カメラを使えば風景や集合写真などが撮りやすくなります。

実際に、標準カメラと広角カメラそれぞれで撮った写真を見比べてみます。

それぞれ同じ位置から撮影している点に、注目してください。

AQUOS sense3 デュアルカメラ 比較(標準カメラで撮影)

AQUOS sense3 広角カメラ 比較(広角カメラで撮影)

ご覧の通り、広角カメラで撮影した方がワイドに撮れて、ダイナミックな写真になっています。

が、よく見ると右のビルが曲がっていますよね。

そうなんです、広角カメラで撮ると歪みが発生してしまうので、残念ながら非実用的なのが悲しい・・・

シャープさん、惜しい、惜しすぎる。

ちなみに、iPhone 11 Proの超広角カメラで撮影した写真は下の通り。

よりワイドに撮影できていて、しかも歪みが無いのが一目瞭然ですね。先ほどの写真とも比較してみて下さい。

iPhone11 pro 超広角撮影 歪みなし(iPhone 11 Proの超広角カメラで撮影)

すまっち
標準カメラと広角カメラの使い分けは、ボタン一つで簡単にできるよ!

AIオート撮影は良し悪しがある

AQUOS sense3 カメラ 撮影モード

AQUOS sense3には以下の4つの撮影モードがあり、初期設定では「AIオート」になっています。

 撮影モード

  • AIオート
  • オート
  • マニュアル
  • ポートレート

初期設定の「AIオート」では、AIが被写体・シーンを自動で9つに判別し、より最適な仕上がりで撮影してくれます。

アレっち
人、犬、猫、料理、花、夕焼け、花火、QRコード、白板の9つに対応しているよ!

なので、シャッターを押すだけで、料理なら「美味しそうに」、夕焼けなら「より印象的に」、撮ることが可能。便利。

ただし、場合によっては過度に写真が補正されてしまい、不自然に感じるんですよね。

実際に、料理の写真で比較してみます。

iPhone11 pro 料理撮影(iPhone 11 Proで撮影)

AQUOS sense3 料理撮影(AQUOS sense3で撮影)

ご覧の通り、ナチュラルな仕上がりのiPhoneに比べて、AQUOS sense3は暖色がかなり強く補正されているのが分かります。

美味しそうと言えば美味しそうですが、見る人によっては極端に感じますよね。

ちなみに、同じ料理写真でも暖色が弱い場合は、むしろ明るさ・色が補正されて、AIオートの方が綺麗に撮れます。

例えば、下のスイーツであれば、AIオートで撮った方が色鮮やかで、映えていますね。

すまっち
AIオートが気にいらない場合は、「オート」などにモードを変えよう!

夜景撮影には弱い

AQUOS sense3のカメラの致命的な弱点として、夜景撮影に弱い点が挙げられます。

夜景や暗所で撮影をすると、ノイズが入って写真にザラつきが出るんですよね。つまり、画質が落ちます。

実際に、撮った写真を見てみましょう。

iPhone11 pro 夜景撮影(iPhone 11 Proで撮影)

AQUOS sense3 夜景撮影(AQUOS sense3で撮影)

拡大すればよく分かりますが、拡大しなくても画質の差は歴然ですね。

「iPhone 11 Pro Maxと比較するのは酷すぎる!」と言われそうですが、これくらいハイエンド機と差があるということです。

あと、夜景を撮影する際に重要な光の飛び加減ですが、AQUOS sense3は白とびの処理も甘い。

甘いのはスイーツだけにして欲しいですが、看板のネオンが激しい場所の写真で比較してみます。

iPhone11 pro カメラ 白とびしない(iPhone 11 Proで撮影)

AQUOS sense3 カメラ 白とびする(AQUOS sense3で撮影)

こちらも看板の文字を見比べれば、一目瞭然ですね。

あと、AQUOS sense3は全体的に暗い仕上がりになっていますが、この辺が3万円台のスマホの限界・・・

すまっち
ちなみに、価格が4万円台のGoogle Pixel 3aなら夜景撮影がめちゃくちゃ綺麗に撮れるので、カメラ重視の人はPixel 3aもおすすめ!

通常撮影時の画質は悪くない

AQUOS sense3は明るい場所で風景などを撮影する分には、悪くありません。

ただ、やはりハイエンド機に比べると画質で劣りますし、薄暗い場所での撮影では暗さが目立つのが本音。

実際に撮った写真をいくつかiPhone 11 Proで撮った写真と見比べておきます。

iPhone11 pro 風景写真(iPhone 11 Proで撮影)

AQUOS sense3 カメラ 風景(AQUOS sense3で撮影)

アレっち
AQUOS sense3も十分綺麗に撮れているね!

iPhone11 pro カメラ 曇り撮影(iPhone 11 Proで撮影)

AQUOS sense3 カメラ 曇り撮影(AQUOS sense3で撮影)

すまっち
AQUOS sense3は全体的に暗いね!逆にiPhone 11 Proは「スマートHDR」機能により、曇りでも晴れのような仕上がりに!

AQUOS sense3の生体認証

Google Pixel 4 顔認証

生体認証は、結構いいね!

まず嬉しいのが、AQUOS sense3は指紋・顔認証の両方に対応しています。これは便利。

認証精度も顔・指紋認証ともに十分良いので、認証に失敗してイライラするすることも少なそう。

指紋認証は本体下部にある指紋センサーを使い、顔認証はインカメラに顔を向けるだけでロックが解除されます。

実際に、指紋認証でロックを解除すると、こんな感じ。

AQUOS sense3 指紋認証

顔認証の解除スピードについては、少し遅い気がしますが、処理性能を考えれば仕方なし。

実際に、顔認証でロックを解除すると、こんな感じ。

AQUOS sense3 顔認証

すまっち
マスクをしていても指紋認証でロックが解除できるので、顔・指紋認証の両方に対応しているのは便利すぎるよ!

AQUOS sense3の発熱

ビックリしましたが、発熱は全然しない。

動画を長時間再生したり、発熱しやすい3Dゲームをプレイしてみましたが、ほとんど発熱を感じることはありませんでした。

すまっち
ここまで発熱を感じない端末も珍しいよ!

AQUOS sense3の評判・口コミ

実際に購入した他の人の評判・口コミもチェックしてみます。

ポジティブな評判・口コミ

すまっち
「バッテリーが長持ち」「動作が中々快適」「コスパ最高!」の評判・口コミが多いよ!

ネガティブな評判・口コミ

すまっち
「音が小さい」「ゲームがフリーズする」の評判・口コミが多いよ!特にガチでゲームをする層からは不満が多め!

AQUOS sense3実機レビューまとめ

以上、AQUOS sense3の実機レビューと評価でした。

実際に使ってみて衝撃的だったのが、とにかくバッテリー持ちが半端ない。圧倒的長持ち。

3万円程度のスマホなので、どうしても処理性能・カメラの性能は見劣る部分がありますが、その辺が気にならないのであれば、最高のコスパ端末と言えます!

我らがシャープが好きな人は、ぜひ購入を検討してみてください。

ちなみに、機種変更を数万円お得にするコツをまとめた、以下の記事は必読です。知らないと損するかも・・・

携帯料金や機種代金は本当にバカにできない料金ですよね。 どうせ機種変更するなら、少しでも安く済ませたいと思いませんか? 「機種変更を...
「あ〜スマホって高い。安く機種変更できないの?」 分かります、その悩み。僕なんかは少しでも安く機種変更したいので、あの手この手で安くす...

AQUOSのハイエンド機のAQUOS R3も大人気なので、興味のある方はこちらもぜひ。

ども、元ソフトバンク社員のスマホオタク、すまっちです。 最近は海外製のスマホが大人気ですが、我々日本が誇るシャープも負けておりません。...

同じスタンダードモデルなら、Google Pixel 3aもおすすめ!

先日、Google Pixel 3a(グーグルピクセルスリーエー)を購入しました。購入したのはSIMフリー版ですが、もうね、ホントに最高...
スポンサーリンク
広告
広告

シェアしてもらえると嬉しいです!